アバドンプライム:カルビンとハンクを探せ

シカゴで発生するアバドンプライム・アノマリーを前に現地へ姿を現すとされてきた国家情報局長エゼキエル・カルビンとハンク・プライムを探すよう指示するカードが配付されていることが、現地調査員の報告で明らかとなった。

下部に記載された文字列は、キャリーが「グリフ制御言語」と、ライトマンが「ネメシス・グリフ」と呼んだもので、これまでに判明している文字対応からそれぞれ「EZEKIEL CALVIN」「DR.HANK JOHNSON」と書いてあることがわかる。ハンクは考古学を専攻していたはずだが、ハンク・プライムが博士号取得している事実はここで初めて明らかとなった。
photo5998825121072131802.jpgphoto5136368509482280988.jpgphoto5136554030594631771.jpg

SachielOne
2019/05/25 06:56:55(Telegram)
photo5136554030594631771.jpg
2019/05/25 07:06:39(Telegram)
photo5136368509482280988.jpg

Martin "Gargish" Brenner
2019/05/25 07:10:12(Telegram)
photo5998825121072131802.jpg

前へ

オペレーション・コーラン:トレイラー

次へ

ハンク・プライムの手記