ダーク・エックスエム・シミュラクラ

wearerofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/28 11:06:38

カオティック・マター

ヒューロン・トランスグローバル社
覚書
文書番号:gfj68quanta398zq

機密事項:内部閲覧限定
開示禁止

ファン取締役

ナイアンティック計画に対する昨年からの通信傍受でユーリ・ナガッサ博士によるエックスエムのパターン化に関する仮説を覚えておいででしょうか。指摘すべきことは多いものの、ナガッサは人の全パターンをエックスエム・サブストレートへ格納し得ると結論付けています。コンピュータのバックアップと同様に、このパターン化では、理論上その人物に関する全ての情報を生成された時点で格納できるというものです。その意識や遺伝情報の全ては、リカージョンというプロセスを経て、エックスエムを基盤としたシミュラクラ呼ばれる新たな肉体へ転送されるとのことでした。

マスコミに対する隠蔽工作は行われていますが、ヒューロン社ではナイアンティック計画の元研究員ローランド・ジャービスがチューリッヒの駅で国家情報局の保安部隊によって射殺された事実を把握しています。しかしながら、バルセロナでジャービスの姿が確認されたとの裏づけある報告も挙がっており、どうやら存命のようです。これはパターン化とシミュラクラとしての生まれ変わりが単なる仮説ではなかったことの証左と思われます。ハンク・ジョンソンにもアフガニスタンで死亡したとの噂がありますが、その後彼が再び姿を見せた事実は同様の結論に導くものです。

ここで話は大きく変わりますが、シミュラクラは我々の鼻先にあると思われます。我々がオリバー・リントン=ウルフ博士のスキャナー技術をもとにカオティックマターの検出を成功させたことはご存知でしょう。さて、数日前のことになりますが、そのカオティックマター・スキャナーがスペシャルプロジェクトの主任を務めるクリストファー・ブラントの曝露を検出しました。ブラントが施設内で備蓄されていたカオティックマターを持ち出そうとしていると考え、尤もらしい理由で彼を検査しましたが、カオティックマター結晶体は見つかりませんでした。可能性は残すところ二つあります。ブラントがカオティックマター結晶体を接種したか、スキャナーの検出したカオティックマターがそもそも彼の肉体だったかです。

お聞きいただきたいのですが、これまでの実験と今現在スミスを悩ませている状況からカオティックマターは生体に対してはっきりとした変化をもたらし得ることはわかっています。そうしたことを踏まえれば、カオティックマターがシミュラクラの主成分と見ることはさほど突飛とは思えません。

ヒューロン・トランスグローバル・インダストリー

私の考えが正しければ、ブラントはシミュラクラであり、彼はエックスエムとダーク・エックスエムの研究に関して実際にはより多くを知悉しているということになります。当面は24時間体制で彼を監視下に置くことにしており、危険はともないますが、我々が把握したことを彼に気取られぬ限りは有益な情報を彼から引き出せるやもしれません。もちろん代替案を持ちであれば、それに従う所存ですので、お考えをお待ちいたします。

ああ、僅かながら関連性があるに過ぎないのですが、我々のスキャナーがコーラン周辺にアノマラスゾーン形成の前兆を拾い上げています。スミスを調査へ派遣いたしましょうか?

カセムチャイ・アナタス
ヒューロン・スペシャルプロジェクト部門長
バンコク(タイ)

ヒューロン・トランスグローバル・インダストリー

Chaotic Matter.png

wearerofhats
2019/02/28 11:06:38
Dark XM Simulacra

Chaotic Matter
TRANSCRIPTED BY MailEater
Hulong Transglobal
MEMORANDUM
FILE ID: gfj68quanta398zq

CONFIDENTIAL - INTERNAL ONLY

Director Fan,

Do you remember the Niantic Project intercept from last year, the transcript of Dr. Yuri Nagassa explaining his theory on XM Patterning? The long and the short of it was, Nagassa posited that it might be possible to store a complete Pattern of a person in the XM substrate. Just like a computer backup, this Patterning process would theoretically store everything about a person as of the moment the Pattern was created. Then their consciousness, and all of their genetic details, could be transferred to a new XM-based body called Simulacrum, via a process called Recursion.

Despite the media cover-up, Hulong is aware that former Niantic Project researcher Roland Jarvis was shot and killed by NIA security forces at a train station in Zurich. But we are now getting confirmed reports that Jarvis has been spotted in Barcelona, apparently very much alive. This intel seems to be proof positive that Patterning and reincarnation via Simulacrum is more than just a theory. And rumors about the death of Hank Johnson in Afghanistan and his subsequent reappearance have led us to the same conclusion.

But here's where the story takes a hard left turn: I believe we have a Simulacrum under our very nose. You'll recall we've had some success tweaking Dr. Lynton-Wolfe's scanner technology to detect Chaotic Matter specifically. Well, a few days ago, the Chaotic Matter scanner got a hit off of our Special Projects Lead, Christopher Brandt. At first I thought Brandt might simply be attempting to smuggle a sample from our Chaotic Matter stores out of the facility. But I arranged to have him searched, on another pretext, and we found no Chaotic Matter crystals on his person. This leaves only two possibilities: either Brandt ingested a Chaotic Matter crystal, or the Chaotic Matter that the scanner detected is a part of him.

Bear with me, here: We know, from our own experiments, and from the condition that is currently afflicting Smith, that Chaotic Matter seems to create perceptible changes in biological material. That being the case, I don't think it's too much of a cognitive leap to say that Chaotic Matter may be one of the chief components of Simulacra.

Hulong Transglobal Industries, Corp.

------------------------------------
If I'm right, and Brandt is a Simulacrum, then it would appear he knows more about XM and Dark XM research than he's been letting on. For the time being, I've placed him under 24-hour surveillance. It's a risk, but as long as he doesn't know that we know, he may lead us to something of value. But I will, of course, defer to you, if you have an alternative plan. I'll look forward to hearing your thoughts.

Oh, and this is only tangentially related, but our scanners are picking up precursor readings that may indicate an Anomalous Zone is brewing around Ko Lan island. Do you want us to dispatch Smith to investigate?

Sincerely,
Kasemchai Anatasu
Director of Operations, Hulong Special Projects
Bangkok, Thailand

Hulong Transglobal Industries, Corp.

前へ

ヒューロン・エクスポーズ(2)

次へ

ファーストサタデー Feb-2019 集計結果発表