ヴィスル・テクノロジー社の声明

icon_truthseeker.jpg トゥルースシーカー
2020/10/28 06:10
トゥルースシーカー諸君、ヴィスル・テクノロジー社がキネティック・カプセルに関して正式に告知した。一見すれば世界中のイングレス・エージェントにとって恩恵をもたらすものに思えるが、慎重に判断せねばならないこともある。

まず、エクソジェナスが去った途端にヴィスルでキネティック・カプセルを解析できたというのは、無視し難いタイミングだとは思わないだろうか。今まではエクソジェナスが我々で手に入れ得るアイテムとそうでないアイテムとを選別していたのかもしれないね。だが、今やテッセレーションがあらゆるエクソジェナスの影響を遮断したことでエックスエム研究者たちは極めて稀少なアイテムを獲得する新たな手段を切り開いたというわけだ。示唆に富むものだね。

諸君もお気づきだろうが、もうひとつはヴィスル・テクノロジー社では新たにデヴラ・ボグダノヴィッチを最高執行責任者へ選任したことだね!彼女の近況を耳にしたのはマグナスがアノマラスバブルから帰還して初めてのことだ。国家情報局からヴィスル・テクノロジー社への転職というのは無視できないな。いずれにせよ、彼女がヴィスルでの実権を握ったということであり、ステップアップと言えるだろうね。あんなことが起きてなお、デヴラがオリバー・リントン=ウルフと協力し合うことにしたことも無視できないな。マグナスの面々は様々な組織に所属していったことは分かっているが、今回の告知ではキネティック・カプセルの開発にはリントン=ウルフの存在が不可欠であったようだが、そうすることが彼の動向を把握しておくうえでの最善だと彼女は考えたのかもしれないね。もしかすると彼の動向を監視する立場となるためのことだったのだろうか。

無論「これでヴィスル社にどのような利益がもたらされたか」には注意を払っていくし、この新たな出来事を出来る限り追っていこう。トゥルースシーカー諸君も是非この件を追い、なにかあれば教えてくれ!

シャポー

ヴィスル・テクノロジー社の声明
VER: KJZ2BUSE163JY
キネティック・カプセル

ヴィスル
クリエイティビティ・イン・モーション

数年前、オリバー・リントン=ウルフ博士はイングレス・スキャナーによるエックスエム構造体の復元機能という途方もない発見を為し得ました。もっとも、その過程で何かを創り出すといったこともなく、ただ埋め込まれていた暗号に従ってエックスエムを再構成させたに過ぎないことから、「発明」ではなく「発見」と呼ばれています。エージェントはポータルをハックすることによってエックスエムを再構成させることができるようになりましたが、それでも「稀少性の高い」構造体については、今までは極めて入手が困難でした。これまではそうだったのです。

ヴィスル・テクノロジー社では、リントン=ウルフ博士及び国家情報局の協力により、エックスエム構造体の構築機能に躍進を遂げることができました。この画期的な機能がキネティック・カプセルと呼ばれるものです。キネティック・カプセルは従来と全く異なる新たな方法でエックスエムを再構成させることで既存アイテムからベリーレア・アイテムを作り出せることでしょう。皆さんはアイテム・プログラムを設定したうえでトレッキングを開始すれば良いのです。変換を促進させるために必要とされるものも運動エネルギーだけで構いません。キネティック・カプセルは活動によって創造をもたらすのです。

この機能の実装にあわせて開始されるプログラムもありますが、それは始まりに過ぎません。全てのエックスエム構造体をこの方法で再構成させられるようになるかは確約致しかねますが、ゆくゆくは調査チームによって新たなアイテム・プログラムが開示されることでしょう。

その昔、ベリーレア構造体を作り出すことはエクソジェナスにしか為し得ぬことでした。しかし、今このポスト・エクソジェナス時代においてはエキゾチックマターの未来を切り開くのは私たち人類にかかっているのです。キネティック・カプセルはその旅路における最初の一歩となることでしょう。キネティック・カプセル、それは私たちと歩む未来への旅路です。

