アバドンプライム:アムステルダム文書

アバドンプライム・アノマリーの発生するオランダのアムステルダムにおいて、新たな文書がポータルネットワークを通じて入手された。
アムステルダム文書

文書番号:XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
機密事項 // ナイアンティック


宛先:エゼキエル・カルビン
機密 // 確実な処分限定 // 緊急
配付:転写
優先度:高


---
場所:ジュネーブ / ナイアンティック研究施設 / 執務室 / LIGSTE 中央ヨーロッパ夏時間11時05分
参加者:エゼキエル・カルビン博士
ステイン・ライトマン
---
カルビン:ダンレイブンの映像は観たか?
ライトマン:ええ、クレーゼが知らせてくれましたよ。実に面白い。
カルビン:私は「不快だ」と言うつもりでいたのだがね。エイダとクルーは哀れな少女を苦悩させている、誰かの身体を強制的に奪う力なんてあってはならないものだ。
ライトマン:確かにあなたの言う通りでしょうが、既に放たれてしまった精霊を元に戻せるものなのでしょうかね。
カルビン:代替手段さえあれば、リモート・パーティシペーション技術の濫用は控えられるんだろうがな。
ライトマン:何をおっしゃりたいのですか?
カルビン:リカージョンが起きれば新たなシミュラクラが遺体のそばで生成されるものだが、もしもそれを変えることができたならどうするかね?その仕組みを侵してシミュラクラの生成場所を細かく指定できたならね。
ライトマン:世界の何処でもシミュラクラを生成できますね!
カルビン:より広く捉えたまえよ、ライトマン君。
ライトマン:確かにそのとおりですね、それが叶えば我々はマルチバースの如何なる世界でもシミュラクラを生成させることができることになるわけですね。
カルビン:無関係な市民へ量子転送させることなく他の世界へ赴けるようになるだろう。
ライトマン:我々のリモート・パーティシペーションに関わる諜報員たちに仮初の現身を生成させることとなるでしょうね、それ自身に自我のない肉体を。
カルビン:必要に応じて存在する器だな、せねばならぬことを為すためのな。
ライトマン:実に素晴らしいものかと。
カルビン:私だってやるときにはやるのさ。実現できるか?
ライトマン:ただちに取り掛かりましょう。
カルビン:緊急を要すものだ。
ライトマン:何をお急ぎで?
カルビン:待ちたまえ、ライトマン博士では権限を超えるものだ。だが、議論せねばならぬこともある。今回のことを終えたら、レベル・エイトに関して問うがいいさ。
ライトマン:レベル・エイトとは?
カルビン:これを終えたらだよ、ライトマン君。先には有り得ぬことだ。
---
再配付禁止 / 機密 / 確実な処分
---


:終了

ABD_ts_JR_w02_new.jpg

Tobias Hengst
2019/05/11 18:02:55(Telegram)
LINK

wearerofhats
2019/05/31 10:22:20(Reddit)
Calvin's Ultimate Goal?

wearerofhats
2019/06/14 01:34:56(Reddit)
All-New Remote Participation Experience

Transcripted by MailEater
LOG ID: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
TS // NIANTIC
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ATTENTION CALVIN, EZEKIEL
TS // SECURE SHRED ONLY // URGENT
DISTRIBUTION: TRANSCRIPT
PRIORITY: HIGH
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  1. ---
  2. LOC: GEN / NPLABS / OFFICE / LIGSTE @ 1105 CEST
  3. PRESENT: DR. CALVIN, EZEKIEL
  4. STEIN, LIGHTMAN
  5. ---
  6. CALVIN: Have you been watching the Dunraven videos?
  7. LIGHTMAN: Yeah, Kureze clued me in. It's pretty exciting stuff.
  8. CALVIN: I was going to say 'disgusting.' ADA and Klue are torturing that poor
  9. girl. No one should have the power to forcibly hijack another person's body.
  10. LIGHTMAN: I agree with you in principal, but I'm not sure we can put the genie
  11. back in the bottle.
  12. CALVIN: Maybe people will stop abusing Remote Participation tech if we give them
  13. a viable alternative.
  14. LIGHTMAN: I'm listening.
  15. CALVIN: Usually, after Recursion, a new Simulacrum forms at the location of its
  16. original human body. Well, what if we could change that? What if we could hack
  17. into the substrate and tell it exactly where we want a Simulacrum to spawn?
  18. LIGHTMAN: Then we could generate a Simulacrum anywhere in the world!
  19. CALVIN: Think bigger, Lightman.
  20. LIGHTMAN: No, you're right... We crack this, we could theoretically generate a
  21. Simulacrum on any world in the multiverse.
  22. CALVIN: It would let us visit other worlds without quantum leaping into some un-
  23. suspecting civilian.
  24. LIGHTMAN: It would create a temporary, expendable avatar for our RPE agents. A
  25. body with no consciousness of its own...
  26. CALVIN: A vessel that exists only as long as we need it. To let our people do
  27. what they have to.
  28. LIGHTMAN: Sir, that's brilliant.
  29. CALVIN: I have my moments. Can it be done?
  30. LIGHTMAN: I'll get to work on it right away.
  31. CALVIN: I need it yesterday.
  32. LIGHTMAN: What's the hurry?
  33. CALVIN: That. Dr. Lightman, is above your pay grade. But there is a discussion
  34. we need to have. When you're done with this assignment, ask me about Level 8.
  35. LIGHTMAN: Level 8, sir?
  36. CALVIN: When you're done, Lightman. Not before.
  37. ---
  38. DO NOT RETRANSMIT / TS / SECURE SHRED
  39. ---

------------------------------------------------
:EOM

前へ

デッドドロップ:アムステルダム(2)

次へ

アバドンプライム:アムステルダム開幕