Communication Panel

コミュニケーション・パネル(Communication Panel)とは、同一陣営のエージェントのみならず対立陣営のエージェントとの通信も可能とするスキャナー機能。ほかにも何種類かのエージェント活動情報に対する通知機能も備えています。一般的にはコム(COMM)と呼ばれています。

スキャナー画面右下隅にあるCOMMタブをタップすることでパネルが開くことができます。パネル下部には範囲スライダーがあり、情報収集する範囲を調整することで現在地周辺の会話や活動状況が表示されます。活動する地域に応じ都市部では範囲を狭く、過疎地では範囲を広く調整すべきです。

インテルマップ画面左下隅にもCOMMパネルがあります。スキャナーでは現在地を中心に情報収集されるのに対し、インテルマップでは表示している場所に応じて収集される情報が決定されます。

スキャナーとインテルマップには共通してパネル下部に他のエージェントへメッセージを送信するためのテキストフィールドが存在します。

COMMは、3種類のタブで構成されます。

  • すべて(All)では両陣営の活動および会話が表示されます。
  • 陣営(Faction)では自身の所属陣営エージェント間の会話のみ表示されます。自陣営のエージェントに対してのみメッセージを送信したい場合には、陣営タブへ切り替えておくよう注意しましょう。その際のメッセージはすべてタブへも表示されますが、[secure]と注釈表示されており、これは自陣営のエージェントのみ閲覧可能であることを示しています。
  • 通知(Alerts)では関与するポータルに対する攻撃やあなた個人に対して話しかけている会話が表示されます。

COMM上で通知される活動では、その活動の発生したポータル名称が表示されます。そのポータル名称をクリックすることで、そのポータル画面へ移動することができます。

エージェント名の接頭に@マークを付けて呼び掛けられると、オレンジ色の通知アイコンがスキャナー上のCOMMタブ横に表示されます。このアイコンをクリックすることで、そのメッセージを表示させることができます。COMMパネル上に表示されているエージェント名をクリックすることで自動的にテキストフィールドへそのエージェントへのメンションが挿入されます。その際にはどのタブを選択しているかに注意してメッセージを送りましょう。

スキャナー上で共通の動作ですが、エージェント名を長押しすることでオプションメニューが表示されます。

  • プレイヤーのプロフィールを見る:そのエージェントのプロフィール画面を表示します。
  • メッセージを送信:COMMのテキストフィールドへ@マークを接頭に付けたエージェント名が挿入されます。
  • COMMでエージェントをブロック:そのエージェントが送信した全てのメッセージを非表示にし、あなたへ個別に通知したメッセージも通知されなくなります。しかし、引き続きそのエージェントの活動を確認することはできます。従前にブロックしたエージェントをブロック解除したい場合には、OPS画面の端末タブにブロックを解除する選択があります。