カルビンの講話

日本時間2020年10月09日午後15時25分、調査コミュニティ「オペレーション・エセックス」テレグラム・チャンネルの参加者「AL 13」が画像を投稿した。それは調査員の誰もが未確認の画像であったため、戸惑いが広がり、日本における調査コミュニティ「プロジェクト・リュケイオン」においても情報の真贋が議論されることとなった。
20201009_152325.png

AL13.pngエーエル・サーティーン
2020/10/09 15:23:25
[カルビンの講話:1頁目の画像]
単刀直入に言おう。この情報を今手に入れたところなんだ。こいつの後半部分もあるよ。
2020/10/09 16:00:43
情報提供者は明かせないが、こいつはごく最近にエゼキエル・カルビンが国家情報局工作員に対して行った講話の草案じゃないかと考えている。
2020/10/09 16:02:54
こいつは我々のノードにおけるカルビンだ。オシリス・ノードだね。
2020/10/09 16:06:41
[カルビンの講話:2頁目の画像]
2020/10/09 16:16:41
今のところはこれで全てさ。明日にでも例のところでもっと多くの考えを明かすとしよう。

この時点で「AL 13」の正体は定かではなかったが、その後オペレーション・エセックスの有力調査員でプロジェクト・リュケイオンにも参加しているトビアス・ヘンストはシャポーであると確信していることをプロジェクト・リュケイオン調査員へ説得した。彼の説得により、プロジェクト・リュケイオンも「AL 13」をテレグラムグループへ招待している。
20201010_031805.pngこうした経緯の中、コミュニティフォーラムにテッセレーションの終幕以来となるトゥルースシーカーことシャポーからの投稿が行われた。

icon_truthseeker.jpgトゥルースシーカー
2020/10/10 04:50
トゥルースシーカー諸君、いまやエクソジェナスはいない、ネメシスもいない、だが、我々の戦いはこれで終わりではないのだ。

参加したばかりの諸君へ自己紹介しておこう。私の名はP.A.シャポー、幾年にもわたりエックスエムの陰謀を暴き、その全てを白日の下に示すことを使命としてきた者だ。それはたびたび国家情報局と対立する結果となった。エックスエムの実在を否定する欺瞞を長年にわたり人々に信じさせてきた元凶ともいえる連邦政府の諜報機関だ。

さて、この1年間で国家情報局との関係性にも変化があった。ネメシスによる脅威と差し迫るエクソジェナスの侵攻は、共通の敵に対して国家情報局と手を組むのも止む無きことと思えるようになったわけだ。言いづらいことではあるが、そうして私は言わば国家情報局の広報担当の如き立場となり、テッセレーションの達成という目的のため、彼等と世界中のイングレス・エージェントを繋ぐ仲介役となった。諸君の多くはご存知だろうが、その尽力は報われ、ネメシスとエクソジェナス双方の脅威は食い止められた。

だが、我々の尽力があったにも関わらず、エックスエムの実在は今なお世界最大の禁忌となっている。エックスエムの力を扱える立場にあるのは諜報機関と大企業だけに過ぎず、大衆は変わらず欺かれている。こうしたことを踏まえ、ネメシスとエクソジェナスの脅威が去った今、我が良心がいま一度国家情報局と距離を置くことを訴えたのだ。少なくとも彼等がエキゾチックマター研究の秘密を開示すべきと考えるに至るまではね。

こうした経緯を踏まえ、私の手に入れたこの記録文書、先週エゼキエル・カルビンが国家情報局長の地位に再び就任した日に行った講話を諸君に紹介しよう。彼等がカルビンを再び局長に迎え入れたという事実は決して驚くようなことではない。むしろ関心を向けるべきは、国家情報局における最新のエックスエム構造体「バトルビーコン」に関して彼の語ったことだ。いいかね、彼等の語るポスト・エクソジェナス時代においてポータルを確保することの意味は全てが順調と言える。だが、イングレス・スキャナーもそうだし、バトルビーコンといったエキゾチックマター技術は決して安売りするようなものではない。国家情報局には底なしとも言える潤沢な資金が提供されているわけだが、政府に何かしらの利がなければそのような予算配分は行われないはずだ。そこで本日の諸君への問い掛けだ。トゥルースシーカー諸君、国家情報局はバトルビーコンの急激な普及で何を得るとお考えだろうか。その真意を読み取れるのであれば、スキャナーのこうした新機能はどのように役立つのだろうか。

トゥルースシーカー諸君の意見を愉しみにしているよ。慎重に行動してくれ、今後も情報を得たらお伝えしていこう。

シャポー

カルビンの講話

ご存知でない諸君もいるだろうが、私はエゼキエル・カルビンという者だ。俗世とは...ここ1年ほど無縁であったわけだが、こうして国家情報局長としての任に復帰を果たせたことを光栄に思うよ。先ずは私の不在にあたっての諸君の素晴らしい対処へ心から感謝の意を表しておきたい。加えて言っておきたいが、私は最早固有名詞で語られるようなエキゾチックマターに対するセンシティブではあり得ないわけだが、それは国家情報局がエックスエムから得られる深淵の解明から些かも手を緩めることを意味はしないとお伝えしておこう。ナイアンティック計画は今なお健在であり、今後も引き続き変わらず進められることだろう。少なくとも私はそう言おう。

エックスエムで最も関心を寄せる特性に、思考やメッセージといった情報の伝達機能がある。エックスエムが自然現象ではないと初めて分かったのは我々の構築したエックスエムに秩序あるデータパターンの存在を確認したときのことだ。エックスエムには暗号化されたメッセージが存在し、それは送信者の存在を示すものだった。ここでいう送信者とは我々のユニバース外に存在したエクソジェナスのことだったわけだが、その後の出来事でエクソジェナスは我々の世界へ影響を及ぼすことはなくなったと言えよう。ただし、その余波は徐々に感じられるようになったに過ぎない。

人類は以前より互いに刺激し合う能力を備えていた。芸術や音楽、知識を通じてね。今や我々人類は過去に例のない規模でその力を示すことのできる時代へ突入したのだ。エクソジェナスを失った孤独感はあるが、その孤独を埋めることができるのは我々自身に他ならないのだ。エックスエムが知識を伝播させる素晴らしい媒体であることに変わりはない。我々は人類史上で初めてイングレス・スキャナーを以て自らエキゾチックマターを活用できるようになるだろう。エックスエムは人類の活用する人類のための媒体となるのだ。我々の誰もが共にこの媒体を活用し、全人類を高みに至らすことこそが我々の願いだ。

過去、イングレス・エージェントがポータルを確保する際は自らの陣営に寄与するためにレゾネーターを配備させていた。しかしながら、レゾネーターの配備はエクソジェナスが利用できるエックスエムをポータルから湧出させる代償をともなうものだった。エンライテンドであればシェイパーに、レジスタンスであればナジアにね。

だが、エクソジェナスとの関係は断ち切られた今、ポータルを確保すればそのポータルから湧出するエックスエムは我々自身の手で我々自身のために利用できるようになるわけだ。エックスエムは最早異次元世界の侵略者どもの発想や思想の媒介ではあり得ない。今このときより、エックスエムによって送り込まれる発想も思想もレジスタンスとエンライテンドが、そこに連なる者たちから自ら発するものとなろう。

同じ場所で同時に高出力なエンライテンド・スキャナーとレジスタンス・スキャナーとを使用することでエックスエム活性状況に強い影響を与えてきたが、これはアノマリーの勝敗が陣営抗争に広範囲にわたる影響を及ぼしてきた一因である。さて、このポスト・エクソジェナス時代において、国家情報局ではこうした陣営抗争を推進させるべく新たなエックスエム構造体を開発させた。バトルビーコンだ。このバトルビーコンを行使することで、勝利した陣営はポータルに刻み込む陣営のメッセージをより強固なものとし、新たな勝利に恩恵を享受することになるだろう。

こうしたことを念頭に置けば、ポータルを確保せんとするイングレスのエージェント・コミュニティの活動を支援していくことはこれまで以上に重要となってくる。エックスエム資源は膨大ではあるが、悪用されなけねないものでもあるからだ。私は全世界のイングレス・エージェントの高潔さに全幅の信頼を寄せており、ポータルの力は彼等に託すことで安全が保たれるものと信じている。然るに、近隣のポータルの力が利己的で悪意ある目的に用いようとする者の手に渡ることがないよう引き続き彼等が確保するようにしていかねばならないのだ。彼等がバトルビーコンを行使してポータルの確保を争うのであれば、それは彼等の確保をより強固なものとするだろう。

最後となるが、私の不在にあたっての諸君の取り組みと私の局長再任における取り組みへ改めて感謝の意を表したい。エックスエムは我々の世界により良き変革をもたらしえるものと今なお確信している。そして今、史上初めてその命運は我々自身の手に託されたのだ。今後起こり得る革新と諸君ひとりひとりの貢献を心より期待する。エクソジェナスは去り、前へ進むときが来たのだ。一歩一歩着実に進もうじゃないか。

bb-ecniaspeech01.png

bb-ecniaspeech02.png

AL 13
2020/10/09 15:23:25(Essex, Telegram)
[IMAGE]
I will save the intro and cut to the chase. Just received this intel:
There is a second half on its way.
2020/10/09 16:00:43(Essex, Telegram)
I need to protect the identity of my source, but I believe this is the draft of the speech Ezekiel Calvin recently gave to the Agents of NIA.
2020/10/09 16:02:54(Essex, Telegram)
This is the Calvin of our node. Osiris.
2020/10/09 16:06:41(Essex, Telegram)
[IMAGE]
2020/10/09 16:16:41(Essex, Telegram)
That's all for now. I'll share more thoughts at the usual place tomorrow.

Essex: Broadcast
2020/10/10 02:01:10(Telegram)
P. A. Chapeau, better known simply as PAC, has joined us on TG. He is currently part of Operation: Essex and Project Lycaeum, sharing intel and thoughts with agents via private message and the groups itself. This account has been verified by the admins of Essex, after they have spotted it joining about a month ago, getting suspicious and, after unraveling the meaning of it's username, got in contact with it and confirmed it is, in fact, PAC behind the account.
You can join us in Operation: Essex by following the instructions at @OperationEssex!
#PAC #TG #Essex
//@Essexnews
2020/10/10 04:52:58(Telegram)
Earlier today P.A. Chapeau dropped these two files in the Operation Essex TG for agents to get a preview of! He did mention he will be posting his thoughts on them in the usual place later so keep an eye out agents! We will post links to his thoughts once we spot them.
You can join us in Operation: Essex by following the instructions at @OperationEssex!
#PAC #TG #Essex
//@Essexnews

Truthseeker
2020/10/10 04:50(Forum)
Calvin's Speech at NIA
Truthseekers: The Exogenous are gone. Nemesis is gone. But our fight is far from over.

For those of you just joining us: My name is P.A. Chapeau. For years, I have been on a mission to uncover the truth of the XM conspiracy and make all of that information available to the public. And, oftentimes, this has brought me into conflict with the NIA, the secret government agency that is perhaps most culpable of perpetuating the hoax that XM doesn't exist.

Now, over the course of the past year, my relationship with the NIA changed. With the threats posed by Nemesis and then the impending Exogenous invasion, I felt I had no choice but to throw in with the NIA against those common enemies. And, much as it pains me to say it, I became something of an NIA spokesman, a point person who coordinated their efforts and those of you Ingress Agents around the world towards the goal of completing the Tessellation. Well, as most of you know, in the end, those efforts were successful, and both the threats of Nemesis and the Exogenous were quelled.

But, despite all the strides that we have made, the existence of XM is still the world's worst-kept secret. Secret government organizations and corporate interests continue to be the only ones in a position to exploit XM, while the wool is continually pulled over the eyes of the people at large. And in light of this, now that Nemesis and the Exogenous are gone, my conscience dictates that I distance myself from the NIA once more - at least until such time as they see fit to lift the veil of secrecy around Exotic Matter research.

