トラステッドレポーター:再開

http://ingress.lycaeum.net/assets_c/2018/09/r2kYuN5e_400x400-thumb-50xauto-16212.jpgナイアンティック・オフィシャル
2019/11/15 06:15
エージェントの皆さん、既にご存知のことかもしれませんが、トラステッドリポーター・プログラムは先般一時的に中断されていました。そもそもトラステッドレポーターとは、少数のエージェントによってサポートチケットの迅速な追跡と優先度の確認によって最優先でサポート対象とできるように設けられた制度です。

この制度の趣旨は、エージェントのイングレスに関する深い理解を有効に活用し、不正行為対策システムを補うことにあります。その意図はエージェントでは復元に多大な苦労を要しかねない不正行為による活動を軽減させることです。その最たる事例は、遠隔地の山頂に位置するポータルを無力化させるスプーファーの存在があります。都市部の過密地域でポータルを無力化させていくスプーファーがごく僅かな苦労で奪還が可能なものであり、トラステッドレポーターへ要望せずサポートセンターを用いてご自身でNIA OPSへご報告ください。

堅牢で効果的なシステムとなるよう新たなプロセスには時間を要してしまい、申し訳ございません。新たなトラステッド・リポーターやヴァンガードと協力してプロセスの改善に取り組んだことで、トラステッド・リポーター制度に再開の目途をつけることができました。このプログラムは調整によって以前の教訓を礎に更なる強化が図られています。

スプーファーの可能性がある活動をトラステッドレポーターへ伝える場合には、次の手順に従ってください。

  • 7日間以上経過した事例についてトラステッドレポーターへ提示してはいけません。
  • エンライテンド:@IngressEnlTRBot
  • レジスタンス:@IngressResTRBot
  • テレグラムを活用し、陣営ごとのトラステッドレポーター用BOTアカウントへ「/start」メッセージを送信します。別の陣営のBOTへレポート提出した場合には以後のBOT使用が禁止されることもありますので、ご注意ください。
  • BOTの提示する4項目を完了させてください。
  • トラステッドレポーターは48時間以内に要望された活動内容を確認し、NIA OPSへその活動の優先審査を要請するかをBOTを通じて返信します。

NIA OPSへ優先処理を要請したトラステッドレポーターはそのアカウントに対する処分の実行やポータルの復元を保証しません。トラステッドレポーターは、アカウントに対する処分に関して判断も決定も行わず、NIA OPSに対して推奨も行いません。NIA OPSと直接連絡をとることもできず、自らの関わったチケット以外は確認することもできません。

スパム行為や通常のゲームプレイで対処され得るような個人的な要望、一般的なエージェントに負担とならない行為について継続的に送信する行為は、トラステッドレポーターへ要望を送ることができなくなることもあります。

現時点では、スプーファーの疑いのあるアカウントに関する報告のみが受け付けられており、それ以外の問題に関するサポートはこちらから通常のプロセスでチケット発行してください。

なお、ヴァンガードはファイアウォールによってトラステッドリポーターから保護されており、ヴァンガードはトラステッドリポーターの身元を把握していません。新たなプロセスの趣旨は、トラステッドレポーターの匿名性を保ちつつ、陣営ごとに分割することにあります。ヴァンガードとトラステッドレポーターはともに秘密保持契約に同意しており、制度の詳細を開示することはできない立場です。

追記:ヴァンガードは引き続き単独の復元要望には対応することができます。トラステッドレポーターはスプーファーに対処し、その結果として必要となる復元を行うことができます。トラステッドレポーターが作業の一環として復元を必要とする場合には、ヴァンガードへ移管されることでトラステッドレポーターの匿名性が維持されることになります。

NianticOfficial
2019/11/15 06:15(Forum)
Trusted Reporter Program Resumes
Agents,

As you may know, we recently suspended the Trusted Reporter program. The Trusted Reporter program was created to provide a few Agents the ability to have their support tickets fast-tracked and escalated to the top of the support queue for priority review.

The purpose of the program is to leverage the organic understanding of Ingress by Agents to supplement our anti-cheat system. The intention is to mitigate the actions of bad actors that may result in unnecessary hardships for normal Agents to revert. A good example of a situation to report would be a Spoofer that neutralized a mountain top Portal in a remote area. A Spoofer neutralizing a Portal in a dense urban area that can be recaptured with very little effort should be reported to NIA OPS yourself via http://support.ingress.com and not flagged to a Trusted Reporter.

Thank you for your patience as we took time to work through a new process to ensure a robust and effective system. We are now ready to resume the Trusted Reporter program after working with our new Trusted Reporters and our Vanguards to refine the process. The adjustments to the program enable us to build upon and strengthen what we learned previously.

If you want to highlight suspected spoofing activity to the Trusted Reporters, follow these steps.

-Do not submit actions to Trusted Reporters that are over seven (7) days old.

-Enlightened: @IngressEnlTRBot

-Resistance: @IngressResTRBot

-Using Telegram, send a "/start" message to your faction specific Trusted Reporter bot account. Submitting a report to the opposite factions bot may get you banned from using the bot:

-Complete the four action items listed by the bot.

-Within 48 hours a Trusted Reporter will review the activity you flagged and inform you via the bot that they will or will not escalate the activity to NIA OPS to review.

A Trusted Reporter escalating an issue by submitting a ticket to NIA OPS is not a guarantee that action will be taken against an account or that a Portal reset will occur. Trusted Reporters do not adjudicate actions, determine or make recommendations to NIA OPS about what actions should be taken on an account, do not have a method to communicate directly with NIA OPS, and cannot review any tickets other than their own.

Spamming the bot or continually submitting requests of a personal nature that are easy to mitigate through normal gameplay and that do not cause an unnecessary burden to normal Agents may result in you being unable to submit requests to Trusted Reporters.

At this time we are only accepting reports of accounts suspected of spoofing. For all other support related issues please submit a ticket via the normal process at http://support.ingress.com.

As a reminder Vanguards have been firewalled off from the Trusted Reporters. Vanguards are not aware of the identities of the Trusted Reporter participants. The intention with the new process is to keep the Trusted Reporters anonymous and separated by Faction. Both the Vanguards and the Trusted Reporters have agreed to a non-disclosure agreement and will be unable to discuss the details of the program.

Edit: Vanguards can still help with standalone reset requests. The Trusted Reporters are for flagging spoofer activity AND resets that are needed as a result. As part of the workflow, if a TR report needs a reset it will get routed to the Vanguards properly and in a way to preserve the TR anonymity.

前へ

ハンク・プライムとの交信:手掛かり

次へ

野球場の適格性について