センター・オブ・ザ・ユニバース

The_Viator.pngビアトール
2019/02/18 09:07:10
2019年02月13日付
ハンクだよ、できるうちに投稿しておこう。電波は入るか入らないかわからない状況だし、電源も非常に乏しく、太陽光発電に頼り切っているんだ。かつての僕が太陽光発電するベストを残してくれてラッキーだった、少し好感を持ったよ。

新たなシミュラクラとして出現したときのことを話してたんだったね、洞窟での話に戻るとしようか。

リカージョンした直後は昼寝から目覚めたときみたいな感じで、どこにいるのか、今が何時なのかもわからなかった。僕にとってはまだ2015年だったしね。1331日間が失われていたけど、そのときにはまだ知らなかった。思い出せる最後の出来事は、パシュトゥーン語のしゃがれた声が迫る洞窟内でアズマティとともに最後の戦いに挑んだことだ。幾千もの拳で背を殴られたかのような感覚、シャツが濡れてしまった、血だ、これは僕の血だ、そして何も感じなくなった。

銃創はなく、アズマティの姿もなかった。だけど音がした。覚えのある音、ヘリコプターだ。

僕は洞窟の入口へと走ったよ。空間はグリフに煌めき、太古の絵は変化していった、ほとんどアニメーションのようにね。だがそれも私が目を向けてないときのことで、目の前には決して現れなかった。この地において僕は余所者なんだと感じたよ、逃げ出したかった、そこは死者のための場所だった。

その後起きたことは説明が難しい。あたかも僕の前に広がったかのような洞窟のネットワークを辿るように進んだ。光は射し込んでなかったけど、至るところに浮遊しているかにみえる不自然な緑色の輝きがあった。やがて陽の光を見つけ、僕の進む道を照らし出したんだ。世界は僕のために創り出されたもののように思えたよ。誤解しないで欲しいけど、僕は自分が世界の中心だなんて思っちゃいない。だけど、リカージョンしたその瞬間にはそう感じたんだ。予感やデジャヴといった奇妙な感覚が一気に押し寄せたよ。

あと、私があれを見たときのことでもあるね、岩に赤いマーカーで「ダルサナ・ポイント」と書かれていたんだ。僕の筆跡だったよ。その言葉には聞き覚えがある。ナガッサがアナズクテックに関する講演でそのことに言及していたんだ。それが初めて彼と出逢ったときのことで、ナイアンティック計画でともに仕事するようになる数年前のことだ。だが、ダルサナポイントのことはまた時間をおいて話すことにしよう。僕がどうやって洞窟から無事出ることができたかを伝えておかなきゃならないからね。

ハンク

20190218_04.PNG

The_Viator
2019/02/18 09:07:10
The Center of the Universe
2/13/19

Hank again. Have to send what I can when I can. Signal's sporadic and charge very low, have been fully dependent on solar charging for days now. Lucky old me thought to leave me a solar recharging vest. Small favors.

I was telling you what happened after my new Simulacrum came online. So let's get back to the cave...

The first few moments after I Recursed was like waking up after a nap and not knowing where you were or what time it was. To me, it was 2015 again. 1331 days had been lost, but I didn't know it yet. The last thing I remembered was a last stand with Azmati in the cave... approaching voices in the guttural, knotted language of the Pakhtun. A feeling like being punched in the back with a thousand fists, and a wet feeling in the front of my shirt. Blood. My blood. Then, nothing.

But there was no evidence of my gunshot wounds. And no Azmati. There was a sound, though... a sound I recognized. Helicopters.

I ran to the cave entrance. The room shimmered with Glyphs, and ancient drawings which seemed to change, almost animate... but never in front of my eyes, always when I wasn't looking. I sensed I didn't belong in this place. Wanted to flee. This was a place for the dead.

What happened next is difficult to explain. I began following a cave network that seemed to be opening in front of me. There was no natural light, but there was a slightly unnatural green glow that seemed to hover everywhere... After a while, I spotted some sunlight and let that light my way. It seemed that the universe was creating itself for me. Don't get me wrong, I don't think that I am the center of the universe, but in those moments after Recursing, I felt that I was. I had an odd sense of premonition and deja vu all at the same time.

And that's when I saw it: The words 'Darsana Point' written in red marker on a rock. In my own handwriting. I'd heard this term before. Yuri Nagassa talked about it in a lecture on the Anazktec when I first met him, years before I would work with him on the Niantic Project. But we'll circle back around to the Darsana Point... I still have to tell you how I got out of that cave alive.

Hank

前へ

洞窟での目覚め

次へ

ヒューロンからの逃走