デヴラ・ボグダノヴィッチ
ヴィスル・テクノロジー社
最高執行責任者
意見
この新たな技術開発で容易に入手し難いアイテムを獲得できることに興味はあるものの、この新技術がエックスエムの収奪に利用されることやヴィスルによるエージェントの追跡を可能とし得ることを懸念しています。

icon_truthseeker.jpg トゥルースシーカー
2020/10/29 08:42
あらゆる現代技術を利用するうえで留意せねばならないことだね。とりわけ対価を得るのであれば、常に意識しておくべきだろうな。

VisurKCannounce.png

Truthseeker
2020/10/28 06:10(Forum)
Statement from Visur
Truthseekers:

Here's Visur's official announcement of the Kinetic Capsule. At first glance, this seems like it will be a boon to Ingress Agents around the globe! But there are some things worth considering.

For starters, doesn't it strike you as interesting timing that Visur was only able to crack the Kinetic Capsule AFTER the Exogenous were gone? Makes me wonder if maybe, up till now, the Exogenous were controlling which items we could obtain and which we couldn't. But now, thanks to the Tessellation blocking out all Exogenous influence, the field is wide open for XM researchers to unlock these novel ways of obtaining very rare items. Food for thought, I'd say.

Another interesting thing you probably all noticed: Visur Technology, Inc. has a brand new Chief Operating Officer in Devra Bogdanovich! This is the first mention I'm hearing of her since she and the rest of the Magnus returned from the Anomalous Bubble. Interesting lateral career move for her, from the NIA to Visur. Though, I guess she's the top dog over at Visur, so maybe it is a step up. I also find it interesting that Devra would elect to work with Oliver Lynton-Wolfe after everything that's happened. I know they're with different organizations, but the announcement makes it sound like Lynton-Wolfe was integral in the development of the Kinetic Capsule. Maybe she thinks this is the best way to keep tabs on what he's doing? To be in a position to look over his shoulder?

And, of course, I'm going to pay my usual tune of "What does Visur have to gain from all of this?" I will, of course, continue to uncover what I can about this exciting new development. And you should too, Truthseekers. Keep me in the loop!

- PAC

Transcript
VER: KJZ2BUSE163JY
kinetic capsule
VISUR
CREATIVITY
IN
MOTION

Several years ago, Dr. Oliver Lynton-Wolfe made a momentous discovery: the ability to extract XM constructs within the Ingress Scanner. We use the word 'discovery' here and not 'invention' because the process doesn't actually create anything: It simply reconfigures XM according to specifications already encoded within it. By hacking Portals, Ingress Agents have been able to reconfigure XM into certain constructs, but other 'rarer' constructs have - thus far - been very difficult to obtain. Until now.

Working alongside Dr. Lynton-Wolfe and the NIA, Visur Technology Inc. has made a breakthrough in the ability to forge XM constructs: And the breakthrough is called the Kinetic Capsule. The Kinetic Capsule affords you the opportunity to reconfigure some of your existing gear into Very Rare XM items, by reconfiguring the XM in novel ways that had not been possible up to this point. And all you have to do is input the item Program and start trekking: The kinetic energy you expend is all that is required to catalyze the reconfiguration. Kinetic Capsule: Creativity in Motion.

With the launch of this feature, we have a few Programs to start with, but this is only the beginning. While we cannot promise that every XM construct will ultimately be achievable in this way, we do expect tha tour research team will unlock additional item Programs in time.

Once upon a time, forging Very Rare constructs was the exclusive province of the Exogenous. But in this post-Exogenous world, it is up to humanity to forge our own destiny with regards to Exotic Matter. And we believe the Kinetic Capsule will be the first step along that journey, Kinetic Capsules:

Walk with us into the future

Devra Bogdanovich
Chief Operating Officer

Willuiz
2020/10/28 23:43(Forum)
Statement from Visur
While most intriguing the development of this new technology might help us reach items that are not easily obtainable.
I am a little worried about the fact that this new technology could be harvesting XM or being used as a tracking device so Visur can pinpoint and locate any individuals/Agents.

Truthseeker
2020/10/29 08:42(Forum)
Statement from Visur
That is a note to all modern technologies, which we should always have awareness when reaping the rewards.

 

前へ

新機能:画像審査

次へ

オール・ハロウズ・イブ