国際女性デー

http://ingress.lycaeum.net/assets_c/2018/09/r2kYuN5e_400x400-thumb-50xauto-16212.jpgプージャー
2021/03/09 04:26
国際女性デーではイングレスの成り立ちに欠かすことのできないナイアンティック社の女性陣へ畏敬の念を込めて注目していきます。今月は彼女たちの遍歴やイングレスにおける抱負をご紹介していきましょう。

シバウン・ロビンソン
shivaun.png
エンライテンドのCordialWombatことシバウンです。2019年11月にイングレス・チームへ参加しました。チームのテクニカル・プログラム・マネージャーを務めており、これはアート、エンジニアリング、マーケティング、プロダクトに対する支援を包括したものとなります。取り組みを調整し、機能開発を支援し、プレイヤーへ提供する手助けをしています。同じような日々なんて全くありませんね。

チームに加わって一番の成果は、ローカライズの手順を改善したことです。それによって世界中のプレイヤーがイングレス・ストーリーに関われるようになりました。その他にもポータル・ヒストリーやバトル・ビーコン、サブスクリプションの実装があります。

イングレスの思い出としては、チームへ合流する直前の2019年にカリフォルニア州サンタクララで開催されたイベントでプレイヤーの皆さんや将来の同僚と出逢ったことでしょう。プレイヤーの皆さんは暖かく迎え入れてくれ、早くもフィードバックを寄せてくれていました。

今後、世界が再び開かれたものとなり、プレイヤーの皆さんとのイベントを再開できることを心待ちにしており、皆さんとお会いできることを願っています。
成澤 千明

chiaki.png

私は2016年の夏にナイアンティックへ入社しました。それは今なお語り継がれるイージス・ノヴァのアノマリーが東京で開催される前の週のことでした。今はイングレスのマーケティングに携わっており、イベントやキャンペーンなどを計画し、プロダクト・チームと緊密に連携してアイデアを実現させて皆さんのお手元へ届けています。

仕事で一番やりがいを感じるのはアノマリーやミッションデイでエージェントの皆さんとお会いすることにあるのは間違いありません。彼等と話し、その情熱に耳を傾けることがイングレスに対するやる気につながっています。

今後は安全な形で再びアノマリーが発生したときに、馴染みある皆さんとお会いできることを本当に楽しみにしています。

イェニー・ソルハイム
yennie.png
ナイアンティックで働き始めて10年近くになりますし、誇りあるエンライテンド・エージェントでもあります。始めの頃の思い出には、行ったことのなかった街で発生した小さなアノマリーがあります。エージェントと実際に逢い、一緒にプレイしてコミュニティを実感することが何よりの思い出となりました。彼等の話を聞き、どうしてイングレスが重要なのかを語ってくれるエージェントと出逢うと、感謝しかありませんでした。

お気に入りはアノマリーを終えて集まった全てのエージェントと過ごす時間です。空気が興奮に震え、あらゆる立場の人々が互いを讃え合い、そしてナイアンティックの私たちは最終的な数値を確定させようと駆け回り、打ち上げの準備を進めます。共通の目標を目指し、様々な観点や場所で人々と出逢うことは色褪せることのない経験となっています。
アン・ビュッテンミュラー
anne.png
私は当初からナイアンティックに携わってきました。初期にはグーグルプラスでイングレスの有効化コードを配付し、欧州地域におけるイングレス・コミュニティの成長と発展を支援してきました。当時を覚えている方はおられるでしょうか?もうずっと以前のことのように思えますね。クローズド・ベータ版の有効化コードを手に入れようとプレイヤーの皆さんから寄せられた作品の中でも特にお気に入りの100作品はいまも手元にあります。

欧州地域のコミュニティは創設されて以後急速な成長をみせ、2013年07月に初めてイングレス・イベント(その名称を覚えている方はいるでしょうか?)を行い、以後欧州地域で数え切れぬほどのイベント(ミートアップ、アノマリー、ミッションデイ)を行ってきました。こうしたイベントが大切な思い出となっています。世界中で非常に多くの人々と出逢い、イングレスに関わらなければ決して訪れることもなかったであろうたくさんの場所や街、国々を訪れることができました。

