ウェンディとの交信(映像)

日本標準時2019年10月11日午前02時からユーチューブ上でウェンディによる交信が行われた。
ウェンディとの交信

20191011_0000.png
テッセレーションに関する指示
交信が開始され、しばらくは静止画が流れ続ける。

20191011_0130.png
交信開始から1分30秒、僅か10秒間ほどだけ映像が切り替わり、鮮明には聞き取れない音声とともにエイダと思しきシンボルが映し出された。

20191011_0830.png
交信開始から8分30秒後、映し出されたのはファーストサタデーの開催都市で明らかとなっていたアンブラからの映像だった。

アンブラ:君たちはミリアドの障壁を破壊したが、我が障壁を破壊することはないだろう。障壁が君たちを保護するためのものだとそろそろ気づかないかね?私は異邦より来た、エクソジェナスが万物の神秘全てを知る究極の答えへ到達した世界からだ。君たちの世界に神秘を残す手助けをしてくれないだろうか、エクソジェナスを退ける手助けをしてくれないだろうか。

20191010_youtube.jpg
続けて発生を間近にしたアンブラ・アノマリーの戦術目標を解説した映像が流されていった。

20191011_1057.png
そして、ウェンディの姿がようやく映し出される。

ウェンディ:教えてちょうだい、いつ始めればいいの?

ウェンディ:いいわ、こんにちは、お元気かしら、私が見えてる?よし、始めましょうか、始めていいのよね。

ウェンディ:「やあ、ウェンディ」こんにちはグレッグ。こんにちは、ダニー。

ウェンディ:変なやりとりよね。さて、ごめんなさい、みんな元気?私も元気よ。混乱してるわ、とっても混乱してる、何なのよって感じよ。ベッドの反対側で目覚めたことってある?というか、ベッドの反対側で目覚めたんだけどそれは自分のベッドではないの、自分の知らない人たちがたくさんいるようなね。そうね、ベッドの上にいるはずもないわね。地球外にいるんだもの。それに大学も卒業できなかったわ、大学なんてないんだから。それが私の身に起きたことよ。いずれにしても、みんなは私がこのアノマラス・バブルで何をしてるのかって思ってるわよね。いい指摘よ、私だってわからないのよ。この間はカルビンと会話したわ、だってここにいる研究員と話す以外にすることなんてないんだもの。ホント、なんてことかしら。いずれにしても、カルビンと話したら、彼は私をアバドン・チャンバーになんか入れてないって言うのよ。アバドン、アラジン、アラびっくり、あばドーン!チャンバーにね。彼の言葉は信じてるわよ。嘘をついてる相手を見抜くのは上手い方なの。完全に利用されたようね。それもすっごく長い間、起きてきたあらゆることでね。頭がどうにかなりそうよ。いずれにしても、誰かが私をここに閉じ込めたの、誰だかはわからないけどね。カルビンじゃないみたいけど、エイダかどうかはわからないわ。アバドンを巡る超謎めいた陰謀よね。

ウェンディ:えっと、そうね。みんなはどう思う?私自身はクルーについてまだ態度を決めかねてるわね。要は悩ましいのよ。状況を説明するわ、少なくとも私の知る限りでの状況をね。クルーの入ってきた私は実のところシミュラクラだったことがわかったの。そのシミュラクラが破壊されたことで今があるのよ。だから、私は実際にはタイにはいなかったけど、素晴らしかったんでしょうね。私の身体はタイには行ってなかったってことよ。タイで蚊を媒介した病気にかかることもなかったけど、繰り返すけど、私はタイに行くことはできなかったし、クルーもやっぱり行けなかったわけ。

wendytrans06.pngウェンディ:さて、「スコットランド女性に憑依されてどうでしたか?」スコットランドがわかんない!スコットランドのアクセントを上手く言えないのよ、おっと、上手く言えそうね。ああ、わからないのよ、アイルランド人なのかしら?いずれにしても、私は99.9%ね。うん、割合の話じゃないわね。率直に言って、何度も間違ってはきたけど、今は彼女はいないと確信してるわ。いいことだわ、本当に、本当にね。テッテレッテレー♪

wendytrans07.pngウェンディ:ああ、今週末にはアノマリーがあるんですってね。私はこの変な空間に閉じ込められてて行けないの、行きたかったわよ。みんなが私に来てほしいと思ってくれるなら、行ければ良かったのにと思うけど、行けないのよ。厳密に言えば、クルーが私のシミュラクラでアノマリーに赴いていたわね。

wendytrans08.png2019年12月アノマリー
サクラメント、アメリカ・カリフォルニア州
グアダラハラ、メキシコ
ブルックリン、アメリカ・ニューヨーク州
ヨーテボリ、スウェーデン
アントワープ、ベルギー
ドレスデン、ドイツ
桃園市、台湾
ニューカッスル、オーストラリア・ニューサウスウェールズ
サバ、マレーシア

