NL-PRIME

エヌエル・プライム(NL-PRIME)とは、日本の民間企業IQテック・イースト社とウィラートラベル社が共同開発し運用するエキゾチックマター検出車両。その内部は飽和するほどの高濃度XM環境にあります。北米で稼働状態にあるNL1331や欧州で稼働状態にあるNL1331Eとは異なり20名規模の民間人を乗車させる積載能力を備えており、今後の人材確保に向け幅広く高レベルセンシティブの特定を目的としています。

2016年06月06日には司アキラの主導する開発経過報告が漏洩したことで、その存在が明らかとなりました。刻を同じくウィラートラベル社はNLプライムを運用したバスツアーの予約受付を開始していました。このバスツアーへ搭乗し生還すればNLプライム独自のメダルを含むキットが提供されます。NLプライムの開発運用に関して、シャポーは「エキゾチックマターを巡る世界的な支配権争いが猛烈な加速をみており、その権勢が拡大していっていることを改めて示すものだ」であり、「エキゾチックマターによる精神増強と超感覚特性を探究」するために司アキラが関与しているとの見解を示しています。

2016年07月13日にヴィスル・テクノロジー社がNLプライムの駆動開始を確認していたことが明らかとなりました。2016年07月16日に東京でイージスノヴァ・アノマリーが発生した折にNLプライムは東京都江東区青海にその姿を現し、内部の状況が明らかとなりました。

2016年08月にはNLプライムに隠された陰謀を追っていたブロガーが失踪していた事実が露見しています。

参考文献: