Pareidolia

パレイドリア(Pareidolia)とは、線や陰影から記憶と一致するパターンを見出す心理現象。2012年11月09日にシャポーが紹介した。

複数の不明確な手がかりから無意識に規則性を見出そうとし、時に正確性に欠けるこじつけや憶測に陥りやすいインベスティゲイターの心理を表している。懐疑主義者として知られる元ナイアンティック研究者マーティン・シューベルトはこういった傾向に警鐘を鳴らしつつも、それだけでは説明のつかない事象が存在する事を認めている。

Special Thanks:MailEater