Chaotic Matter

カオティックマター(Chaotic Matter)とは、ヒューロン・トランスグローバル社のキャサリン・ファンとその傘下組織である研究機関ストラテジック・エクスプロレーションズのアントワーヌ・スミスが発動させた計画のもと、オーストラリアにおいて採掘の進められた物質。ダーク・エキゾチックマター(Dark Exotic Matter)とも呼ばれ、微量であっても何千トンもの土壌を運搬しなければならないほど希少価値が高いものです。アントワーヌ・スミスは、「正常な人間であれば30秒間曝露すれば危険な代物」であり「エキゾチックマターで構築された者であれば、即座に倒せる」と言及しています。

参考文献
アントワーヌ・スミスはリュイジー・クレーターを「ダーク・エキゾチックマターの大釜といった類のもの」であったと言及している。

デブラ・ボグダノヴィッチ曰くエキゾチックマターとは「正反対のもの」である。

スタイン・ライトマンは「太古の神器はエキゾチックマターかダーク・エキゾチックマター、あるいは何らかの組み合わせによって活性化されていた」可能性に言及している。

スザンナ・モイヤーはエキゾチックマターやダーク・エキゾチックマターの性質に関する彼女独自の理論をビハインド・スキャナーにおいて言及している。

ハンク・ジョンソンは、ロサンゼルスのローレル・キャニオンにはエキゾチックマターとカオティックマターが密集していると言及している。(2015年04月26日)

エドガー・アラン・ライトは、カオティックマターとは「エキゾチックマターとの接触反応でしか検出されない」と言及している。(2015年08月11日)

イリア・ペフツォフは「我々はみなカオティックマターの戦略価値がわかっている」と言及している。(2015年10月13日)

スザンナ・モイヤーは「危険をともなう調査がカオティックマター研究に及んでいること」に言及している。(2015年10月24日)