リアルワールドプラットフォームについて

http://ingress.lycaeum.net/assets_c/2018/09/r2kYuN5e_400x400-thumb-50xauto-16212.jpgナイアンティック・ジェイピー
2019/11/07 06:02(Twitter)
Niantic Real World Platformのマッピング、シェアリング、および現実世界の理解】より高度なAR体験のためには、現実世界にある物がどの位置に存在するのかをシステムが理解する必要があります。

ナイアンティック・リアルワールド・プラットフォーム:マッピング、現実世界の共有と理解

当初よりナイアンティックでは現実世界とデジタル世界とを融合させる革新的技術を用いていくことで、日常的な通勤から住んでいる街の近隣で世界を更に魅力的で興味深いものとしていくことを目指してきました。私自身も数年前にこのチームへ加わった際にはその将来目標には大いに興奮したものですし、今なお没入型拡張現実の未来を形づくろうと取り組み続けています。

地球とは、本質的に私たちのゲームボードであり、ナイアンティック・リアルワールド・プラットフォームの拡張現実技術を用いることでそのゲームボードを構築していっています。

マッピング・リアリティ
私たちのゲームボードであるこの世界に対する理解を更に深めて構築していくため、プレイヤーや企業、そして外部開発者と協力して取り組んでいっています。

過去8年間にわたり、私たちはプレイヤーと協力することで彼等のプレイするゲームボードを構築してきました。街や地域の興味深く特徴的な場所を知るのはプレイヤー自身であり、ナイアンティック・ウエイフェアラープログラムでプレイヤーは自らのゲームボードの構築に協力できるようになりました。このプログラムで当社製品のハイレベル・プレイヤーは全てのプレイヤーがゲーム内で愉しめる場所の写真やタイトル、詳細情報を提出できます。

プレイヤーの協力を得ることで、ナイアンティック・リアルワールド・プラットフォームにはユーザーから提出された940万を超える場所が追加されており、今でも毎週100万を超える新たなウェイスポットの推薦が行われています。

そして世界というゲームボードを拡大させる取り組みのひとつとして、中小企業を対象にスポンサー付の場所をゲーム内に追加するプログラムを導入しました。このプログラムの詳細はこちらをご覧ください。

現実の共有
プレイヤーが連れ立って冒険へ向かう際に複数のプレイヤーが別々の端末でリアルタイム拡張現実ネットワークを駆使し、同じ空間にデジタル・オブジェクトを配置してやり取りする手段を模索してきました。私たちの作り出したコードネーム:ネオンコードネーム:トーンヘンジといった幾つかのテストケースでその可能性が示されています。

そうした概念はポケモンGOでバディ・アドベンチャー(仮称)と呼ぶマルチプレイヤー統合によって初めて実現させようとしており、この新機能の中核は拡張現実経験の共有にあります。

ポケモンGOのバディ・アドベンチャー機能を使用することで、ARカメラで自らのポケモンとやりとりできるだけでなく、実世界の仲間がバディ・ポケモンとリアルタイムにより取りする体験を提供します。バディ・アドベンチャーはクロスプラットフォームでもあり、仲間がiPhoneであろうとAndroid端末であろうとこの機能が有効となっていれば仲間が表示されます。世界中のトレーナーは今後数か月で実現されるこのバディ・アドベンチャー機能の実装を愉しみにされています。

この新たなマルチプレイヤー機能は机上論ではないマルチプレイヤー拡張現実の実現であり、史上初の民生利用となります。

現実の理解
ナイアンティックでは、いまだ為し得ていない体験を実現させようと技術的限界へ挑戦し続けています。拡張現実で取り組まれている現状の問題にはオクルージョン問題があります。拡張現実のものは実体の後ろへ回り込むことができないという問題です。しかし、この問題を安易に避けるのではなく没入型拡張現実には更に様々なものがあります。奥行きの概念を付け加えることで、キャラクターは自らの環境を把握してより自然な行動ができるようになります。オクルージョンは強力なコンピュータービジョンを活用しており、拡張現実の要素は現実世界のオブジェクトを把握して相互作用させます。

yeti-occlusion.gif

ナイアンティックでは、この技術の実現に長く取り組み、ナイアンティック・リアルワールド・プラットフォームで実現させれることを嬉しく思います。

リアルワールド・プラットフォームをより多くの開発者へ開示することは、開発当初から夢見てきたことの実現です。それはこの地球を開発者にとって創造的な将来目標を持つことのできる拡張現実ゲームボードにするということです。拡張現実は近い将来に人の世界との関わり方を変え得る媒体になると考えています。

プラットフォームにおける構築
私たちは最近になってこのナイアンティック・リアルワールド・プラットフォームを他の開発者へ開放するようにし、その最初の成果をお伝えできる日を愉しみにしています。ハリーポッター:魔法同盟ではワーナーゲームスと緊密に協力していますし、ナイアンティック・ビヨンドリアリティ・ディベロッパーコンテストの一環で今年の初めに世界中の開発者へプラットフォームを公開しました。

受賞した開発チーム JC Softは才能豊かな家族で、想像をかきたてる「Run to My Heart」で実に創造的で魅力的な拡張現実体験を企画しました。

皆さんへ少しだけご紹介しましょう。

更に、私たちの将来目標に向けて引き続き取り組むべくナイアンティック・クリエイタープログラムでは、ナイアンティック・リアルワールド・プラットフォームで革新的な拡張現実体験を開発しようとするクリエイターを支援していきますし、ナイアンティック・ビヨンドリアリティ・ファンドでサードパーティ開発者を支援し、革新的な拡張現実概念の実現を手助けしていきます。

ビヨンドリアリティ・コンテストの一環としてナイアンティック・リアルワールド・プラットフォームで構築されたプロジェクトについてご覧いただくとともに、ナイアンティック・クリエイタープログラムの詳細はこちらをご覧ください。

皆さんとともに拡張現実体験の未来を築いていくことを愉しみにしています!