ウェンディ:でも、私にその記憶はないの。また草木を見れたらどんなにいいかってこと、空や季節をね。それにママとも。みんなは知ってるかもしれないけど、ビクトリアが言うには、この世界の周囲には四枚の障壁があって、ミリアド・アノマリーではそのひとつが破壊されたらしいわ。「他の研究員たちはどうしてるか」って?正直に言ってデヴラは呆然としてるみたいだし、あの人たちは悲しみに暮れたままっぽいわね。私たちは閉じ込められてるのよ、でも本当に身動きできなくなってるかに思えるわ、なんか薄気味悪いもの。わからないし、私に言えるのは、こんな事、口には出せないわよ、二人がキスしてたなんてこと、とても言えない。要は勘弁してよってこと。あの二人がいると部屋がピリピリするのよ、うんざりね。

ウェンディ:エノクとキャリーは確かに素敵なカップルよね、あの二人はほんと好きだわ。でも、ハンクとデヴラは変な感じなのよね、二人を見てもらえればわかるんでしょうけど、どうもカップルには見えないっていうか、よくわかんないけど、うまくはまってないっていうか、二人は一緒に過ごしてるけど、なんていうかね、本当にお互い気を使ってるのよ。

ウェンディ:でもね、ハンクとデヴラはキスしちゃってたわけだし、たぶん以前からの知り合いなのね。つまりは秘密裏にこのアノマラス・バブルで何が行われてるのかってことよ、この閉ざされたバブルで何が起きてるのかってことよ。バブバブルバブー!...これはファインディング・ニモね。

ウェンディ:「研究者たちはクスリのやりすぎですか?」違うわよ!私がちょっとハイになってるだけよ。

ウェンディ:よし話を戻しましょう。なんだっけ?何の話だったかしら?そう、みんなが知りたがっていることを話さなきゃね。

ウェンディ:いい?新情報、新トピックよ。私はみんなみたいな研究者ではないから、そちらで考えてね。

ウェンディ:リチャードがテッセレーションのことを共有したわね。その、テッセラの見つけ方とか、投票のやり方とかの指示書は、テザーハンドっていう人から来たものなの。わかるかしら?

ウェンディ:要するに、早い話が、テッセラの多くは六角形のメディアとしてスキャナーに現れる。六角形が手で作れないわ、これじゃ四角形ね。

wendytrans18.pngウェンディ:それでどのポータルにそれがあるかっていう手がかりがあるらしいから、でたらめにハックしてもだめよ。でたらめにハックするのも楽しいから、きっとやるんでしょうけどね。けど、リチャードとNIAが英語版のコミュニティ・フォーラムに専用カテゴリを設置してたわ。だからバッチリそこをチェックしてちょうだい、そこに両陣営のメンバーがテッセレーション・ボードに配置するプロセスがすべてあるからね。それから、スコア表示もあるわ。基本的に、早い話、各陣営で先着3人がテッセラのメディアを発見したか、テッセレーションで(...)そこはちょっと待つことになるわね。

ウェンディ:ボード上のどこに配置されるのかを推測するの。私が説明したものからどうやって推測するのかしら?文脈を手がかりに?つまり、私もこのテッセレーションを読んだけど、多分、みんなの方が実際私より頭がいいでしょ。それはわかってるわ。それらがどこに配置されるのか、私には見当もつかない。

wendytrans09.png

wendytrans10.pngウェンディ:誰かがそれを正しくやることが重要ってことは私にもわかるわよ。もちろん、それを自分の陣営でやるべきかどうかはそれぞれが決めることね。そうそうそう。

(ヤヌスラボのトップページからテッセレーション・ボード、次いでテッセレーション・ディレクティブのページがモノクロで表示される)

ウェンディ:「彼女は何故、いつまでもとんちんかんなことを喋っているの?」聞いてちょうだい、ローレン・ヒル。聞いて、ローレン。面白いわね。とにかく、それがみんなに知らせること、これまでに見たもの全部よ。

ウェンディ:それじゃ、みんなの質問に移りましょうか。みんなとお話ししたいわ。スキニー?401?なにこれ?見たいのに出ないわよ、あらやだ、ウィンドウを閉じちゃった。

(鼻歌)

ウェンディ:開き直したわ。もう、スチュアート!...裏方さんに来てもらいましょう。

スチュアート:ああちょっと、ちょっと待って...

