ユエン・ニィ

icon_truthseeker.jpgトゥルースシーカー
2020/11/06 08:02
トゥルースシーカー諸君、ヴィスル・テクノロジー社でデヴラ・ボグダノヴィッチが新たな役割を得たことを調査していて思い至ってしまったよ。このポスト・エクソジェナス時代ではエキゾチックマター研究を進めていた民間企業であれば平穏な日々を乱し得るのだとね。そこで私は他のそういった企業と統率の状況を改めて調べることにした。そこでユエン・ニィが最高執行責任者を務めるヒューロン・トランスグローバル社というわけだ。

さて、これまで調査に関わってきていれば諸君もユエン・ニィの名はご存知かもしれないね。カルビンがナイアンティック計画を創設した2018年当時に国家情報局長を務めていた人物だ。2015年にアフガニスタンのペシャワール・アノマリー発生地域へ飛来するミサイルをエックスエムが静止させたというこの添付画像は、カルビンが提唱していた分野横断的なシンクタンクの創設の必要性をニィに認めさせた転換期と言える。

宛先:ユエン・ニィ
JDams_01.png
アフガニスタンのアノマリーが発生した洞窟付近で浮遊したジェイダムの画像です。
これでエックスエム研究に資金が出せないというのであれば、どうしようもないでしょうね。

だが、外から見る限りにおいて、これをきっかけにしてニィは不遇な扱いを受けることとなった。啓示の夜に爆発事故が起き、それが彼女の監督下での事故だったことで引導を渡される羽目になったわけだ。ナイアンティック計画を直接指揮していたのはカルビンだったが、辞任に追い込まれたのはニィだった。

ニィにとって幸いであったのは、この失態でその後のキャリアを全て閉ざすことにはならなかったことだ。国家情報局をいともあっさりと解雇されたニィはヒューロン・トランスグローバル社で職を得て、最終的に最高執行責任者兼社長兼副会長の地位にまで昇り詰めることとなる。無論、ヒューロン・トランスグローバル社で最高級職に就いてからも様々な問題が起きている。とりわけ大きな問題となったのは、装着することで精神を乗っ取られる危険性がネメシスによって明らかにされたヒューロン・ゴーグルの失態だ。だが、擁護するとすれば、先に漏洩した事業本部長キャサリン・ファンとのやりとりは、少なくともニィがそのような悪用につながる欠陥の見落としを悔い、それを防止するための必要な措置を講じようとしていることが見て取れる。これがヒューロン・トランスグローバル社にとって新たなる門出となるのだろうか?

トゥルースシーカー諸君、それも時がたてばおのずと分かるだろうね。

シャポー

JDamsText.png

Truthseeker
2020/11/06 08:02(Forum)
Reintroducing Yuen Ni
Truthseekers: while I was digging into Devra Bogdanovich's new role at Visur, it occurred to me that - in this Post-Exogenous era - all of the corporations with a vested interest in Exotic Matter research are poised to make some waves. With that in mind, I thought I'd take a fresh look at another such company, and their current leadership: Hulong Transglobal, under CEO Yuen Ni.

Now, if you've been following the investigation, you might recognize the name Yuen Ni. She was the Director of the NIA when Calvin kicked off the NIantic Project in 2018. The attached photograph of XM suspending incoming missiles in mid-air above the Peshawar Anomaly Zone in Afghanistan in 2015 was actually the tipping point that convinced Ni that Calvin's proposed cross-functional think-tank to study XM was warranted.

But, to all appearances, Ni got kind of a raw deal in the aftermath. After the explosion on Epiphany Night raised a stir, Ni got dinged for letting it happen on her watch. Even though Calvin was directly in charge of the Niantic Project, Ni was the one who fell on her sword.

Fortunately for Ni, that snafu did not represent the end of her career. After being unceremoniously dismissed from the NIA, Ni took a position at Hulong Transglobal, eventually ascending to the position of CEO, President and Vice-Chair of the company. Of course, a number of questionable things have happened during her tenure in the top spot at Hulong, not least of which being the ill-fated Hulong Goggles, which Nemesis revealed could be used to hijack the minds of those who wear them. But, to Ni's credit, the recently leaked transcript between Ni and her Director of Operations Catherine Fan at least seems to suggest that Ni laments the oversights that led to that exploit, and has every intention of taking the steps necessary to prevent those kinds of abuses moving forward.

Is this a new beginning for Hulong Transglobal? That, Truthseekers, only time will tell.

- PAC

Transcript
To: Yuen Ni

with XXXXXXX
Today - (11:23 | 07:23)

[IMAGE]

Photograph of J-Dams hovering outside of Afghan Anomaly cave.

If this doesn't get XM research funded, nothing will.

delivered

 

前へ

エーオース・プロコトル:戦績基準撤廃

次へ

2020年11月紹介アーティスト