拡張現実プラットフォーム担当ディレクター ダイアナ・フー

Niantic
2019/11/07 02:00(Twitter)
Meet the Niantic Real World Platform! Learn how we're mapping, sharing, and understanding reality and building the future of AR experiences! Find details at nianticlabs.com/blog/nrwp-upda

2019年11月6日
The Niantic Real World Platform: Mapping, Sharing and Understanding Reality

From the early days, Niantic has set out to make the world - from our everyday commutes to our neighborhoods - even more engaging and interesting through the use of innovative technologies that blend the real and digital worlds. In fact, it was this vision that got me so excited to join this team a couple years ago and continue to build the future of immersive augmented reality.

Earth is, at its very essence, our gameboard and we have been building on this gameboard with the augmented reality (AR) technology of the Niantic Real World Platform.

Mapping Reality
To better understand and build upon the world that is our gameboard, we are collaborating with our players, businesses, and now external developers to build it with us.

For the past 8 years, we have worked collaboratively with our players to build the game board they play on. It's the players who know the interesting and unique places in their towns and neighborhoods and through the Niantic Wayfarer program, players can now help build out their own gameboard. This program allows high-level players in our products to submit new locations, with photos, titles, and further information about the locations they want to see in the game that all players can enjoy.

With the help of our players, we've added more than 9.4 million user submitted locations to the Niantic Real World Platform and are now seeing an average of more than 1M additional Wayspot nominations per week.

As part of our efforts to expand the gameboard of the world, we've also introduced the small business program which gives small and medium sized businesses an opportunity to add sponsored locations to our games. You can find more about this program here.

Sharing Reality
As our players embark on adventures together, we have been experimenting with ways multiple players, on separate devices, can place and interact with digital objects in the same space leveraging real-time AR networking. We built out some test cases like Codename: Neon and Codename: Tonehenge to showcase the possibilities.

We're in the process of turning these concepts into reality with the first ever multiplayer integration in Pokémon GO called Buddy Adventure (working title). This new feature is a shared AR experience at its core.

The Pokémon GO Buddy Adventure feature will not only allow you to interact with your own Pokémon via the AR camera, it will also provide Trainers with a shared experience of seeing their real world friends interacting with their Buddy Pokemon in real time. Buddy Adventure is also cross platform, so whether your friends are on an iPhone or Android device, you will still see them when the feature is enabled. Trainers worldwide can look forward to Buddy Adventure coming to Pokémon GO in the months ahead.

This new multiplayer feature is a step towards the realization and one of the first consumer implementations of multiplayer AR experiences beyond a tabletop.

Understanding Reality
At Niantic, we are pushing the technological boundaries to enable experiences that haven't been addressed yet. One illusion-breaking shortcoming of the current state of AR visuals we're looking to solve is the lack of occlusion, or the ability of your AR subjects to move behind objects, either partially or completely. But there's more to an immersive AR experience than simply avoiding breaking an illusion - adding the concept of depth allows characters to understand their environment and act more naturally. Occlusion utilizes powerful computer vision where AR elements understand and interact with the real world and objects within them.

-

Niantic has been working on the implementation of this technology for some time, and we're excited to announce that it will be coming to the Niantic Real World Platform.

Being able to share the Real World Platform with more developers is the realization of a dream we've had since the earliest days of development - to make Earth an AR Gameboard that allows developers to bring their creative visions to it. We believe AR will be the medium of tomorrow; transforming how people interact with the world, and each other.

Building on the Platform
We have recently begun to open up the Niantic Real World Platform to additional developers to build upon and we're excited to share some of the incredible first results. In addition to collaborating closely with WB Games on Harry Potter: Wizards Unite, we opened up the platform to developers around the world earlier in the year as part of the Niantic Beyond Reality Developer Contest.

The winning development team, JC Soft, a talented family team, put together a truly creative and engaging AR experience with "Run to My Heart" that captures the imagination.

Here's a sneak for you:

-

In addition, the Niantic Creator Program will continue to build on our vision of empowering creators to develop innovative new AR experiences on the Niantic Real World Platform. We'll also be supporting third party developers via the Niantic Beyond Reality Fund which will help bring innovative AR concepts to life.

You can read (and see!) more about these projects built on the Niantic Real World Platform as part of the Beyond Reality Contest and get more details on the Niantic Creator Program here.

We're looking forward to building the future of AR experiences together with you!


--Diana Hu, Director of AR Platforms

前へ

クーリエ・アルティメイタム:発見

次へ

アーリーアクセス:ベータ開始