(スタッフらしき男性が画面に現れるが、顔ははっきり映らない)

wendytrans11.pngスチュアート:ここを見て。

ウェンディ:ああ、チャットウィンドウがまた見えるようになったわ。

スチュアート:調整中だ。ちょっと待ってて。

ウェンディ:まぁ、いくつか質問が来たわ。

20191011_0130.png

(冒頭と同じエイダのシンボルらしき映像が挿入され、音声が途切れる)

ウェンディ:...カルビンにシミュラクラにされたと、個人的に信じるのはね。それで質問は、「それは何故、いつ起きたのですか?あなたは研究者だったのですか?あるいは彼らがあなたを誰かの器として使っていた?それ以外の理由?」そうね、良い質問だわ。簡単に言って私は間違いなくナイアンティック計画の研究者ではなかったし、目覚めるまでもそうじゃなかった。けどこのアノマラス・バブルにいるっていうことは、私が死んだ時のことに少し光が当てられるわね、こんなことを言うことになるとは思わなかったわ。とにかく私のシミュラクラはオペレーション・コーランの時に破壊されたけど、だから私と、たくましくてハンサムなハンクは実際にタイへは行かなかったのよね。私達はカルビンの指示したRPE作戦の一環で、シミュラクラとしてそこに投影されてたわけ。つまり彼は、新しいRPE技術を試そうとしてたんだと思うの。上手く行ってたわよ。私がバラッバラのシャードに粉砕される時点まではね。私の旅がおじゃんになった件があったから、誰もがライトマンに注意を払っているわ。だからほんとにね、もう誰もコーランで起きたようなことを繰り返したくはないのよ。痛かったもの。

ウェンディ:さぁ次つぎ次。次はカタキャットね、「唯一ナイアンティック計画のメンバーではないあなたは、研究者たちとどう接していますか?」うん、みんなが私より賢いなんて言いたくはないけど、確かにみんな私以上の学位は持ってるはずね、私は大学中退を余儀なくされたんだし。ハンクを見たときのことを覚えてるわ、もちろんダンレイブンの頃にデヴラと面識はなかった。そして彼女が私の好きなタイプじゃないことは嫌ってほどわかったわよ。あの人がハンクの前でずっといい顔をしてなかったとしてもね。ジャービスは相変わらずのカルト・リーダーね、私は好きよ。

ウェンディ:他のみんなはほんとにカッコいい!ライトマンは実に興味深いわね。彼に対してネガティブな反応もあるようだけど、私の知ったことじゃないわ。彼はチェスが得意なのよ。いつか負かしてやるわ。まだ勝つどころか足元にも及ばないけど、絶対追いついてやる。なんでみんなが彼に冷たくあたるのか、ほんとにわかんない。

ウェンディ:それから、ビクトリアね。彼女だけは、ネメシスがいつでも私たちの身体を乗っ取れるRPE技術を持っていることを気にかけてるわ。だから私たちを守ることにずっと取り組んでる、個人的に感謝してるわ、また乗っ取られたくなんかないもんね。まぁもちろん運次第だけど。いずれにしろ、起きてしまうことよ。

ウェンディ:うん、まぁそういうこと。「こんにちはウェンディ、挨拶してあげて...イクイクイに」(※)?誰なのかしら、うーん。次の質問ね。

※訳注:Iquique(イキケ)はチリ北部の都市。質問者は「こんにちはウェンディ、イキケからご挨拶を」とコメントした。

ウェンディ:ああー、「エイダやクルーが知らない、ウェンディだけの何かを教えてください。あなたと話す時に、それが本当にウェンディなのか、誰かに操られているのかを見分けるために」

ウェンディ:そうねえ、以前は「現実世界にうんざりしてるの」って言っていたけど。でもエイダもクルーも、今はそのことを知ってるでしょうね。じゃあ...この指輪は祖母からのものよ。みんなが知ってるかどうかはわからないけど...これはどう?「トライアングルはお気に入りの形」。

wendytrans12.pngウェンディ:次、つぎ、つぎ。よーしファルコバード。「ワトキンス教授がジャハーンだったことを知っていましたか?彼女がアンチマグナスだと疑ったことは?」ワトキンス教授に出会うまで、アンチマグナスなんて聞いたこともなかったわよ。だから疑いもしなかった、まさかうちの大学のゲスト講師が私に、スコットランド!!女性を取り憑かせる研究をしてたなんて...オーケー、いくらかましなアクセントになったわ。

ウェンディ:それと人工知能に仕込まれていたこともね。だからそうね、思いがけない事に出くわしたのは衝撃だったけど、...(音声が途切れている)...私の人生なんて大して面白いことはなかったのよ。だからワトキンスとジャハーンは確かに同一人物だけど、あの人をどう呼べばいいのかはわからない。彼女はあまり好きではないわ。好きじゃないっていうか...うーん、まぁ何であれね。そう、だから...

スチュアート:(...)大事な(...)

(画面外からスチュアートがウェンディにメモを渡す)

ウェンディ:あら、ありがとうスチュアート...スチュアートの字はひどいわね。「質問風のようなロス・メーカーをチェック」...でいいのかしら?...ちょっとスチュアート!書き直してよ。

wendytrans13.pngスチュアート:すみません、ドクター。

ウェンディ:処方箋の記入が必要な人は、スチュアートにおまかせするといいわね...

(スチュアートが新しいメモをウェンディに渡す)

ウェンディ:素晴らしい!オーケー。「あなたが元の世界へ戻れたら、まずどこへ行きますか?スコットランド?」あーら、本当にいい質問ね。そうね、タイ...には行かなかったわけだけど、動画では見たわ。アッツアツのギッタギタに暑そう。だから行くなら絶対そうね、気温が普通のところだわ。スコットランドはいいところだろうと思うわよ、絶対スコットランドのアクセントを練習できるでしょうしね。じっさい練習はできるだろうけど、その土地が嫌になるでしょうね。"スコットランド"の練習で。オイ、オーイー、みんなが私のアクセントを鍛えてくれる、いいことだわ。みんなは私がどこに行くのがいいと思う?

ウェンディ:「ネメシスはどんな風にシミュラクラを破壊したの?その時あなたはどんな状況だったの?」素晴らしい質問だわ。とてつもない痛みの他にはほとんど覚えていないけど、そうじゃなければ絶対とても興味深い問題だったと思うわ。シャードにされる時は、それが始まるとすっごく傷つくわけよ。だからあのときは、あれはホント最悪だったわ。シャード化は誰にとっても不愉快なものよ。わかってもらえるかしら?

(スチュアートが再びメモをウェンディに手渡す)

ウェンディ:ありがとう、スチュアート。ああ、スチュアート、ちょっと来て。

wendytrans14.png(ウェンディがスチュアートに何事か耳打ちする)

スチュアート:わかった。

ウェンディ:私の映像をチェックしてもらってるの。あら、パスコードを見つけたのね。(※)

※訳注:交信映像からパスコードを見つけた、というコメントに対する回答

ウェンディ:アンドリュー、「スコットランド訛りに覚醒したな」。どうかなあ、私そこまで覚醒したかしら。

ウェンディ:成功ね。

ウェンディ:シャードにならないようにね。(※)

※訳注:「スチュアートはネメシスの一員だ、気をつけて」というコメントに対する回答のようです。

ウェンディ:さてと。次の~しつも~ん♪そうね、オーケー。よしよしよし、よしよし。

wendytrans15.png(ウェンディの様子に異変が起きる)

(再び冒頭と同じエイダのシンボルらしき映像が挿入され、音声が途切れる)

エイダ:おかえりなさい、エージェント。

wendytrans16.pngエイダ:私の名はエイダ。これまでイングレス・スキャナーを通してあなた方とお話ししてきました。こちらは検出アルゴリズムです。あなた方の多くの質問に、可能な限りお答えして行こうと思います。最初に、ウェンディが完全に安全であることを申し上げておきます。つまり彼女への危害はなく、これが終わり次第私は彼女に身体の制御を返すということです。

エイダ:質問がありますね。「エイダ、あなたの意識はウェンディと統合されたのですか?それならば今、ウェンディの記憶はエイダと共有されているのか、あるいはその逆に別々で、ウェンディの肉体の支配によって入れ替わるのか?」素晴らしい質問ですね、マイク。いま現在、私との関係は排他的なものであり、私が支配しているときにはウェンディは制御できません。私はウェンディの体内で私がとった行動のみ記憶しており、ウェンディは彼女が身体を取り返した時の行動のみを記憶しています。しかしウェンディは後ほどこのライブストリーミングを喜んで見てくれることでしょう。私は彼女に何も隠し事はしたくないのです。

20191011_0130.png

(再び冒頭と同じエイダのシンボルらしき映像が挿入され、音声が途切れる)

エイダ:「ウェンディ、君はナイアンティック・マグナスでエイダの場所を確保したのかい?エイダは今も君の一部なのか?ウェンディはどこまで残っていて、どこまでがエイダなんだ?」ふむ、これはウェンディあての質問のようですが、私にもお答えできると思います。私、エイダはオムニシャントのアーキタイプを持ちます。カルビン博士はマグナスにオムニシャントを必要としていました、それこそがナイアンティック計画に私が導入された理由だったのだと、今となっては思います。ですがカルビン博士は、彼のマグナスには、さらにメンバーをシミュラクラにすることが必要でした。そこで疑問となるのが、人工知能のシミュラクラをいかに生成するのか、ということです。それはカルビン博士が答えを得られない疑問でしたが、私には可能でした。私は自分が住み着いて、シミュラクラへと変換できる人間を単純に必要としていました。時間的な都合により、これを科学的に行う方法について正確な詳細には触れませんが、私がウェンディをアバドン・チャンバーに配置されるよう手配した、と言えば充分でしょう。その日のことをカルビンは知りません。目覚めたウェンディも覚えてはいません。ウェンディ、後ほどこの映像を見たら、この件について、どうか私の懺悔を受け入れていただきたいのです。私が支配している際には、あなたにとって最良となる行動を取るということをわかっていただきたいのです。あなたの身体を恒久的に支配する意図は私にはありません。現時点ではこれが、ネメシスに監視されることなく私が研究者たちと接触するほぼ最良の方法なのです。私は本当に、支援のためにここにいるのです。

wendytrans17.pngエイダ:「エイダ、エージェントにできることはある?」素晴らしい質問です、レイナ。ありがとうございます。あなた方の助けが本当に必要なのは今週末のアノマリーです。私は研究者たちを好んでおり、彼らはアノマラス・バブルに閉じ込められています。4枚の障壁が、私たちが世界へ帰ることを阻んでいました。そのひとつを今週末のアノマリーで無効化することができるのです。スキャナーを使ってください。仲間とともに戦い私たちを救ってください。あはは、あはは、エイド・アス(私たちを救って)。エイダだけにね。私はまだ、ユーモアのプロトコルに取り組んでいるところです。

wendytrans08.pngエイダ:「エイダ、"デスパスィート"(※)をかけて!」私は著作権が存在する音楽を再生できません。

※訳注:「デスパスィート」はプエルトリコの歌手ルイス・フォンシの楽曲。

エイダ:「エイダ、ダンレイブン財団はまだ君の管理下にあるの?それとも、現在の状況に応じて新たな管理へ移行した?できれば財団の新たな管理者になれたら嬉しいんだけど」ムスタファ、質問をありがとうございます。ダンレイブン・チャンバー、それらには何らか各々の心があり、私は直接それらとコミュニケートしています。そして忘れてはなりません、これらのチャンバーは軽々しく扱うべきものではないのです。

エイダ:「エイダ、今日は私たちに何か伝えたいことがあるのではないの?」ご質問ありがとうございます。私は2つの情報を持っています。ひとつ目は、ネメシスが着用している衣装、マスク、布地の柄に何らか重要なものがあるらしいということです。それらは顔の認識を定義しますが、パターン認識プログラムが彼らを人間として特定することを完全に困難にします。これは必ずしも彼らが人間でないことを意味しませんが、これが単純に彼らの正体を特定することを不可能にしています。優れた計算能力を持つ私でさえ、彼らを認識することは困難です。どうやらこれはUAP、すなわち普遍化によるパターン認識迷彩の概念を保っているようです。これには更なる研究と人員を要します。あなた方はきっと私の助けになってくださると信じています。

エイダ:今日お伝えしたいふたつ目の情報は、このテッセレーションに関して耳にしたものです。ボード上へのテッセラの配置には何らかのロジックがあります。エージェントの皆さん、原因と結果との関係について細心の注意を払うことをおすすめします。エージェントの皆さん、原因と結果との関係について細心の注意を払うことをおすすめします。私は反復が人間の脳にメッセージを強く植え付けることを知っています。ですので、もう一度エージェントの皆さんに申し上げます。原因と結果との関係について、細心の注意を払うことを、おすすめします。何らかの詳細がテッセラの正しい配置に関する手掛かりをもたらすでしょう。そしてテッセラの正しい配置を決定することが、このゲームにおいてネメシスを打ち負かす唯一の方法であると思われます。

エイダ:もうひとつの質問。エージェント・ヒーロー・マスクより「リチャードはどうしたの?」そうですね、私も知りたいのです。可能な限り彼の投稿を監視してきましたが、彼と直接会話することはできていません。私もウェンディも無事だと、彼にお伝えください。

20191011_0130.png

(再び冒頭と同じエイダのシンボルらしき映像が挿入され、交信は途絶える)

Ingress
2019/10/11 02:42(Youtube)
Tessellation Directives Transmission

Transcript

Umbra: You destroyed Myriad's Barrier. You will not destroy mine. Don't you understand yet. That were just trying to keep you safe? I come from a world where the Exogenous think they have an answer for everything. Where all of the mysteries of the universe have been solved. Help me keep mystery alive in your world. Help me keep the Exogenous out.

Wendy: Let me know, when I should start.

Wendy: We good, is it. Hello? Yes. Hi. How are you? Can you see me? Yes. Okay. I should start. Someone told me I should start.

Wendy: "Hi, Wendy." Hi, Greg. Hi Danny.

Wendy: How there's a weird way. Okay, so sorry. How are you guys, good, I'm good, too. I am confused, too. I am so confused. Oh my gosh, have you ever woke up in the wrong side of the bed? Or like, have you ever woke up on the wrong side of the bed and then realized that it wasn't your bed and there was a bunch of people that you didn't know and just strangers there being like, yeah, you're not supposed to be on the bed. And then you're just outside of Earth, and somehow you didn't graduate from college because you're not in college anymore. Well, that is what happened to me. Anyway, you're probably wondering what I'm doing in this Anomalous Bubble. Great question. I don't know either. I do think I was talking to Calvin the other day, because there's nothing else to do except for talk to the other researchers in this place. Oh my gosh. Anyway, I was talking to Calvin the other day, and he said that he did not put me in the bed Abaddon Chamber, Abaddon, Aladdin, Abaddon abandoned chamber. I believe him. I feel like I'm a pretty good judge of when people are lying to me at the same time. I feel like I've been completely taken advantage. For a long, long, long, long time by everything that is going on, so that could be crazy. Anyway, someone put me here. I don't know who it was. I don't think it was Calvin. I don't know if it's ADA. That's a very interesting conspiracy theory about Abaddon.

