The Niantic Calamity

ナイアンティック・カラミティ(The Niantic Calamity)とは、啓示の夜の名でも知られるナイアンティック研究施設内の研究者が膨大なエックスエムに曝露した事故。2012年12月01日から30日までを区切りとした調査期間のコンスピラシーボードにおいてシャポーがその名を当てた。この事故はオリバー・リントン=ウルフ博士の指揮した実験において偶発的あるいは意図的な不安定化が発生し、ナイアンティック施設内が危険域に達する高レベルなエックスエムで満たされたものである。その夜に起きた出来事に関してはナイアンティック調査、そしてタイコやフェリシア・ハジラ=リーといったセンシティブによって広範に明らかとされていっている。

参考資料: