新機能:バトルビーコン

8sMQwJs7_400x400.jpgイングレス・ジャパン
2020/09/30 02:41(Twitter)
陣営間での競争的な新たなチャレンジ、Battle Beacon (バトル・ビーコン)をリリースしました。現在は4000万以上のAPを持つエージェントがバトルを主催することができます。詳細はこちらをご確認ください:

新機能:Battle Beacons (バトル・ビーコン)
battle-beacon.jpg

バトルビーコンは、ポータルを制御するための、陣営間での競争的なチャレンジです。目的は5つのチェックポイントでターゲットポータルを制御することです。

チェックポイントは3分おきに出現し、ポイントは次のように増加していきます。:1-2-2-3-4

バトルの激化を反映し、後手に回る可能性のある陣営にチャンスを与えるためにポイントが増加します。

1 回のバトルにおける最大ポイントは、12ポイントです。最も高い合計ポイントを持つ陣営がターゲットポータルを制御することができます。

各チェックポイントの後、ポータルはMODsを保持したまま、相手の陣営のポータルへと反転します。バトルビーコンは、各陣営が攻撃的なプレイと防御的なプレイの両方の経験できるように、意図的に設計されています。攻撃を行っている陣営がターゲットポータルを無力化した場合、 ポータルを再び制御して最初のレゾネーターを配備するチャンスがあります。

どちらかの陣営が劣勢であったり人数に差がある場合、これらの調整は15 分間のバトルでより攻防戦を楽しめるようにしますが、最終的な結果を変えるほど強力ではありません。

各バトルでは、カテゴリー1からカテゴリー6までのカテゴリー分類システムを使用しており、バトル中のエージェントの活動に基づいています。

エージェントの活動を合算してカテゴリーや、例えば10分間2倍または150 回までのハックなどのハックの出力のブーストレベルが決まります。両陣営ともこのブーストされたハック出力の恩恵を受けますが、勝利した陣営のみが 4 時間、ターゲットポータル上に勝利のエンブレムを獲得することができます。

実装時、バトルビーコン(5,000 CMU)を入手できるのは4000万以上のAPを持つエージェントに制限されています。どのエージェントでもバトルに参加することができますが、バトルを主催することができるのは現在、レベルの高いエージェントに限定されています。

バトルビーコンは、ほとんどのポータルに配備することができます。既存のビーコン(例: エンライテンドビーコンやミートアップビーコン)があるポータルでは、そのビーコンスロットがすでに占拠されているため、バトルビーコンを配備することはできません。Fireworksやポータルフラッカーが既に配備されているポータルには、配備することができます。

さらに、ターゲットポータルにバトル ビーコンを配備する前に免疫をつけることで、ADAリファクタや、JARVISウイルスがバトル中にチェックポイントを攻撃するために使用されるのを防ぐことができます。これにより5,000 CMUのコストの不正利用を抑止すると考えており、現在、これをさらに緩和する方法を検討しています。

最後に、ニュージーランドと台湾でバトルビーコンをプレイテストしてくださったエージェントの皆さん、ありがとうございました。皆さんからのフィードバックをもとに、1人のエージェントがL7ポータルを作成したり、2人のエージェントがL8ポータルを作成したりすることができる可能性がある問題などを修正しました。

また、1つのターゲットポータルに1つのバトルビーコンを使用したり、複数のバトルビーコンを同時に公園全体に配備して新たなプレイスタイルを実現したりと、様々なプレイスタイルが生まれています。

エージェントの皆さんがどのようにバトルビーコンを使ってポータルコントロールのためのバトルを開催するのか、楽しみにしています。現地の健康と安全に関するガイドライン(マスクを着用したり、他の人と少なくとも2mの距離を保つなど)に従い、安全にプレイを行ってください。

-- Ingressチーム

NianticOfficial
2020/09/30 01:00(Forum)
New Feature: Battle Beacon
Battle Beacons are competitive, Faction-based challenges for Portal control. If you choose to initiate, your objective is to control the Target Portal across 5 Checkpoints.

Checkpoints occur at 3-minute intervals, with the following escalating Point Values: 1-2-2-3-4. Point Values increase as the battle progresses to reflect the increasing intensity of the competition, and to create opportunities for a Faction to possibly come from behind. The maximum Point Value in a single battle is 12 Points. The Faction with the highest total point value successfully captures the Target Portal.

After each Checkpoint, the Portal will reverse alignment to the opposing Faction, retaining any Portal Mods applied. Battle Beacons are intentionally designed to allow Factions to experience both offensive and defensive play. When the attacking Faction neutralizes the Target Portal, they also have a small window to re-capture the Portal and deploy the first Resonator. If one Faction is outmatched or heavily outnumbered, these adjustments can help promote more back-and-forth game actions during the 15-minute battle, but are not so powerful as to change the final outcome.

Each battle uses a category classification system, Category-I to Category-VI, which is based on total Agent activity during the battle. Combined Agent activity is used to determine the category or level of boosted hack output, for example 2X for 10 minutes or 150 hacks. Both Factions benefit from this boosted hack output, but only the winning Faction earns their Victory Emblem on the Target Portal for 4 hours.

At launch, access to purchase the Battle Beacon (5,000 CMU) is restricted to Agents with at least 40M AP. Any Agent can participate in a battle, but the ability to host a battle is currently limited to high-level Agents.

Battle Beacons can be deployed on almost any Portal. A Portal with an existing Beacon (for example, the Enlightened Beacon or Meetup Beacon) has its Beacon slot already occupied, and a Battle Beacon will fail to deploy. A Battle Beacon can be deployed on a Portal with Fireworks or a Portal Fracker already deployed, because these effects will end prior to the conclusion of the 15-minute battle.

Additionally, a Target Portal can be inoculated prior to deploying a Battle Beacon, preventing an ADA Refactor or JARVIS Virus from being used during the battle to snipe a Checkpoint; however, the Target Portal will still reverse alignment after each Checkpoint. We believe the 5,000 CMU cost will deter abuse, and we are currently discussing ways to mitigate this further.

Finally, thank you to everyone who playtested Battle Beacons in New Zealand and Taiwan. From your feedback, we fixed a reported issue that could have allowed a single Agent to create an L7 Portal or 2 Agents to create an L8 Portal. We also saw different play styles emerge, from using 1 Battle Beacon for a single Target Portal contest, to deploying multiple Battle Beacons simultaneously spread throughout a park for something similar to a Portal Cluster Event.

We're eager to see how Agents use Battle Beacons to host their own local battles for Portal control. As always, we encourage players to follow local health and safety guidelines (such as wearing masks and keeping at least six feet of distance from other people).

-- The Ingress Team

Ingress
2020/09/30 01:13(Twitter)
Challenge the opposing Faction to a battle for Portal control. Win the right to fly your Faction colors above the Target Portal. Battle Beacon access has now been granted to high-level Agents with 40M AP via the item Store.: community.ingress.com/en/discussion/

brian rose
2020/09/30 01:58(Twitter)
Battle Beacons can be used to challenge rivals, and also to help train new recruits on the fundamentals, like a 15min training scenario. community.ingress.com/en/discussion/

Niantic
2020/09/30 02:43(Twitter)
All's fair in love and Battle Beacons

 

前へ

虹色ダイバーシティ

次へ

ポータルネットワークの一時的変更(3)