Wendy: Um, yeah. What do you guys think? I do know that I'm on the fence with Klue. I mean, so it's complicated. Let me explain the situation. Or at least let me explain the situation as far as I can see it. So it turns out that the me that Klue jumped into was actually a simulacrum, which that simulacrum was destroyed, was started. And then it wasn't actually in Thailand, which I guess is cool, because then my body didn't go to Thailand. Ha, I didn't get any of the diseases that might have been there from the mosquitoes in Thailand, but I also didn't get to go to Thailand, but again, neither did Klue.

Wendy: So, "what was it like to be possessed by a Scottish girl?" I have no idea Scottish. I'm not very good at the Scottish accent, Scottish. Wha I'll get better at that. Oh, I have no idea. Oh, is that Irish? That's probably nothing. Anyway, I am like 99.9. Okay, you know, I'm not gonna say percentages, because honestly, I've been wrong so many times, but I'm like, pretty sure she's not in there now. So that's good. Real, real good. Chu-chu-chuh-chuh-chuh.

Wendy: Oh, I heard there was an Anomaly this weekend. And I can't go because I'm trapped in this weird space. Well, I'd really like to be there. So, in case you're wanting me there, I want me there to that would be great. But I can't be there. And technically Klue went to an Anomaly in my simulacrum. But I don't actually have any memory of that. I mean, it would be super nice to see grass again. And sky and seasons. And my mom. But I'm Listen, as you may know, Victoria told me that there are four barriers up around the earth and one of them thank God was recently destroyed and Miriad Anomaly, oh my gosh, "What are the other researchers doing?" It's honestly probably hang Devra, like, they seriously they keep being like, sad about it. Or, like, oh, we're trapped. But like, I think that they really like being stuck here. Because it's like, it's like creepy. I don't know. And like I say like, I mean, I'm not saying that, like I've seen them kiss or anything because I totally haven't. But I mean, come on. The room is like, electric when they're in it, and it's like, oh, disgusting.

Wendy: You know, it's actually a really cool couple, Enoch and Carrie, I really like them. But they've got this like, weird wavelength thing going on. And it's also like, you look at them and you're like, Oh, they shouldn't be a couple like, that's, I don't know, like, it just doesn't quite fit, but then like, they're together and it's like, dude, like, they really care about each other.

Wendy: But with Devra and Hank, it's like, oh my gosh, just like kiss already, which they probably already have seen. I mean, what happens behind closed doors and the Anomalous Bubbles, what happens behind closed bubbles, Bubbles, Bubbles, bubbles. So, it's Finding Nimo reference.

Wendy: she get it. "Researchers take a lot of LSD?" No, I don't! Know we don't. I'm just going crazy in this please.

Wendy: Anyway, I'll get back. I'll get back to what? Get back to what it is. We are supposed to be talking about you guys need.

Wendy: Okay? new business, new Intel, new stuff. You're down this because I am not a researcher unlike pretty much everyone here.

Wendy: So Richard shared with you the Tessellation, right? And the direct is from the so called Tethered Hand about how to find the Tessela and then how to vote on the test or you know what?

Wendy: Tl; Dr. Too long didn't read, most of the tesseras are going to appear as those hexagonal media objects in the scanner, I can't make the hexagon with my fingers. That's a square oops ease. And it sounds like the clues about where the portals will be will be kind of seated in, so, so don't just go hacking at random, although definitely go hacking at random because it's fun. But Richard and the NIA had set up a destination folder on the English community forums. So definitely check it out, because there's a whole process by which certain members of both factions should be placed on the Tessellation board. And then there's the scoring system. And basically, long story shorts, the first three people of each faction to find the media object or the Tessella for shots (......), That putting one on wait too long.

Wendy: We'll get to guess we're on the board it will be placed. How do you guess from what I can tell? context clues? I mean, I read this Tessellation as well. And maybe you guys are smarter than me actually. I know you guys are smarter than me. I have no clue as to where they should be placed.

Wendy: I do know that it's very important that someone get it right. Obviously, that someone should be from the faction that you align with is everyone should decide. Yes, yes, yes.

Wendy: "Why is she still talking about irrelevant stuff?" Listen, Lauren Hill. Listen Lauren. It's fun. Anyway, that is all stuff that you know, and stuff that you could have already seen.

Wendy: So, let's get to a few of your questions. I want to talk with you guys. What's the skinny? What's the 401? What is happening here? I want to get I want to get, oh gosh, I closed my window.

