XM Object

オブジェクト(XM Object)とは、エキゾチックマターで構成される物質の総称。単にアイテム(Item)と呼ばれることもあります。

スキャナー上で視認することのできる初期のオブジェクトはスキャナー・アプリケーションと同様にナイアンティック計画で開発されましたが、啓示の夜以後はエキゾチックマター民間産業の主導で開発が進められています。

ナイアンティック計画で開発されたものとは別に、人類が太古の時代からエキゾチックマターへ関与することを目的に創り出された物質も含まれますが、特にこの意味で用いられる場合には、しばしばアーティファクト(XM Artifactと呼ばれて区別されます。