アプリケーションパッケージ解析 [2.50.1]

アプリケーションパッケージ解析 [2.50.1]
皆さん、ごきげんよう。新たなアプリケーションパッケージ解析へようこそ。リリースノートは変更事項を知る素晴らしい指標となりますが、幾つか掲載しておくべきものを見つけました。

ファイアワークス
tx_item_beacon_fireworks.png
以前のバージョンで発見していたファイアワークス・ビーコンはローカライズ化とグラフィック開発が大幅に進められていた。また、パワーアップと同じカテゴリーとなることがわかりました。このファイアワークスにはエンライテンドとレジスタンスの双方が存在しています。

public const string FIREWORKS_ENL_DISPLAY_NAME_KEY = "POWERUP_NAME_FIREWORKS_ENL";
public const string FIREWORKS_RES_DISPLAY_NAME_KEY = "POWERUP_NAME_FIREWORKS_RES";

バトルビーコン
チュートリアルの開発がすすめられ、新たに3種類のカテゴリーが出現しています。

- エンゲージメントのルール
- ポイント値
- カテゴリー分類

また、ファイアワークスにはバトルビーコンのための特別な分類があり、勝利チームのポータルで自動的にファイアワークスによるパワーアップが得られるのかもしれません。

public const BattleBeaconTutorialPage RULES_OF_ENGAGEMENT = 0;
public const BattleBeaconTutorialPage POINT_VALUES = 1;
public const BattleBeaconTutorialPage CATEGORY_CLASSIFICATION = 2;

ブラック・ライヴズ・マター
ナイアンティックは大きな課題に向き合う世界中の企業のひとつとして、#BLMビーコンを実装しようとしています。
tx_mapbeacon_blm.png

スカウト(タイタン)
これには興味深い開発が行われており、新たな機能があります。

isWhitelistedUser
IsPlayerWhitelistedForType(PlayerSubmissionTypeProto type)

これはスポンサーポータル機能に関連している可能性がありますね。タイタンはポータル・スキャニング機能と思っていましたが、これは開発初期段階であり、結論を下すには時期尚早でしょう。汲み取るとすれば、ナイアンティックの開発陣はタコスを愛しているということでしょうか。

private const string TEST_NAME = "TACOSAREYUMMYAY";
private const int TEST_SCAN_COUNT = 1234;
TITAN_POI_AR_DATA_AGREE_BUTTON
TITAN_POI_AR_DATA_ENCODING_PERCENTAGE
TITAN_POI_AR_DATA_MORE_SPACE_REQUIRED

その他
次の機能に有効化の変更設定が開発されていました。

- ミッション
- リージョナル・スコア
- ドローンネット
- チケット
- 推薦

この機能は既にグローバルレベルで実装されており、例えばナイアンティックが特定バージョンのドローンネットをオフにするといったこともできるということになりますが、それ以上については時期尚早でしょう。

最後となりますが、特定のアイテムをインベントリの制限数から除外できるようです。特定のアイテムはアイテム数上限に関係なく取得できる可能性がありますね。

private bool ShouldCountTowardsInventory(Item item) { }

総括
バトルビーコンの開発は大詰めとなっており、他にも数多くの動きがあるようですね。次回をお楽しみに。

fev games
2020/06/29 02:28(Twitter)
Ingress Prime APK Teardown [2.50.1]

Ingress Prime APK Teardown [2.50.1]
June 28, 2020 . by Fevenis
Hi everyone and welcome back to another Ingress Prime teardown. While the release notes are a pretty good indicator of changes, we found a few things worthwhile to blog about.

Fireworks
The firework beacon we first noticed a few versions ago has much more development for localization and graphics. Additionally we noticed it is in the same classification as Powerups. There are both an ENL/RES iteration of this firework.

  • public const string FIREWORKS_ENL_DISPLAY_NAME_KEY = "POWERUP_NAME_FIREWORKS_ENL";
  • public const string FIREWORKS_RES_DISPLAY_NAME_KEY = "POWERUP_NAME_FIREWORKS_RES";

Battle Beacons
Tutorials have continued development, spawning 3 distinct categories:

  • Rules of Engagement
  • Point Values
  • Category Classification

Additionally the fireworks have a special classification for the battle beacons. Perhaps after one is over the winning team portal automatically gains a firework powerup?

  • public const BattleBeaconTutorialPage RULES_OF_ENGAGEMENT = 0;
  • public const BattleBeaconTutorialPage POINT_VALUES = 1;
  • public const BattleBeaconTutorialPage CATEGORY_CLASSIFICATION = 2;

Black Lives Matter
Niantic is joining companies around the world supporting a great cause, by soon launching a #BLM beacon.

Scouting (Titan)
There is some interesting development here, a new set of functions/properties called:

  • isWhitelistedUser
  • IsPlayerWhitelistedForType(PlayerSubmissionTypeProto type)

This is interesting because maybe this correlates to the sponsored POI feature we saw. Though Titan I thought was the portal scanning feature, so perhaps this is too early in development to draw any conclusions. What we can draw though is the Niantic development team loves tacos.

  • private const string TEST_NAME = "TACOSAREYUMMYAY";
  • private const int TEST_SCAN_COUNT = 1234;
  • TITAN_POI_AR_DATA_AGREE_BUTTON
  • TITAN_POI_AR_DATA_ENCODING_PERCENTAGE
  • TITAN_POI_AR_DATA_MORE_SPACE_REQUIRED
Random Things
I saw development for enabled/locked toggles for the following features:
  • Missions
  • Regional Scores
  • Dronenet
  • Tickets (?)
  • POI Submission

This was interesting, because this functionality already exists at the global level. (IE - Niantic can turn off Dronenet for specific versions of the app). It is too early to draw any more conclusions.

Finally, I saw something that could opt specific items out of inventory checks. Perhaps you are allowed to continue to get certain items no matter if at item cap.

  • private bool ShouldCountTowardsInventory(Item item) { }
Conclusion
It seems Battle Beacons are nearing the end of development and lots of other interesting things to note are starting off. Till next time agents.
 

前へ

ドローンネットの姿(映像)

次へ

第12ラウンドの発見者認証