Mosaic Theory

モザイク理論(Mosaic Theory)とは、情報収集における基本概念であり、属人的若しくは全く有用性のない個々の情報が他の情報と組み合わさることで重要性を増すことを示すもの。情報を組み合わせることで相互関係が明らかとなり、分析において相乗効果が生じる。その結果、得られる情報の組み合わせは個々の総和を上回る価値があるというもの。2012年11月10日にシャポーが紹介した。