異なる過去を覗き見よ - II

icon_truthseeker.jpg トゥルースシーカー
2020/12/04 11:43
トゥルースシーカー諸君、マニア(M.A.N.I.A.)と呼ばれる小説の一幕を諸君も手に入れたことだろう。創作なのであろうが、そこにはジェイ・フィリップスや国家情報局長のエゼキエル・カルビンといった実在の人物への言及もみられる。そして、その作品では両名が死亡したことになっているのだ。

さて、調査を始めて間もない諸君まで唐突に難解な話へ巻き込んでしまい申し訳ないが、諸君も知っておかねばならないことがある。まず、センシティブの中にはエキゾチックマターから創造的着想を得て、自らの創作を信じるままに実際の出来事に触れた書籍を執筆する者もいるのだ。

更に厄介なことになるが、諸君も腰を抜かしかねないことに、多次元世界は実在する!異世界は存在するし、おそらくはそれも無限にあり、我々自身の同一存在も居る世界さえあるのだ!我々の世界でカルビンやフィリップスが健在であることは分かっている。したがって、この小説に記された事件とは、国家情報局が1218と呼称するノードにおける平行世界で起こったものである疑いが強いわけだ。

だが、小説に描かれた出来事が異世界で起きたというだけでは、この書籍から得られるものはないということにはならない。今、私が注目しているのは、2019年に設立された民間の機密情報コンサルタント企業であるセントラル・オムニリティクスの存在だ。私も同社にはかねてより注目してきたのだが、それは発足してから間もなくIQテック・リサーチ社からの移籍者があったことや無視できないほどのIQテック・リサーチ社元従業員がオムニリティクス社へ加わっていたからだ。

長年にわたり調査へ携わってきた調査員諸君であればご承知のとおりIQテック社とはエックスエム関連技術競争に重要な役割を果たしてきた組織であり、このようにあからさまな動きがあれば当然のようにセントラル・オムニリティクス社も同分野に関わってくるものと私は考えたわけだ。

さて、セントラル・オムニリティクス社が異世界でジェイ・フィリップスとエゼキエル・カルビンの死因を調査していたのであれば、エックスエム調査へ積極的に関わろうとした世界が少なくともひとつはあるということだ。したがって、我々もこの世界のセントラル・オムニリティクス社を新たな視点から見ていくときなのかもしれない。

トゥルースシーカー諸君、セントラル・オムニリティクス社のことをご存知だろうか?この調査に関連した情報はあるだろうか?

シャポー

第3フェーズのパズル・クエストについて、小説を入手した過程で得られた重要なメッセージを開示しよう。ただし、解読手段まで明かさないように、メッセージは本来得られた解答ではなく、それを改めて解釈し直したものにしている。

第1フェーズ:ハット
temp1.png

  • 第1のキー・メッセージ:誰もがトゥルースシーカーとなり得る。
  • 第2のキー・メッセージ:単一物質の表に5種類の土を挙げたのは「アントワーヌ・ラヴォアジエ」
  • 第3のキー・メッセージ:メイズに至るパスワードは「mundaneisfacade」

第2フェーズ:メイズ
temp2.png

このパズルは我々にとって馴染み深い存在となっているヤヌス・ラボラトリウムが掲載していた。イングレスと人類史を通じたウロボロスの図像に着想を得たものだった。

  • 第1のキー・メッセージ:アーキタイプ、プライム・マテリアル、ウロボロス、錬金術といえば「カール・グスタフ・ユング」
  • 第2のキー・メッセージ:ロズブローク・リントヴルム
  • 第3のキー・メッセージ:雨降る路地におけるクーリエとの遭遇

第3フェーズ:アレイ
temp3.png

映像「クーリエの素顔」とともに発見されたこの画像には、まだ何かが隠されていると示唆する手掛かりが与えられたことから、クエストの第3部として挙げることとした。この路地に秘められた謎は未だに分かっていないが、ようやく点と点とが繋がることだろう!

  • 第1のキー・メッセージ:セントラル・オムニリティクス社
  • 第2のキー・メッセージ:芸術家きどりの殺人者

Truthseeker
2020/12/04 11:43(Forum)
A Peek into Alternate Pasts II
Truthseekers:

A lot of you have probably gotten your hands on a chapter of the novela called M.A.N.I.A. It's supposedly a work of fiction, but it mentions very real people like Jay Phillips, and NIA director Ezekiel Calvin. And it claims that both men are dead.

Well, for those of you new to the investigation, I'm sorry to drop you in the deep end here, but there are a few things you need to know. For starters, some Sensitives get creative inspiration from Exotic Matter to write books that they believe to be fiction but are - in fact - inspired by true events.

And, even more jarring - you may want to sit down for this - the multiverse is real! There are other worlds out there, maybe an infinite number, and some with alternate versions of ourselves! We know in our universe that Calvin and Phillips are alive and well. So we strongly suspect that the true events this novela describes took place on a parallel Earth, in the Node the NIA has been calling 1218.

But just because the events of the novela took place in another world, that doesn't mean there isn't useful intel for us to mine from this book. What I want to focus on today is Central Omnilytics, a Private Intelligence Consultancy that started up back in 2019. They've been on my radar for a while, because not long after they got up and running, there was a bit of an exodus from IQTech, and a not-insignificant number of ex-IQTech employees landed at Omnilytics.

Longtime investigators know that IQTech is - and has been - a very active player in the race for XM-related technology, so naturally when I saw this changeup, I wondered if this Central Omnilytics would become a player in that space as well. Well, if Central Omnilytics investigated the deaths of Jay Phillips and Ezekiel Calvin on another world, then there's at least one world where they figured prominently in the XM investigation. So maybe it's time we take a look at our Central Omnilytics with fresh eyes.

What do you know of Central Omnilytics, Truthseekers? Any intel that might prove relevant to the investigation?

- PAC

>>> Regarding the 3 phase puzzle quest: Disclosed below are some key messages extracted from of the process of acquiring the novela. To keep from spoiling the decoding procedure, the messages have been further interpreted rather than the original raw solution:

Phase 1: the Hat

key messages 1 - anyone can be truthseeker

> key messages 2 - Antoine Lavoisier - listed 5 salifiable earths in his table of elements

>> key messages 3 - mundaneisfacade - password to enter the Maze

Phase 2: the Maze

The puzzle is hosted by a familiar entity of ours, Januslaboratorium. Inspired by the recurring ouroboros iconography throughout the Ingress & human history.

key messages 1 - Carl Gustav Jung - archetype, prime material, ouroboros, alchemy

> key messages 2 - lothbrok lindwurm

>> key messages 3 - rainy alley rencontrer courier

Phase 3: the Alley

I was given an anonymous tip that there's more to this image that came with the Courier Unmasked video, so I decided to resurface it as part 3 of the quest. This alleyway was is still in my list of unsolved mysteries. Maybe this time the dots will finally connect!

> key messages 1 - Central Omnilytics

>> key messages 2 - Artist of Murder