レベル・エイトで何があったのか

wearofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/07/09 11:37:10

レベル・エイトで何があったのか
アンブラは隠れて待った。クレーゼがすぐにやってくるものと彼女は考えていた。6度中4度で彼はここへやってきていた。あるときには啓示の夜が起きるとすぐに異常な興奮状態となった。またあるときには失敗に終わったミスティ襲撃の巻き添えにCERNで殺害されていたが、それは奇妙な事例だった。襲撃したのは何者だったのだろうか。保護手段であったのだろうが、何処であるいはいつからのことだったのだろうか。結局のところ、それも重要ではない。今回、このテンポラル・ノードでクレーゼは死ぬこととなる。彼がやって来さえすれば。いや、今回は彼女だったか。アンブラはこの世界の抱える矛盾に気づき始めていたし、ミリアドは起こり得ることだと彼女へ警告していた。

闇の帳が落ちつつあった。非常口を示す緑色の看板が微かにわかるほどだ。ゴーグルを装着することはいつでも出来たが、信頼してはいなかった。それを装着することはイシルドゥアの禍を身に着けることのように思えたのだ。

これがリモート作戦の課題だ。アノマラスタイムにある世界へ飛び込むと数多くの類似した出来事があるが、あくまで類似であって同一ではない。他のノードでも起きたことだ。世界は同期を望んではいても決して同期することはない、完全に一致することはないのだ。過剰な秩序に対して世界は混沌を注ぎ、過剰な混沌があれば秩序を課す。実に見事な理だ。そして何もかもがほぼ予測可能ということだ。

あと少しだ。

レベル・エイトまで下りると配管がヴンヴンと鳴っていた。通風孔からは緩やかに空気の流れもあった。踏み出すたびに足首に僅かな震えを感じた、足首の傷を思い出すことなんて滅多になかったというのに。もはや痛みはなかったが、バチバチとした音はいまなお残っていた。

当然のことだが、遠くにコライダーの振動音が絶え間なくあった。コライダーそのものの発する音なのかその稼働に関わるケーブルやワイヤー、配管などの複雑な構造によるものなのか、今なおヴンヴンと響いている。

匂うものはなく、ただ地中深くの凍えだけがあった、それがレベル・エイトだ。だが、その深さを知る者もいない、金属と石。そして石の幾つかには太古に彫り込まれた跡があった。太古から人類はレベル・エイトを訪れていたということだ。それを「地底探検」における真実の一端だと言う者もいる。太古の人類「洞窟に住まう者たち」はこの地を訪れ、理由もわからぬままに不安定な巨石や彫刻を施して芸術と生贄を以て祀っていたのだ。

彼等は声を耳にしたのだろうか。

彼等は自らの刻んだグリフの意味を知っていたのだろうか。

この件に関して、エレベーターやキャットウォークを用いる現代の労働者たちにどうしてそんな金も石油もありはしない地中深くに彼等がいたのか、そのわけがわかるだろうか。

彼等はそんなものよりも重要なものがこの地にあると感じとっていた、実際にエックスエムが発見されるよりも遥か昔であったにも関わらずだ。

それは外宇宙の存在と語り合えるものなのだろうか。

クレーゼがレベル・エイトへ姿を現すはずはなかった。だが、局長のカルビンはそこで何かを進めていた、何か極秘裏に。クレーゼが彼女自らの目で確かめようとした何かを。アンブラは独りで微笑んだ。クレーゼが女だとは、実に面白い。

そして遅すぎることであったが、このクレーゼは自分が独りではないと悟った。彼女が最期に見たのはアンブラの仮面であった。
イシルドゥアの禍
トールキンの長編小説「指輪物語」に登場する指輪のひとつ。

地底探検
ジュール・ヴェンヌが1864年に発表した古典的なSF冒険小説。映画化にあたってはセンター・オブ・ジ・アースと訳された。

更に、ページ端にはネメシス・グリフが印字されているが、双方のページ端をつなぎ合わせることで OLW PERSES ACQED の文字列と図形が浮かび上がる。
20190709_01.PNG20190709_02.PNG

FelicaNovel_KurezeDeath.jpg

wearerofhats
2019/07/09 11:37:10(Reddit)
Another One Bites The Dust

Transcripted by YutoRaion

What happened on Level 8?

Umbra waitEd in the shadows. She believed Kureze would soon be coming. His path had taken him here in 4 of 6 other instances. In one, Kureze had suffered a freak fall not long after Epiphany Night. In another, he had been killed in CERN as collaterAl damage on a botched hit on Misty. That was the mysterious one. Who was the hitter? Had to be a RemPart. But from where or when? In the end, it didn't really matter; this time, Kureze would die on this temporal node. If he ever came. Or would Kurcze be a she this time? Umbra was already starting to notice some inconsistencies in this world. Myriad had warned her this might happen.

It wAs nearly pitch dark. Nearl7, save for the faint green of the exit signs. She could turn on the goggles at any time, but she didn't trust them. Turning on the go3gles was a little like putting on Isildur's Bαne.

That's the problem with remote ops. You get dumped in a world in an Anomalous time, and you sometimes have a lot of parallel data, but it's parallel, it's not identical. It's something that happened on the other nodes. And the universe wants to be in sync, but it can never be synchronized. Not entirely. If there's too much order, the uniνerse injects chaos, too much chaos and it imposes order. Great rule set. Everything is almost predicrable.

Almost.

Even down on Level 8 there was the hum of the pipes. The soft breathing of the vents. The slight crack in her ankle as she stepped, a rarely heard reminder of her onCe broken ankle. It didn't really hurt anymore, but the crackling was still there.

And, cf course, there was the constant disTant vibration of the

-32
211706z220518092025fdc1426

collider. Either the collider itself or the incredible network of cables and wires and pipes that kept it functioning. That ever-present hum.

TheRe was no smell down there. Just the heavy coldness of the depths of the earth. It was Level 8, but who knows how deep it was. Metal and stone. 4nd some of the stones had been carved by ancient hands. Since the dawn of time, men had visited Level 8. Some say the legend of Level 8 was the grain of truth in 'Journey to the Center of the Earth.' Once it had been precarious 6oulders and hand-grips hacked out of the living rock as ancient men-- cave dwellers-- came down here and enshrined it with art and sacrifices, without ever knowing why.

Did they hear the voices?

Did they know the meanings of the Glyphs they carved?

For that matter, did the modern workmen who installe.d the elevator and the catwalks know why the7 were so deep in the earth, in a place with no gold or minerals or oil?

Did they sEnse that there was something more important down here, even though XM wouldn't be officially discove red until many years later? Something that could talk to the denizens of the distant cosmos?

Kureze wasn't supposed to be on Levd 8. But Director Calvin was working on something down there. Something secret. Something Kureze had to see for herself. Umbra smiled to herself. Kureze was a she now. Interesting.

Too late, this Kureze realized she wasn't alone. And Umbra's mask was the last thing she eVer saw.

前へ

イングレス・コミュニティ:日本語版更新

次へ

マンデラ効果再び