インテルオプス:任務概要

これは、アバドンプライム・アノマリーの発生する台湾の高雄において、前日2019年05月03日に実施されたインテルオプスで集まったエージェントへ開示された情報となる。
今なお正体定かではない組織がエノク・ダルビーのシミュラクラ生成を阻み、彼をシャードへと変貌させてしまった。

この組織はオペレーション・コーランでもTKO部門のエージェントを操ろうと未知のグリフ制御言語を用いていたようだ。

オペレーション・コーランで活動したエージェントのひとりがキャンベル博士に宛てた証拠品を用意し、ここ高雄のどこかに隠している。

キャンベル博士に協力し、この証拠品の所在を特定してほしい。

c0cf8eee-d826-46e9-812f-8c077b71fd44.jpg0a43a206-bcd2-4fb6-b64f-290daaee33e4.jpg

MarkJairo
2019/05/03 18:59:04(Telegram)
[UPLOADED IMAGE]
2019/05/03 19:07:07(Telegram)
[UPLOADED IMAGE]

Transcript
"a shadowy organization killed off the simulacra process of Enoch Dalby and turned him into shards.

This organization seems to have used an unseen glyph control language to take control of the TKO Agents during operation Ko Lan.

One of the Agents in operation Ko Lan has created a testimonial for Dr. Campbell, and hid it in Kaohsiung.

Find the location of this testimonial for Dr Campbell."

前へ

アバドンプライム:グリフ制御言語(1)

次へ

ステルスオプス:高雄R1-E0