Project Pandora

パンドラ計画(Project Pandora)とは、国家情報局においてESP研究を目的に進められたプロジェクト。エゼキエル・カルビンが関与していたとされている幾つかのナイアンティック計画の先行研究計画のひとつである。ナイアンティック計画がエックスエム兵器開発へと傾くことを揶揄してデヴラが用いたこともあるが、カルビンは既に実在したことを仄めかしている。