ヒューロン・エクスポーズ(1)

wearerofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/27 12:56:12
ヒューロン・トランスグローバル社、その名は調査で幾度となく繰り返し登場してきたわけだが、日増しにその関わりは強まっているように思える。

本日はグローバル・データ・アナリシス・グループの作成したヒューロンの企業情報を紹介しよう。これは1年ほど前に公開された情報だが、今なお非常に優れた概説となっているよ。善悪にとらわれぬ民間企業、そのとおり。組織犯罪による資金調達、そのとおり。ストラテジック・エクスプロレーションズの私軍による支援、そのとおり。だが、今ではグローバル・データ・アナリシス・グループの把握していた以上のことがわかっているね。

まず、この「ヒューロン博士」が今なお健在なのかは明らかとなっていないし、そもそも彼が実在の人物だったかも明らかとはなっていない。ヒューロン社の取締役がキャサリン・ファンという女性だと示唆する文書は手に入れているが、啓示の夜の惨劇後に国家情報局長ユェン・ニィがヒューロンへ移籍したとも囁かれている。彼女自らの意思でそうしたのかもしれない、あるいは爆発事故の責を負ってのことだったのかもしれない。判断しがたいが、いずれにせよ事実であれば、エゼキエル・カルビンが国家情報局で頂点に昇りつめることに賭けようじゃないか。

どうして今になってヒューロンかと言えば、そうだね、その民間軍事業者たるストラテジック・エクスプロレーションズは幾度とハンク・ジョンソンの殺害を目論んできた。かつてはコンゴで、今年1月にアフガニスタンでリカージョンしてからも数度にわたってね。ストラテジック・エクスプロレーションズ屈指の傭兵であるアントワーヌ・スミスが問題となってくるだろうね。私がここで言ったことを良く覚えておいてくれ。

だが、トゥルースシーカー諸君、ここでご覧いただいた以外にも数多くのことがある。明日の更新ではそこを掘り下げて考えていくとしよう。確かにヒューロンはエックスエム研究に関わっているが、我々がほとんど挙げてない別の物質も並行して研究を進めている、ダーク・エックスエムだ。

20190227_125612.PNG

wearerofhats
2019/02/27 12:56:12
Hulong Expose - Part 1
Hulong Transglobal. That name's been popping up again and again in the Investigation... and I get the feeling they're just going to get more relevant as time goes on.

Today, I'm sharing a profile of Hulong prepared by the Global Data Analysis Group. This was put out a year or so back, mind you, but it's still a pretty good overview. Amoral corporation, check. Funded by organized crime, check. Backed by their own private army in Strategic Explorations, check. But we know more now than the GDAG knew then...

For starters, it's unclear now whether this so-called "Dr. Hulong" is still around, or if he ever existed in the first place. I've received some correspondence suggesting that the Director of Hulong is a woman named Catherine Fan. But I've also been hearing whispers that, after the Epiphany Night debacle, NIA Director Yuen Ni left the organization and migrated to Hulong. Maybe she did so on her own recognizance, maybe she was bounced out as a scapegoat for the explosion. Hard to know. But if any of this is true, I'd lay even money on Ezekiel Calvin ascending to that top seat at the NIA.

Why is Hulong relevant right now? Well, their PMC Strategic Explorations has tried to kill Hank Johnson numerous times: once in the Congo, and several times since he Recursed in Afghanistan in January. Antoine Smith, Strategic Explorations' top merc, is going to be a problem. Mark my words on that.

But there's a lot more than meets the eye here, truthseekers. I'll delve into that in tomorrow's update. Hulong is involved in XM research, to be sure. But they're also involved in parallel research into a different substance we've barely touched on yet... Dark XM.

- PAC

前へ

タップの曖昧さ回避機能について

次へ

ヒューロンのプロフィール