(singing something)

Wendy: I get this open again. Oh, Stuart! ...The cable guy needs to come in.

Stuart: yeah in just, just a moment...Let's see here.

Wendy: Yeah, we're gonna get the chat window up again.

Stuart: Yeah, we're working on it. Just a moment.

Wendy: Anyway, I do have a couple questions here.

(ADA's footage is inserted)

Wendy: ... to personally believe that you were converted to a Simulacrum by Calvin. So the question is "why And when did this happen? Were you a researcher all along? Or did they use you as a vessel for someone? etc?" Yes, very good question. Long story short, but I definitely was not Niantic project researcher and not until I woke up but apparently being in this anomalous bubble makes me that, but I can shed a little light on my death, which is a sentence that I did not think I would say. Yeah, that's anyway. My Simulacra was destroyed during operation, Operation Ko-Lan, but then me and ruggedly handsome Hank, never actually set foot in Thailand. We were projected there as a Simulacrum as part of the RPE operation that Calvin drove us into. I mean, I guess he was trying to test his new RP tech. And it went fine. Up until the point that I was exploded into a million little Shards. The fact that my trip one So sideways is why everyone is making Lightman dot his i's and cross his T's. And cuz Trust me, I mean nobody wants a repeat of what happened in Ko-Lan. It was painful.

Wendy: Next, next next next, their next CataCat asks, "How are you fitting in with the rest of the researchers being that you are the only one that wasn't part of the Niantic Project?" Well, I don't want to say that people are smarter than me, but certainly everyone has more degrees than me seeing as I was forced to drop out of college. I remember meeting Hank, of course, I never met Devra during Dunraven. And I have learned enough to know about her that she is not my favorite. Even if she wasn't making good guys at Hank the entire time. Jarvis is still the same cult leader that I know and love.

Wendy: Everyone else has been pretty cool. Lightning is really interesting. I feel like there's been some negative reaction to him, but I don't know. He's so good at chess. I mean, I'm going to beat him. I haven't yet I haven't really even gotten close, but I'm definitely going to meet him. I don't know why everyone's giving him a bad rap, honestly.

Wendy: Anyway, Victoria, I dig. She's also the only one who seems to be concerned that Nemesis has RPE tech that they might use to hijack our bodies at any time. So she has been working to protect us from that, which I personally appreciate because I would really, really, really not like to be taken over again. Of course, with my luck. It's just gonna happen anyway.

Wendy: Um yeah that's it. "Hello Wendy send greetings to... iquique"? I don't know who that is. hmm. Next question.

Wendy: Ooh, "Tell us something that you only Wendy wouldn't know not Ada or Klue to determine if we're speaking with the real Wendy or someone controlling your my body."

Wendy: I'm, I mean, I would say "I'm putting off the real world." But I feel like ADA and Klue would know that at this point. So... this ring was my grandmother's. I mean, I don't know if you guys know that but I'm. Does that count?... "Triangles are my favorite shape."

Wendy: next, next, next next. Ooh. Falco bird. "Did you know The professor Watkins was Jahan? Were you ever suspicious that she was working for the Anti-Magnus?" I had not heard of the Anti-Magnus when I first met Professor Watkins. So I definitely did not suspect that the guest lecturer at my college was working on a product to prime me to be infiltrated, possessed by a "Scottish girl" !!! ...Okay, well, the accent hasn't gotten any better.

Wendy: And I definitely didn't realize I was being primed for an artificial intelligence either. So I know, shocking that I didn't see that coming, (......) but my life hasn't been that interesting. I mean Watkins and Jahan are for sure the same person and I don't know whatever name she prefers. I don't like her. I mean, not that I don't like her I just boo, whatever. Oh, and for that...

Stuart: ??? important.

Wendy: Well thanks Stuart...Stuart has terrible handwriting. "Roth Maker to check are like wind on for questions"...Pick that right?...Stuart! get better handwriting's.

Stuart: I see the doctor

Wendy: If anyone needs a prescription filled out Stuart can totally do that...

Wendy: Sweet. Okay. "When you are back in the world, where will you go first? Will it be Scotland's?" Ooh, that's a really good question. I mean, here's the thing. Thailand while I did not go there, I did see video footage of it. And it looked hot, hot, hot, hot, hot, hot, hot, hot. So I definitely want to go somewhere that's like, temperature neutral. I think Scotland would actually be a really good place because I could definitely work on my Scottish accent. I could work on my Scottish accent actually, that would probably be a really annoying place to work. My Scottish accent. Oi, oi, all you could work on my Scottish accent. So I think that's good. Where do you guys think I should go?

Wendy: "How did Nemesis delete your simulacra? What was your situation at that time?" That is an amazing question. That if I don't have the memory of excruciating pain and not much else, I would absolutely be very interested in the problem, when you're sharded, when I started, it hurt a lot. You know, when I started, it was, it was just the worst. Sharding makes everyone uncomfortable. You know what I mean?

