ダルサナへ至るまで(2)

wearerofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/21 04:13:26

科目名:人類学と神秘主義(選択科目)
科目番号:A-PH-10025

(00:05:30.20)
別の文化概念も存在する。これはアナズクテックに固有のものではないが、最先端技術を発展させたかつての傾向に合致している。これがダルサナ・ポイントの知的探究だ。

(00:06:05.05)
ダルサナ・ポイントとは、世界の本質に関する人類の知識が後戻りのできない限界点に達する段階のことだ。ダルサナ・ポイントで科学発展は世界の根底にあるその本質発見が不可避なものとなるだろう。そして今、我々の社会は古代アナズクテックの理想を突き進んでいる。現実に対する認識や人の在り方というものにまで我々の世界への理解は及ぼうとしているわけだ。

(00:07:05.10)
物質とは大半が何もないことは既にわかっている。原子核とそれを取り囲み「サイズ」を定義する電子雲との距離は原子核半径のおよそ6万倍に達しているのだ。我々はほとんど何もないところから創り出されているのであり、更に言えば、原子核で陽子と中性子を構成するクォーク、レプトン、ボソンといった素粒子は「固体」ではなく、振動エネルギーといってよい。私の知る限りでは、世界そのものがチェロの弦を弾いた響きの如く刹那なものであると、ようやく理解しようとしている。

(00:08:00.67)
アインシュタインの一般相対性理論と次元として時間の本質は意味するものは、我々の自由意思に根底的な疑問が横たわります。我々自身もまた、世界の数学的規則にもとづいてエネルギーと素粒子とが連鎖して起こる事象の不可避な帰結なのかもしれない。あるいはアナズクテックの考えたように幾つものエクソジェナス・インテリジェンスによる気まぐれに過ぎないのかもしれない。

(00:08:30.17)
世界構造の連なりとして過去と未来とは存在し、時間に対する我々の認識は刹那なものに過ぎない。だが、ある意味では全てがそこに存在しているのであり、それには未来もが含まれている。

(00:08:40.95)
我々はパターンの酷似した「並列世界」の存在の証明に迫っているが、我々に観測できる世界でわかるものとの僅かな違いは時空の別部分、DNAのバリエーションである君たちの別存在にあり、考え得るあらゆるバリエーションが時空に散らばってい可能性がある。

(00:09:12.33)
時空の素粒子特性を探る科学者が我々の世界構造はスムーズなものではなく量子化されていることを示すパターンを検出した。これはコンピュータ画面におけるピクセルのように別々に構成されているということだね。そうであれば、世界とシミュレーションとに類似性を感じるし、我々の世界がシミュレーションの産物であるかとの疑問を投げ掛けるものだね。

(00:09:35.82)
望遠鏡や電波望遠鏡で収集された外宇宙の膨大なデータやスーパーコライダーといった内宇宙の膨大なデータの分析を担う計算力は急激に発展していっている。増加の一途を辿るデータの解析に人工知能は我々の力を大幅に高めるだろうけど、これは今までに挙げた幾つかの疑問に対する回答となるかもしれないね。

(00:10:18.44)
要するに、我々は百年前には考え及びもしなかった方法で世界を知ろうとしている。そうすることで、我々を人間たらしめている心理学的、哲学的基盤の根底を覆すことになるかもしれない。我々は世界を管理できるようになるかもしれないが、そこには代償もある。その知識は人類として生きて努力する意欲を奪ってしまうのだろうか。果たしてその理解の頂点に達したとき、我々はこの世界にどのような喜びを得るのだろうか。これらは、その知識獲得の不可避となるとき、ダルサナ・ポイントを超えるであろうときに達するとの見通しによって挙がった疑問だ。そしてこれは古代アナズクテックが着実に突き進んでいたにも関わらず急転したことへの疑問でもあった。アナズクテックに何が起きたのか、その理由は何だったのか、それが私の死ぬ前に知りたいことだよ。我々の文明の命運はそこに掛かっているのかもしれない。