何を愉しみにしているかと言えば、アフターコロナで初の対面式アノマリーイベントですね。

NianticPooja
2021/03/09 04:26(Forum)
#WomenOfIngress 2021
On #InternationalWomensDay, we are turning the spotlight on the awe-inspiring female Niantics who have been an integral part of the Ingress Journey. Every week this month, we will be showcasing their stories and their aspirations for Ingress. #WomenOfIngress #IWD2021

Shivaun Robinson
I'm Shivaun, aka CordialWombat (ENL) and I started on the Ingress team in November of 2019. I'm the Technocal Program Manager for the crew, which is a fancy way of saying I support Art, Eng, Marketing and Product by coordinating our efforts and helping drive features and releases out to the players. No two days are ever the same!

My most impactful achievement on the team was wrangling our localization process and improving it, thereby ensuring that players all over the world can be part of the Ingress story and game. Other accomplishments include launches of new features like Portal History, Battle Beacons and Subscriptions.

My favorite memory on Ingress was right before I started on the team when I met players and future team members at a 2019 event in Santa Clara, California. The players greeted me very warmly... then gave me notes and feedback to get started on!

Looking ahead, I am most looking forward to the world re-opening and getting back out to events with our players! Hope to see you all out there when that's possible!

Chiaki Narusawa
I joined Niantic in the summer of 2016, the week leading up to the legendary Aegis Nova Anomaly in Tokyo! Currently I lead the marketing for Ingress where we plan fun things like events, campaigns, and work closely with the Product team to bring ideas to life and into our user's hands.

The most rewarding part of my job is definitely meeting and getting to know Agents through Anomalies and Mission Days. Hearing their stories and their passion for Ingress motivates me to keep pushing Ingress forward.

What's next? I really look forward to reuniting with familiar faces when we can safely have Anomalies again!

Yennie Solheim
I've worked at Niantic for almost 10 years and am a proud Enlightened Agent. Some of my fondest memories of the early days are the little anomalies in towns and cities I've never been to. Getting to meet Agent live, playing Ingress together, and feeling like a community is the best. And when I get the pleasure of meeting Agents who tell me their stories and explain why Ingress is important to them, I'm overwhelmed with gratitude.

My favorite times are that of all of the Agents coming together at the end of an Anomaly day. The air buzzes with excitement, people from all walks of life mill about, congratulating one another, and those of us working at Niantic are running around pulling final numbers and preparing for the end of day festivities. Seeing the faces of people from all different perspectives and places, focused on a common goal, is an experience that never gets old.

Anne Beuttenmuller
I have been with Niantic since the beginning. In the early days, I was helping grow and manage the European Ingress community which started with distributing Ingress activation codes on Google+. Who remembers that? Feels like ages ago! I still have a personal facvorite 100 art submissions that players shared in order to get an activation code for our closed beta.

Our community in Europe was growing rapidly since launch and in July 2013 I was setting up my very first Ingress event in Hamburg (Who remembers the name?) followed by uncountable event (Meetups, Anomalies, Mission Days) across Europe. And those events are my most exciting memories. I met so many wonderful people and personalities around the globe and I have been visiting so many new places, cities and countries which I would not have visited without Ingress.

What do I look forward to? Our first in person anomaly event after Corona!!!

Ingress
2021/03/10 03:07(Twitter)
On
#InternationalWomensDay, we are turning the spotlight on the awe-inspiring female Niantics who have been an integral part of the Ingress Journey. Every week this month, we will be showcasing their stories and their aspirations for Ingress. #WomenOfIngress #IWD2021

brian rose
2021/03/10 08:59(Forum)
Diversity on the Ingress team is important because we're building a game for everyone, and we want our team to also represent a diversity of perspectives, backgrounds, and ideas.