So, with that in mind... let me share with you this transcript I got ahold of, a speech made by Ezekiel Calvin last week, on the day he resumed his position as director of the NIA. Now, the fact that they would reinstall Calvin into the top spot is not at all surprising. But what is interesting is some of the new details he tells us about the NIA's newest XM construct, the Battle Beacon. And, look, everything they said about what it means now to capture a Portal in a post-Exogenous world... that's all well and good. But, the Ingress Scanner, and related Exotic Matter tech like these Battle Beacons, they don't come cheap. The NIA is funded by a nigh-bottomless black budget, and the government doesn't spend that kind of money if there isn't something in it for them. So, that, today, is the question I pose to you, Truthseekers: What do we think the NIA stands to gain from the proliferation of the Battle Beacons? If we read between the lines, how does this new feature of the Scanner help them?

As, always, Truthseekers, I look forward to your thoughts in the comments. Stay safe, and keep me updated.

- PAC

Transcript by YutoRaion
For those of you who don't know me, my name is Ezekiel Calvin. I have been... out of pocket for the past twelve months, give or take. But I'm back now, and honored to officially resume my duties as director of the NIA. I wanna start by thanking all of you for all of the great work you've done in my absence. Beyond that, I want to say that, even though I am no longer Sensitive to Exotic Matter with a capital 'S', that does not mean that the NIA will be any less dedicated to plumbing the depths of what XM has to teach us. The Niantic Project is still going strong, and that is going to remain the case for a long time. At least, as long as I have anything to say about it.

One of the most intriguing properties of XM is its ability to transmit information; Thoughts, ideas, messages. It was the discovery of the ordered data pattern in the XM that made us first realize that XM was more than just a random natural phenomenon. There were messages encoded within the XM... and messages implied the existence of a sender. The senders, in this case, were Exogenous beings that lived outside the confines of our universe. But, in light of recent events, the Exogenous are no longer in a position to influence our world. And the ramifications of that are only just beginning to be felt.

Human beings have always had the ability to inspire one another. Through art, music, knowledge. Only, now, we are entering an era in which humanity will be able to continue that practice on an unprecedented scale. For there has been a void left in the absence of the Exogenous... and it is a void that only we can fill. XM is still an incredible medium for the dissemination of knowledge. And, for the first time in the history of our species - with the help of the Ingress Scanner - humanity will be able to utilize Exotic Matter on our own terms. Moving forward XM will be a medium by humans and for humans. And it is our hope that all of us, collectively, will be able to leverage this medium to the betterment of all humankind.

In the past, when Ingress Agents captured Portals, they were always resonating those Portals to their Faction. However, a side-effect of that resonation was that it primed the XM coming out of those Portals for use by their associated Exogenous entities; Shapers for the Enlightened, N'zeer for the Resistance.

But, with the Exogenous out of the picture, capturing a Portal will now prime the XM coming through that Portal for use by us. No longer will XM be transmitting the ideas and ideologies of extra-dimensional aliens... from now on, the ideas and ideologies transmitted by the XM will come directory from the Resistance and the Enlightened; From the people that make up those Factions.

High concentrations of Enlightened-aligned and Resistance-aligned scanner use in the same place at the same time have always had a strong impact on the XM landscape. This is part of the reason why the outcomes of XM Anomaly events have had such far-reaching effects in the battle between the Factions. Well, in this now, post-Exogenous world, the NIA has developed an XM construct that will continue to facilitate this kind of inter-faction competition: The Battle Beacon. And, through the use of the Battle Beacon. The winning side will strengthen the potency of the Factional message that they imprint upon that Portal, and reap additional benefits for emerging victorious.

With all of this in mind, it is more important now than ever that we continue to support the efforts of the Ingress Agent community in claiming Portals for their Factions. Because, while XM is a tremendous resource, it is also a resource that can be misused. I have the utmost trust in the integrity of the Ingress Agents around the globe, and I believe that the power of the Portals is safe in their hands. So we need to make sure that they continue staking claims to the Portals in their communities to keep that power from falling into the hands of bad actors who would use it for their own nefarious ends. And if they fight for those Portals using the Battle Beacons, it will make those claims even stronger.

And, just to wrap up for today, thank you again for everything you've done in my absence, and for easing my transition back into the director position. I still believe that XM can change our world for the better. And now, for the first time, that destiny is in our own hands. I am profoundly looking forward to the breakthroughs that lie ahead, and to each of your individual contributions. The Exogenous are gone, and it's time to move on. One step at a time.

 

前へ

ナイアンティック5周年記念

次へ

スキャナー変更事項一覧(v2.57.2)