ヒューロンからの逃走

The_Viator.pngビアトール
2019/02/18 09:12:28
2019年02月14日付
ハンクだ。さて、アフガニスタンの洞窟で目覚め、新たな人生と新たな目的を得たわけだけど、こんな新しい人生なんてさっさと切り上げたいなら、行動を急がなくちゃならなかった。

洞窟を飛び出すと、やってきたヘリコプターのうちの1機が200メートル先に着陸してきたところだった。アメリカンフットボールの競技場二つ分だね。ヘリコプターには「ストラテジック・エクスプロレーションズ」と書かれてあった。ヒューロン・トランスグローバル社に加担する民間軍事請負企業だ。

そして誰か、責任者らしき男が降りてきた。その当時はわからなかったが、後でインターネット検索したところ、男の名はアントワーヌ・スミスだった。シャポーが正しいのであれば、かつてコンゴで僕を殺そうとした男だ。

だけど僕が洞窟を出たあの1月1日、そんなことは何も知ってはいなかったよ。わかったことと言えば、射線上に自動小銃を持った部隊がいたってことくらいだ。僕は慌てて身を隠したよ、そうしなきゃAK-47で肉と内蔵が穿たれるってことがわかってたからね。初めてリカージョンする直前のことは今でも覚えてるんだ。傷みを思い出すことなんて無理だけど、覚えてるんだよ。

僕は走り続けたよ、そしてデジャヴの感覚がつきまとい続けた。どこへ行くべきか、そこに何があるかを知っているかのようにね。自動小銃の火線がすぐそばの土を跳ね上げていた。左手に何か目に入った、隠れることのできる場所だ。だが、誤りだ、僕は有利な立場から状況が見れていない、だけどそれは直感だった。

岩のすぐ先には、どうしてか別の洞窟があると思ったんだ。人の立ち入らない丘にひっそりとある名も無き隠れ場所さ。

10万年にわたってそこにあったし、かつてもそこにあった。「かつて」いつの時代にもね。

まるで洞窟までの道のりにある全ての岩々を知っているかに思えたよ。僕は急いで飛び込んだ。その中には僕を待つ何かがあることがわかってたんだ。

ハンク

20190218_05.png

The_Viator
2019/02/18 09:12:28
Dodging Hulong
2/14/19

Hank here.

So, I woke up in a cave in Afghanistan. New life, new purpose. But if I didn't want this new life to be cut short, I'd have to act fast.

I burst out of the cave and saw that one of the approaching helos had already touched down about 200 meters off. That's two football fields, for Americans. The choppers were marked 'Strategic Explorations.' The private military contractors who work for Hulong Transglobal.

There was something... off... about the man in charge. I didn't recognize him at the time, but I did an internet search afterwards. His name is Antoine Smith. And if P.A. Chapeau is right, Smith tried to kill me once before in the Congo.

But I knew none of this when I exited the cave on January 1st. All I knew was there were teams with automatic weapons on attack vector. I dove for cover. I knew what it felt like to have AK-47 shells pierce your flesh and internal organs. I still remember that from just before my first Recursion. It's almost impossible to remember pain, but I remember that.

I kept running, and that deja-vu sensation persisted. As if I knew where to go and what would be there. Automatic weapons fire chewed up the dirt beside me. I saw something off to my left, a place I could take shelter. Actually, that's wrong, I couldn't see it from that vantage point... it was more like I felt it.

Somehow I knew there was another cave right past those rocks. Just some anonymous nook in the untamable hills. How did I know it was there?

It had been there for 100,000 years. It had been there before. Whenever 'before' was.

It was as if I knew every rock on the route to the cave, like I'd done it before. I dashed in. And I knew there'd be something inside waiting for me...

Hank

前へ

センター・オブ・ザ・ユニバース

次へ

繰り返すデジャヴ