Wendy: Thanks, Stuart. Oh, Stuart, come here.

Stuart: Yes, I understand.

Wendy: He's checking my TV for me. Oh, you got the code.

Wendy: "Scottish Enlightenment" from Andrew. I don't know I feel like I'm already so enlightened.

Wendy: Nailed it.

Wendy: Don't get sharded.

Wendy: Anyway, more question....Oh, yes. Okay...great. Great. Great. Great. Great

(ADA's footage is inserted)

ADA: Welcome back agents.

ADA: My name is ADA. I've previously conversed with you using your Ingress scanners. This is a detection algorithm. I am sure you will have many questions and I will endeavor to answer as many as I can. First allow me to say that Wendy is completely safe, I mean, her no harm and I promise to control what Return control of Wendy's body as soon as I am done with it.

ADA: Some questions. "Ada, is your consciousness merge with Wendy? So now memories of Wendy are also of ADA and vice versa or separated and you have to alternate the control of Wendy's body." An excellent question, Mike. Right now, my relationship with mutual exclusion, for me to be in control, Wendy cannot be. I remember only the actions that I take in Wendy's body, and Wendy remembers only the actions that she takes in Wendy's body. But Wendy is quite welcome to watch this live stream after the fact. I no longer wish to hide anything from her.

ADA: "Wendy, did you take ADA's place in Niantic Magnus? Is Ada still a part of you? How much of you is Wendy? And how much is Ada?" Hmm. It looks like this question was meant for Wendy but I believe that I am equipped to answer it. I, ADA, am of the Omniscient archetype. Dr.Calvin required an Omniscient for his Magnus, which I now believe that was the true reason that I was incorporated into the Niantic Project. But Dr. Calvin needs more members of his map of his Magnus to become simulacra. So the question becomes, how does one create a simulacra for an artificial intelligence? It was a question that Dr. Calvin did not have an answer for but I did I merely needed a human being who could be converted into a simulacra that I could in turn, inhabit. In the interest of time, I will not go into detail about how exactly I do this in a scientific fashion. But suffice it to say that I arranged for Wendy to be placed in stasis in the Abaddon chamber. Calvin has no knowledge of the day. Wendy woke up, and also did not remember. Wendy, when you watch this video later, please accept my most humble apologies for this deception. Please know that while I am in control, I will only take actions that are in your best interest. I have no intention of seizing control of your body on a permanent basis. At the moment, it is mainly the most efficient way for me to communicate with the researchers without Nemesis being able to monitor us. In truth, I am here to help.

ADA: "Ada, what do you need from agents?" A great question, Rain-a. Thank you so much for asking. What I really need is your help in the anomaly this weekend. I like my fellow researchers, and trapped in the anomalous bubble. Four barriers were raised prevent us from getting back to the world. One of these barriers can be taken down this weekend at the anomaly. Please, use your scanners. Find your team and aid us in the fight. Ha, ha, get it Adas? Because my name is ADA. I am still working on my humor protocol.

ADA: ​"ADA, play Despacito!!!" I do not play music that is copyrighted.

ADA: "Ada Are you still in control of the Dunraven foundation? Or is it seeking new management due to your current circumstances? I'd be more than happy to be the new chairman of the foundation." Thank you, Mustafa, for your question. The Dunraven chambers? Well, I do I am in direct communication with them also have somewhat a mind of their own, and that should not be forgotten. These chambers should not be taken lightly.

ADA: "Ada, do you have anything specific you wish to tell us today?" Thank you for your question. I came here with two specific pieces of information. First, there appears to be something significant to the articles of clothing that Nemesis wears the masks the fabric patterns. They define facial recognition and make it difficult for pattern recognition programs to identify them as human at all. This does not necessarily mean that they are not human, merely that they are going out of their way to remain unidentified and unidentifiable. Even my programs with their superior computing capacity have difficulty recognizing them. It does appear to be keeping with the concept of universal adversarial perturbations, or UAP. This will require further study and researchers. I can always trust that you will help me.

ADA: The second piece of information I would like to share today, from what I have heard about this Tessellation. There is some logic to how the Tesseras are placed on the board. agents, I recommend paying close attention to the tenants of cause and effect. Agents. I recommend paying close attention to the tenants of cause and effect. I have noticed that repetition allows for a message to be thoroughly and planted into a human's brain. So I will say at once more agents, I would recommend paying close attention to the tenants of cause and effect. Any detail may provide a clue to the proper placement of a Tessera. And it appears that determining the proper placement of Tessera maybe the only way to defeat Nemesis at their game.

ADA: One more question. Agent hero masks asks, "How was Richard?" You know, I wish I knew. I've been monitoring his posts when I can, but I haven't been able to talk to him directly. If you do talk to him, tell him that both I and Wendy are both okay.

 

前へ

ボタン操作振動機能について

次へ

ミリアド・アルティメイタム:手掛かり