ダルサナに至るまで~アナズクテック族の失われた歴史
2

Anazktec Lecture - Part 2.jpg

wearerofhats
2019/02/21 04:13:26
From Here to Darsana - Part 2

TRANSCRIPTED BY MailEater
Course Name: Electives - Anthropology and Mysticism
Course No: A-PH-10025

(00:05:30.20) And there is another cultural concept, while - perhaps not unique to the Anazketc - is certainly in keeping with their one-time propensity for bleeding edge technological advancement; This is the intellectual pursuit of the Darsana Point.

(00:06:05.05) The Darsana Point is a point in time where humanity's knowledge of the nature of the universe passes a point of no return. At the Darsana Point, the momentum of scientific progress will be such that the discovery of the full underlying nature of the universe is inevitable. And we are right now, as a society, rocketing headfirst towards this ancient Anazktec ideal. We are getting to the point where our understanding of universe is such that our fundamental perceptions of reality and what it means to be human are being turned on their head.

(00:07:05.10) We now know that matter is mostly empty space (the distance between the nucleus of atoms and the electron cloud that surrounds them and defines their 'size' is about 60,000 times the radius of the nucleus). We are made of mostly... nothing. To go even further, the subatomic particles that make up protons and neutrons at the center of atoms (quarks, leptons, bosons and so on) are themselves not 'solid,' but rather vibrating energy. We are at the cusp of understanding that the entire universe as we know it is as ephemeral as a note plucked on the strings of cello.

(00:08:00.67) The full implications of Einstein's theory of general relativity and the nature of time as a dimension raises fundamental questions about our notion of free will. We ourselves may be merely the inevitable consequence of a cascading series of events of energy and particles coming together based on the mathematical rules of our universe. Or, as the Anazktec believed, at the whim of one or more exogenous intelligences.

(00:08:30.17) That past and future exist as a continuum within the fabric of our universe, even though our perception of time is transient and fleeting. But in a sense it's all there, already, the future included.

(00:08:40.95) We are getting close to proving the existence of 'parallel universes,' where patterns very similar but slightly different than those we see in the observable universe around us likely exist in other parts of time and space - an alternative you with a single variation in DNA and in fact all possible variations scattered across time and space.

(00:09:12.33) Some scientists probing the subatomic properties of spacetime itself have detected patterns they believe may indicate that the very fabric of our universe is not smooth but rather quantized - made up of discrete units, like pixels on a computer screen. If so, we see certain similarities in our own efforts to construct worlds and simulations, begging the question of whether our universe is a simulation unto itself.

(00:09:35.82) The computational power at our disposal to analyze vast amounts of data collected by telescopes and radio telescopes about the external universe, and from super colliders and other instruments about the inner universe is growing exponentially. Artificial Intelligences will greatly enhance our ability to find insights in this growing pool of data, which may lead to answers to some of the fundamental questions raised above.

(00:10:18.44) In short, we are getting close to seeing into the universe in a way that was incomprehensible even a hundred years ago. In so doing, we may pierce the veil of our reality in a way that fundamentally shatters the core psychological and philosophical underpinnings that make us human. We may become masters of the universe, but at what cost. Will this knowledge sap our will to live and strive as human beings? What joy will we take in the world once we've achieved that pinacle of understanding? These are the questions that are raised by the prospect of crossing the point in time where the acquisition of this knowledge becomes inevitable - the Darsana Point. And these were the questions towards which the ancient Anazktec were barreling steadily and inescapably... until something got them to turn that car around. It it my intention to learn, before I die, what truly happened to the Anazktec and why. The fate of our own civilization may depend on it.

Transcript: From Here to Darsana: The Lost Chapter of the Anazktec Tribe.
2

前へ

ダルサナ・アノマリー

次へ

ダルサナを迎えたのか?