Non-Barking Dog

吠えない犬理論(Non-Barking Dog)とは、現場で起きたことだけでなく、現場で発生すべきなのに起きなかったことに注目すること。シャーロック・ホームズは「白銀号事件」において犬が吠えなかったという事実にもとづいて侵入者は見知った人物であったと推理している。2012年11月14日にシャポーが紹介した。