シャード機能の検証

イングレスプライム・スキャナー側には既に組み込まれ、宙に浮かぶシャードを視認することはできるようになっていたが、そのシャードの挙動実験がカリフォルニア州サンフランシスコで遂行された。
a471a1ed-858e-4736-9675-d30d36def610.jpg
Screenshot by RuinDig
サンフランシスコはナイアンティック社のお膝元であり、史上初のシャード争奪戦となったサーティンマグナスにおいてエンライテンドが最終目標地点としたキューピッド・スパンが存在する。

http://ingress.lycaeum.net/assets_c/2018/09/r2kYuN5e_400x400-thumb-50xauto-16212.jpgナイアンティック・サポート
2019/04/11 09:00
イングレス・エージェントの皆さん、シャード機能の同等性を確保すべく開発と検証を進めてきましたが、本日サンフランシスコにおいて実際のサーバー上でその検証を行い、今後実装されるであろうものをお見せいたします。およろこびいただけることを期待しています!

20190411_0900.PNG

Niantic Support
2019/04/11 09:00(Twitter)
Ingress Agents, we have been hard at work on developing and testing the Shards parity feature. We will be testing them on live game servers today in San Francisco, which will give you a sneak peak at things to come. Hope you enjoy!

前へ

ヒキャク小隊とセンタウロ小隊(映像)

次へ

インテルマップへ新たな認証方法を追加(2)