MUFG Capsule

MUFG カプセル(MUFG Capsule)とは、三菱UFJファイナンシャル・グループの協賛によって開発されたカプセル亜種のXMオブジェクト

通常のカプセルと同様の機能を備えていますが、それに加えて収納したXMオブジェクトを時間経過によって複製する追加特性を備えています。複製されたXMオブジェクトは同じカプセル内に出現します。

MUFG カプセルはポータル・ハックによって獲得することができますが、三菱東京UFJ銀行やユニオン・バンクのポータルからはより高確率で獲得することができます。

  • 次の条件下では、XMオブジェクトは増加しません。
    • インベントリ内に2,000以上のXMオブジェクトが存在するとき
    • MUFG カプセル内に100のXMオブジェクトが存在するとき。
    • MUFGカプセルがインベントリ内になくフィールド上に存在するとき。
  • MUFG カプセルは独立して増加します。複数のMUFG カプセルを所持している場合には、ひとつが増加していなくても他は増加することがあります。
  • 導入当初はレアリティが複製率へ影響を及ぼしてはいませんでしたが、その後の変更でレアリティに応じて複製率が異なるようになりました。
    • コモンの複製率は1.25%(推定値)です。
    • レアの複製率は0.5%(推定値)です。
    • ベリーレアの複製率は0.25%(推定値)です。
  • 複製はランダムで発生します。全く複製されない日もあれば、複数個が複製される日もあり得ます。
  • 同種のXMオブジェクトを複数個収納すれば、複製される可能性は高まります。
  • XMオブジェクトの収納または展開を行うことで複製タイマーはリセットされます。
  • オブジェクト・レベルは複製率に影響を及ぼしません。

MUFG カプセルの存在が初めて明るみにでたのはバージョン1.78.0 のアプリケーションパッケージでした。