リモート・パーティシペーション

wearerofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/14 05:42:34

機密事項 // ptw36cooper482vj // NOFORN

内部記録

XXXXXXXXX 局長

ここ最近のリモート・ビューイングにおける実験データは実に素晴らしいものだ。私の取り組んでいる仮説では、被験者たちは「精神」データを収集している。被験者たちはどういうわけか対象の視覚野電気信号を検出し、自らの脳内でその信号を複製することで対象の視ているものをシミュレートしている。それがどのようにして実現しているか正直なところ全く見当もつかないが、リモート・ビューイングで得られた詳細な記録には反論の余地がほとんどないだろう。

明らかなことは、転移の媒介がわかっていないことである。この遠く離れた精神と精神との瞬間転移を何が促進しているのだろうか。だが、被験者たちは単に遠隔対象から情報を引き出しているのみではない。どういうわけか視覚信号と他の感覚との違いを判別し、求める情報のみを分離させることができている。このような脳機能による繊細な判別は現代の神経科学を超えたものだ。最先端のコンピュータであってもできないことだろう。

だが、実現するとしたらだろうか。我々の考えを改竄できるのだろうか。他の人々の考えを我々は改竄できるのだろうか。そして私は実際のブレインバースターにたどり着いた。この技術を使えば、他の人物を効果的に変えることができるだろうか。

神経科学者の中には「アイデンティティ」とは実のところ脳内シナプスの結合パターンに過ぎないと考える者もいる。その接続を完全にマッピングすることが可能であれば、被験者は遠隔で別の人間の脳を再配列させ、実際に別人の精神を自らのそれへ変えることもできるかもしれない。そうなれば、もはや単なるリモート・ビューアではなく、リモート・パーティシパントとなるだろう。

この技術の実用性は際限がない。もっともリモート・パーティシペーションにおける倫理性は全くの別問題だ。私以上に保守的な同僚に言わせれば「マインドコントロール」だという。彼らが同意しないかと言えば私にはわからない。いま少し付け加えるなら、実際にこの倫理性に踏み込むのであれば、長々と墨消ししてくれ。

リモート・パーティシパントには、有害な精神への影響も肉体以外で長期にわたり存在することで考えられる。だが、どのような影響があるかを実証データなしに予測することは不可能だ。

無論、現時点ではどれも思考実験に過ぎない。この技術に取り組むために必要な技術は少なくとも30年は確立しないことだろう。もし確立するのであればだが。だが、私が採用されたのはこういった理由なのだろう。スタイン・ライトマンは論理的結論に至るまで物事を考えるわけでないとは言わないでほしいものだ。

スタイン

Remote Participation.jpg

wearerofhats
2019/02/14 05:42:34
Remote Participation

TRANSCRIPTED BY Wulf Michaelson
TOP SECRET // ptw36cooper482vj // NOFORN

Memorandum INTERNAL

Director [REDACTED],

Our recent experimental data re: Remote Viewing is v. exciting. My working theory is that our subjects are engaged in some manner of "psychic" data collection. They are somehow detecting the electrical signals in the target's visual cortex, and replicating those signals in their own heads to simulate what the target is seeing. I honestly have no earthly idea how this is being achieved, but the level of detail recorded in our Remote Viewing sessions seems all but irrefutable.

Obviously, there's the question of the medium of transference: What is facilitating this instantaneous, mind-to-mind transfer across great distances? But our subjects are doing more than just pulling data from a remote source... they somehow intuitively know the difference between visual signals and other kinds of sensory input, and are able to isolate just the information that they're looking for. That kind of nuanced understanding of cranial function is beyond all current neuroscientific research that I'm aware of. Even our most advanced computers wouldn't

But what if we could? Could we alter the way we think? Could we alter the way other people think? And then I hit on the real brain-buster: Would we be able to use this technology to effectively turn one person into another person?

Some neuroscientists believe that our "identity" is really only a pattern of synaptic connections in our brain. If it were possible to fully map those connections, our subjects might be able to remotely rewire another human brain to, in effect, turn one person's mind into that of their own. At that point, they would be more than just remote viewers... they would be remote participants.

The practical applications of this technology would be almost limitless. Now, the ethics of Remote Participation are another matter altogether. Some of my more reactionary colleagues have gone so far as to call it "mind control"... and I'm not entirely sure I disagree with them. Add a bit more here -- make this a really long redaction like he's really going into the ethics of it.

I would also expect there to be deleterious long-term psychological effects on Remote Participants, from prolonged inhabitation of a physical form other than t But what those effects might be are impossible to predict absent actual field data.

Of course, at the moment, this is all a thought experiment at best. I don't anticipate having the necessary tech to tackle this one for 30 years at least. If ever. But this is why you hired me: Never let it be said that Stein Lightman doesn't think things all the way through to their logical conclusion!

- Stein

前へ

次元を超えて(5)

次へ

アスク・ミー・エニシング:回答