リモート・パーティシペーション・インカージョン

wearerofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/16 07:16:31

保安責任者

報告者:フィリップス
報告先:カルビン
報告種別:内部保安
分類:機密事項 / 緊急事項
文書番号:opx83matter896kc

カルビン主任
あなたへお伝えすべき保安上の脆弱性を特定しました。クレーゼ博士はリモート・パーティシペーション計画の前倒しを求めて来ているのです。プロジェクト・ワラタにおけるライトマンの資料への私に対する閲覧許可を正式に要請しているものとお考えください。クレーゼが言うには、ダンレイブンの映像はライトマンの提唱したリモート・オブザベーション・チェンバーに合致した施設で行われているもののようなのです。いま現在は漏洩経路を調査しているところです。この件についてクレーゼは非常に大胆な仮説を立てていますが、彼から直接説明させましょう。私としてもある程度を理解しているに過ぎないのです。

ただし、こちらは私にも関わることなのですが、ライトマンがパワーキューブ実験の計測値を調べているのですが、驚愕すべき事実を発見したのです。異常値はなく、それでも確かに爆発は起きています。したがって何かがあったわけですが、リントン=ウルフがしたわけでもないようです。クレーゼはこの件を聞くと、実験開始までの数時間にわたる監視映像を確認させるよう求めて来ました。そして彼は驚愕させる映像を見つけ出したのです。それは全ての保安班がそろって40秒間にわたり完全に静止していたことでした。動くこともなく、話すこともなかったのです。その後は再び動き始め、画面外へと消えていき、数時間にわたってどの監視映像にも映り込むものはありませんでした。このようなことが起こり得るのは監視映像が改竄された場合に限られます。関与した諜報員に報告を求めましたが、いずれもその時間の記憶がありませんでした。例外なく誰もがエックスエムに曝露した副作用と考え、ひとりも報告していなかったのです。

ここからは私の見解となりますが、このような振る舞いはリモート・パーティシペーションに矛盾するものでないとクレーゼとライトマンは考えており、クレーゼは啓示の夜に XXXXXXXXXX からのリモート・パーティシペーション・チームがその技術を用いて我々の施設へ潜入し、爆発を引き起こしたとの仮説を立てています。この仮説が正しいのであれば、我々は XXXXXXXXXX からのリモート・パーティシペーション侵入に対して絶えず脆弱なままとなります。この仮説を立ててからというもの、クレーゼはますます妄想的になっていますが、それも当然のことでしょう。彼はリモート・パーティシペーションの侵入から我々の諜報員を保護する技術開発に着手しています。しかしながら、リモート・パーティシペーションがどのように機能するものなのかがわかっていない以上は、その開発も遅れはやむを得ぬことでしょう。それまでは警戒せざるを得ません。我々はパンドラの箱を開いてしまい、誰もが外見とは違う人物である可能性があるのです。我々は警戒が甘かったようですね。

ジェイ・フィリップス

RPE Incursion.jpg

wearerofhats
2019/02/16 07:16:31
RPE Incursion

TRANSCRIPTED BY MailEarter


DIRECTOR OF SECURITY


AGENT/OFFICER: J Phillips
REPORTING TO: E Calvin
REPORT TYPE: Internal Security
CLASSIFICATION: Top Secret / URGENT
TIME: UTC+02:00 15:22:12
LOG ID: opx83matter896kc


Director Calvin,

I've identified a potential security vulnerability I wanted to bring to your attention. Dr.Kureze has been bringing me up to speed on the Remote Participation project. Consider this an official request to get me access to Lightman's Project Waratah files on the subject.

Kureze tells me the Dunraven Project videos appear to take place in a Remote Observation Chamber that matches the specifications of the one Lightman has proposed. I'm looking into the source of the leak presently. Kureze has a pretty wild theory about that. but I'll let him tell it to you. I honestly only kind of understand it.

But here's the part that concerns me... Lightman has been reviewing the readings from Lynton-Wolfe's Power Cube test, and he's found something alarming: there were no irregularities. Obviously there was an explosion, so something happened... but it appears to be nothing Lynton-Wolfe did. When Kureze heard this, he demanded to see security cam footage from the hours leading up to the test. He found a section of footage that raised a few eyebrows: An entire security team stood absolutely still for a period of about 40 seconds. Unmoving, unspeaking. After they started moving again, they wandered out of the shot, and did not appear on any security cam footage for the next several hours. The only way this could have happened is if they somehow spoofed the cameras. I've debriefed the agents in question, and they have no memory of that period of time. To a man, none of them reported it because they thought it was a side effect of XM exposure. But here's my point: Kureze and Lightman suspect this behavior may be consistent with an RPE event. Kureze's theory is that an RPE team from XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX may have used RPE tech to infiltrate our facility on Epiphany Night, and caused the explosion.

If they are correct, then we are constantly vulnerable to RPE incursion from XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX that also have the tech. Since positing this theory, Kureze has become increasingly paranoid. And maybe rightfully so. He's begun work on tech to shield our agents from RPE incursion. But since we don't even really understand how the RPE tech works yet, that work is gonna be slow-going. In the meantime, we'll just have to be vigilant. We've opened a pandora's box here in which it's possible no one is who they appear to be. As if we didn't have enough to worry about.

Jay Phillips

前へ

次元を超えて(7)

次へ

未来へ託すもの