クーリエ・ディパーチャー(映像)

テッセレーション第12ラウンド「クーリエ・ディパーチャー」で回収されたテッセラから新たな映像が発覚した。
クーリエ・ディパーチャー
国家情報局
傍受<音声>

対象:ハンク・ジョンソン(1218)
場所:追跡不能

ハンク・ジョンソン(1218):
エージェント諸君、ハンク・ジョンソンだ。先にお話ししたときは、ミスティ・ハンナへ連絡をとっている最中のことだった。私自身の世界ではなくオシリス世界のミスティとね。彼女には太古の人々が「フーガ」と呼んだ場所へ赴く手伝いをしてもらった。私はウンディーネの助言を求めてそこへ赴いたのだ、シェイパーやナジアよりも古きエクソジェナスにね。

フーガは実に奇妙な場所だった。顔の前で手を振ってみると、その軌跡の残像を見ることができた。言葉にするのは厄介だが、そこでは時間は循環していたんだ。この奇妙な状況の中でミスティとともにウンディーネ神殿へ向かったよ。そこで初めて受肉したエクソジェナスを見た。

ウンディーネはとても巨大で、とても美しい存在だった、どのような形容も受け入れ難いだろうが、数多くの触腕をもった1000フィートほどもある頭足類のようだったよ。その前に立つと、私の周囲の空気が波打った。そして、それは私の精神が揺らめいているということなのだと、ウンディーネが私に語り掛けようとしているのだと分かったよ。どういうことかは分からないが、その波紋が頭の中で思考へと読み替えられていた。ウンディーネは私に教えてくれたよ。

幾千年もの昔、ウンディーネは個々の世界へのエクソジェナスからの影響に均衡を維持させる役割を担っていたことをね。それこそがウンディーネが多次元世界のすべてにテッセレーション・メンブレインを構築した理由だったが、シェイパーとナジアは歯止め役を演じるウンディーネを目障りと考えるようになり、結託してフーガへと追放したのだ。

ネメシスでは個々の世界におけるテッセレーションを調整しエクソジェナスによる影響を完全に排除しようとした。私がフーガへと赴き、ウンディーネの帰還を説得できれば実現できると考えたのだ。だが、残念なことにウンディーネに帰還の意思はなかった。それでもウンディーネは自らが去ったあとにも調整を成す道筋を指し示してくれたよ。異世界の神々が何かを伝えようとする程度には判然としないものだったがね。私に分かったのは、それにはテクトゥルフ、詩歌、ロータスが関わっているということだ。

エージェント諸君、テッセレーション・サーガは終わりを迎えようとしているのだろうね。ハンク・ジョンソンからは以上だ。

Ingress
2020/06/04 05:56(Youtube)
Courier Departure

Transcript
NIA
NATIONAL INTELLIGENCE AGENCY
INTERCEPTED <audio>

SUBJ/ JOHNSON.HANK 1218
LOC/ - untraceable -

Hank Johnson 1218
Agents, H
ank Johnson here. When we last spoke, I was on my way to connect with Misty Hannah, not the one from my world, the one from the Osiris Universe. She helped me get to a place that the ancients called the Fugue. I went there seeking counsel with the Undine. The ancient Exogenous older even then the Shapers and the N'zeer.

The Fugue was a strange place to say the least. When I waved my hand in front of my face, I saw trails, motion blur, traces of where my hand had been moments before. Time is cyclical there in a way that's really hard to put into words. Misty and I trekked across the strange landscape to the Undine temple. And there, I caught my first glimpse of an Exogenous in the flesh.

The Undine are so big, so beautiful, that they almost do defy explanation. Like many tentacled cephalopods maybe 1000 feet high. In their presence, the air around me started to ripple. But then I realized that it was my mind that was rippling, the Undine were trying to communicate with me. And somehow those ripples translated to thoughts inside my head. And they told me their story.

Millennia ago, the Undine were charged with maintaining the balance of Exogenous influence on each world. It's why they built the Tessellation Membrane around every world in the multiverse, but the Shapers and the N'zeer eventually grew tired of the Undine playing gatekeeper, and they work together to banish the undine to the Fugue.

N
emesis wants to be able to tune the Tessellations around each world to block out Exogenous influence entirely. I went to the Fugue, hoping to convince the Undine to return. So they could make this a reality. Now, unfortunately, the undine have no interest in coming back. But they did put me on a path to understanding how we might achieve this in their absence, at least in that unnecessarily obscure way that extra-dimensional see Gods convey anything.
All I know is that that involves a Techthulhu, a song and a lotus.

A
gents. I think this Tessellation saga is about to reach it's end. Hank Johnson out.

 

前へ

残るは1ラウンド

次へ

スタイン・ライトマン:手掛かり