次元を超えて(6)

wearerofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/14 05:39:13
啓示の夜が起き、ナイアンティック計画研究員の多くはより良い環境を求めて去っていった。だが、それでも残り続けた者はいる。スタイン・ライトマンやビクター・クレーゼだ。さて、今週挙げた二人のやりとりをみてほしい。どうやら、エイダのダンレイブン・オブザベーション・チェンバーとは実際にはリモート・オブザベーション・チェンバーだ。

この件は多次元的な部分もあり解き明かせていないことから、少々話題を代えてエイダについて話すとしよう。先のダンレイブン映像で別人のハンクが言ったように、今やエイダは量子コンピュータであって二つの世界で同時に存在する人工知能である。まあ、他世界が我々の世界から時間がずれているとの仮説を受け入れるのであれば、彼等の現在は我々にとって未来となり得るかもしれないことであり、エイダは未来の知識で以て取り組んでいるのかもしれない。これが事実であれば、私に言えるのは、彼女が我々側の存在であってほしいということだ。

そして今日挙げる資料は実際のところ他世界が我々より先んじていることを非常に示唆したものだよ。どうやらスタイン・ライトマンによるリモート・オブザベーション・チェンバーのアイデアは初期段階に過ぎぬもののようだ。したがって、エイダがリモート・パーティシペーション技術を活用するには、相手側もその知識を修得していなければならない。どうやらエイダは未だジーン・ロッデンベリーのプライム・ディレクティブ技術を手にしていない文明に渡さないようにすることにはあまり関心がないようだ。このチェンバーがリモート・パーティシペーションに対する理解を飛躍的に前進させることに期待するものの、いまだ獲得していない科学的発見には常々憂慮しているよ。

我々の世界のローランド・ジャービスも既存のリモート・オブザベーション・チェンバーを手に入れようとしているが、その件については答えも得られている。彼はリモート・パーティシペーション技術を知る別世界のハンク・ジョンソンと連絡を取っているね。

本日の文書では、我々の世界におけるライトマンがリモート・オブザベーション・チェンバーのアイデアをスケッチしたことに言及している。それはエイダやジャービスの保有する部屋と非常に似通っているね。

20190215_02.png

wearerofhats
2019/02/15 06:51:07
Across the Universe - Part 6
Many of the Niantic Project researchers left for greener pastures after Epiphany Night, but a few of them are still there, notably Stein Lightman and Victor Kureze. Well, take a look at a conversation between the two of them from earlier this week. Apparently, ADA's Dunraven Observation Chamber is actually a Remote Observation Chamber.

Let's pivot for a second and talk about ADA, because there's a piece to this multiverse madness that I haven't really unpacked yet. Other Hank said in that most recent Dunraven video that ADA is now a quantum computer, one AI existing simultaneously in two universes. Well, if we accept the theory that the other universe is time-shifted from ours, that their present is our possible future, then ADA may be working with years of future knowledge. If that's true, all I can say is, I really hope she's on our side...

And today's first asset is actually a pretty good indicator that the other universe is ahead of us. Apparently, our Stein Lightman's idea for Remote Observation Chambers is only in its nascent stages. So the only way ADA could have working Remote Participation technology is if she acquired that knowledge on the other side. Seems like ADA's not too concerned with Gene Roddenberry's Prime Directive to keep technology out of the hands of civilizations who aren't supposed to have it yet. One expects these chambers will advance our own understanding of Remote Participation by leaps and bounds... but I always worry about scientific discoveries that haven't been earned.

Our Roland Jarvis also appears to have a working Remote Observation Chamber, but I've got an answer for that one too: He's in contact with the Other Hank Johnson, who we know has access to RPE tech.

In today's transcript, you'll see that Kureze mentions a sketch that our Lightman made of his idea for a Remote Observation Chamber. It looks chillingly similar to the chambers that ADA and Jarvis have, no?

前へ

バレンタインデー

次へ

別世界のライトマン