Dreizehn Große

ドライセン・グロッセ(Dreizehn Große)とは、ドイツにおけるサーティンマグナス。近代エキゾチックマター研究と疑われる第三帝国期のディー・グロッケやヨルムンガルドといった計画に関与していた可能性はあるものの、その名が登場する機会は少ない。