Liu Tien Hua

劉天華(Liu Tien Hua)とは、ヒューロン・トランスグローバル社の幹部社員。シミュラクラの生成実験にも関わり、センシティブを利用した実験を主幹した。東京の研究施設における被験者サラ・コッポラの逃亡、クリストファー・ブラントによる自爆事件などを経て責任を負う身となる。

Dl6qfnwU8AAFEjl.jpg