エノクのワールド・レゾナンス(映像)

テッセレーション第11ラウンド「エノクのワールド・レゾナンス」で回収されたテッセラから新たな映像が発覚した。
エノクのワールド・レゾナンス
やあ、エージェント諸君。探し求めていたものは、どうやらこいつなんだろうな。道を踏み外したドッペルゲンガーと言葉を交わす機会をようやく得たわけだが、奴等を好ましいと思えずにいることは諸君へ伝えておきたい。自分たちと真逆な者たちを好ましくは思えないことだってあるし、自分たちの思っている以上に似通っているがために好ましくは思えないことだってある。だから正直なところ、どちらが正しいかなんて確信は持てないよ。我々のひとりひとりには自らを定義する旋律、独自の高調波共鳴があるとは言ったが、それはより巨大なものの突端にしか過ぎなかったようだ。まさか我々すべての楽曲が同時に演奏されているなんて思いもよらなかった。それぞれのテーマソングはサウンドトラックのようなものになっているとばかり思っていたし、ネメシスが強調して「レゾナンス」と呼ぶような世界交響曲であったなんて知りもしなかったよ。いいかい、それこそがテッセレーションで行われていたことなんだ。最終的な目的は旋律を変化させることにあるんだ。うまく行けば、我々は世界をより良き未来へと変えることができるだろうし、それは我々にかかっていると言っていい。考えさせられるものだったね、何を意味してるのかってことさ。テッセレーションが世界交響曲を決定づけるのであれば、我々を定義する楽曲パターンも存在することになる。そうだな、私はアナリストでもないが、本当のところはどうなのだろうか、我々は本当に重要な局面にあるのだろうか。それとも私は何か誤っているのだろうか。我々の歌はその歌の一部に過ぎない、単なる作業に過ぎないのだろうか。私は自身の信念にもとづいた作曲家であって、別世界の怪獣でも鏡像世界の同一存在でもない。そういったことを念頭にしてお伝えすると、私で67種類の音調を確認しているわけだが、テッセラがひとつの音調に対応するのであれば、他にも120種類以上の音調があるということだ。どういった配置が可能かの計算は優秀な人物に任せるよ、196種類の音調があるからね。だが、こいつだけはお伝えしておこう。確かめなきゃならない配列は数多くあるが、テッセレーションを起動させるまでに最終的な楽曲をどうするかこそが重要になる。何を言いたいかは分かってもらえるだろうが、この楽曲を奏でることができるのは一度限りに思えるんだ。エージェント諸君は為すべきを為し、テッセラを順調に進めていってくれていることだろうが、これこそが全てにつながるものなんだ。

Ingress
2020/05/07 13:42(YouTube)
Enoch on World Resonance

Transcript
Yo, agents. So......yeah that's what looking into the...this feels like. Um...I've met my evil doppelganger now and I gotta tell you, I'm not sure if I like them. Sometimes we don't like people because they're the complete opposite of us. And sometimes we don't like them because they're more like us than we would choose to admit. So, I gotta be honest, when it comes to evil me, I'm not sure which one of those is more apt.
All that stuff I said about how each of us has our own unique harmonic resonance, our own defining melody. Well, it looks like I was on the cusp of something much bigger, and it never occurred to me that all of our songs are playing together, all at the same time.
I think each of our you know theme songs is like a soundtrack of I don't know a world Symphony it's like what Nemesis calls "The Resonance" with a capital R. Okay, that's what the Tessellation does. Its ultimate purpose we changed the melody, we changed the world for the better, hopefully. But I guess that's on us.
Gave it all this has got me thinking, what does it really mean, just say that there's a musical pattern that defines us, if the Tessellation determines the world symphony, well, I don't be analysist but does anything really matter? Do we really matter in the face of that? Or am I like looking at it the wrong way? Are our songs and the this song their part of. Is that just a work in progress? I'm the composer of my own faith, not some extra dimensional kaiju or dark mirror universe counterparts.
And with that in mind, we're at 67 tones by my count. And if there's one tone for tesserae, then that's more than 120 to go.
I'll let one of them big brains do the math and how many possible arrangements, there are 196 tones, but I'll tell you this much. It's a lot of permutations to test. And like, I think we got to be pretty damn sure of what the final song is gonna do before we fire up that Tessellation you know what I'm saying, I feel like we only get to play this opus for once.
Agents, I guess keep doing what you're doing and keep them tesserae rolling and...this is what it's all been leading to.

 

前へ

エノクのワールド・レゾナンス:手掛かり(2)

次へ

ウェイスポットライト