UIアップデート2

ec08752e-2030-4c26-ab0f-5532bccf3b74.jpgNianticJP Official
2019/09/25 03:12(Forum)
エージェントの皆さん、
UIがバージョン2にアップデートされました。

Primeをより使いやすくするための取り組みは続いており、このバージョン2.31.2ではより進化したスキャナーとゲーム体験を改良しております。

エージェントの皆さんのフィードバックは、Primeの将来のためにとても大切なものです。

UIのバージョン2では、UIとUXを改良し、重要なパリティ機能を実装しました。ここでの「パリティ機能」とは、[REDACTED]での機能をPrimeで相互互換性を持たせたものを指します。

また、エージェントの皆さんにとって効果的であると思われる、新しい追加機能もあります。

マップでは、ハックをした際のアイテム出現アニメーションと画面を調整しました。

アニメーションを画面の左側に表示されるようにし、獲得したアイテムの一覧を画面上部に表示されるようにすることで継続してプレイをしやすくしました。

さらに、ハック後にアイテムが出現している状態でもポータルの詳細を直接見れるようになりました。

重要なパリティ機能として、ハックボタンを長押しすることで動きながらのゲームプレイを助ける、というものがあります。

エージェントの皆さんは、ハックボタンを長押しすることで、キーを受け取るかどうか選択することが出来るようになります。

また、メインメニューのボタンを押したときに現れるアニメーションを改良しました。

メインメニューボタンを長押しすると、3つのよく使われるメニューのアイコンが現れます。

これにより、マップから離れることなく操作ができるようになります。上にattack、左にinventory、右にcommsボタンが現れます。

Tips:メインメニューボタンの小さな点は、長押しでアイコンが現れることを示します。 ポータルの詳細ビューで、Deploy, Hack, Charge ボタンを長押ししてからスワイプすることもできます。

Inventoryでは、インベントリーアイテムまたは「XMオブジェクト」の色はXMを反映するように表示され、ほとんどのアイテムでアイテムレベルと色がより見やすくなりました。

これにより、エージェントは一目でアイテムをより簡単に識別しやすくなります。

さらに、複数のアイテムを同時にリサイクルすることができるようになり、アイテム詳細から違うカテゴリのアイテムにスワイプでアクセスできるようになりました。

これにより、それぞれのカテゴリのアイテムを任意の量で同時に選択しリサイクルできるようになり、インベントリーの管理がしやすくなります。

これらの変更に伴い、グリフハックは読みやすくなるように改良され、タイミングの調整によってグリフハックがしやすくなっています。

現在のAPの状況をより正確に反映するために、ヘッダーが改良され、デバイスの上部に水平に表示されるようになりました。

ミッションのUIは明確さを向上させるために改良され、リストの並べ替えが修正されました。 ポータルインタラクション内のキーアイコンは、キーの詳細へのショートカットとして機能するようになり、キー管理を高速化できます。

最後に、タップフィードバックの実装により、スキャナーと対話する際の応答が追加されます。

プライムスキャナーへのこれらの新しい追加があなたに役立つことを願っています。

INGRESSチーム

7ab0153b-9d2c-423a-b1ab-d6669775eaa7.jpg32cd59ab-dfb7-4700-909c-c804825a7d34.jpg106a0488-d4f5-45ad-825e-e163a65dc3d7.jpgbfbbcb78-b475-474c-a387-404ef8093ff1.jpg33d21678-7645-4e3f-abe2-564e7345730f.jpg70432f78-6400-4f35-ba7e-f55d1abe6350.jpg

NianticOfficial
2019/09/25 03:31(Forum)
Ingress Insights: UI Pass 2
Agents,

It's time for UI Update 2! Our continued efforts to enhance Prime have been ongoing, and in 2.31.2, we focused on delivering a more advanced scanner and improved play experience for all. Agent feedback is invaluable, and plays a critical role in the decisions we make for the future of Prime. With UI Update 2, we continued to improve UI and UX interactions, and put in place key parity features. There are also some new additions agents should find effective in the field.

Starting on the map, we made adjustments to the hack output item animations and windows. Moving animations to the left side of the screen and windows above the action circle opens up important map real estate for continued play. Additionally, tapping a portal now opens the portal detail view directly, even if there are hack output windows open on the map.

A key parity feature that aids in on-the-move gameplay is long-press hacking on the map. Agents can now long-press a portal and swipe to hack with or without a key. No need to enter the portal detail view if you want to grab some gear on the go.

We have also added animations to better explain swipe actions one can make on the main menu button. A long-press on the main menu button expands to three primary buttons usually seen inside the main menu. This allows for quick swipe gestures without having to leave the map. Swipe up for the attack carousel, left for inventory, or right for comm.

Protip: The small dots on the main menu button indicate that long-press actions are available. On the portal detail view, agents can also long-press the swipe the Deploy, Hack, and Charge buttons.

Moving on to the inventory carousel, it appears as though Ingress items may have been affected by dark matter or some as-yet undiscovered ordered data. The base color of inventory items or "XM objects" has shifted to mirror the XM hue, and item level and rarity colors should now be more visible for most items. This should help agents more easily identify items at a glance.

Additionally, we have added multi-item recycling and agents can now swipe to different categories within item detail view. This allows players to add specific quantities of items from each item category to their recycle total, helping to speed up inventory management.

Accompanying the modifications above, glyph hacking has been refined to address readability issues, along with timing adjustments that really make this interaction snappy. The agent header has been updated to more accurately reflect progress on your current AP, which is now horizontally displayed at the top of your device. Mission UI has been polished for improved clarity, and list sorting has been fixed. The key icon within portal interaction now acts as a shortcut to key detail allowing faster key management. Finally, the implementation of tap feedback adds a crucial layer of response when interacting with the scanner.

We hope these new additions to the Prime scanner will serve you well.

The Ingress Team

前へ

アヴニール:第3次シャード群顕現

次へ

アヴニール:第34ジャンプ