Cryptomnesia

クリプトネジア(Cryptomnesia)とは、本来の出来事を忘却してしまったことで他の情報源から盗用してしまうこと。クリプトネジアの代表例にはポール・マッカートニーが周囲の人々へ「イエスタデイ」を聞いたことがあるか訊ねてまわったことがあり、すぐにわかったことで彼は手術前に自分がそれを聴いたに違いないと考えたことが挙げられる。

参考資料: