次元を超えて(5)

wearerofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/14 05:39:13
ナイアンティック計画研究員のスタイン・ライトマンが常々自らを先取りしてきた証左が更に必要であれば、今回見つかったプロジェクト・ワラタの報告書はその代表例と言える。

「自らを先取り」するという表現は、時間のずれた別世界から予知的なビジョンを得た世界では、全く異なる意味合いが生まれる。この初期段階にあってライトマンはリモート・パーティシペーション技術に乱用の危険性を警告していたようだが、これは絶え間なき科学の進歩におけるカプセル化である。ようは、ライトマンがそのようなアイデアを得たことでその実現方法を誰かが思いつくことは不可避だったわけだ。

ジュラシックパークのイアン・マルコム博士の金言を思い出したよ。「あんたの科学者たちは、できるかどうかに夢中になりすぎて、すべきかどうかを考えることをやめたんだ」という奴だ。諸君はこう考えることだろうね。「イアン・マルコムは架空の人物だ!」と。それに対してはこう言おう。「まだ気づいていないのか?」とね。我々の知る限り、マルコム博士は非常に現実的であるし、そうでなくとも彼の言ったことが当てはまらないことにはならないさ。

20190214_03.png

wearerofhats
2019/02/14 05:39:13
Across the Universe - Part 5
In case we needed more proof that Niantic Project researcher Stein Lightman has always been ahead of his time, this unearthed Project Waratah report is a prime example.

"Ahead of his time"... that phrase has kind of a whole new meaning in a world of precognitive XM-visions from time-shifted alternate universes. Even at this early stage, Lightman seemed to be wary of the potential misuses of theoretical Remote Participation tech. But this is a good encapsulation of unrelenting scientific progress: Once Lightman had had the idea, it was inevitable that someone was going to figure out how to make it a reality.

I'm reminded here of a pearl of wisdom from Jurassic Park's Dr. Ian Malcolm: "Your scientists were so preoccupied with whether or not they could, they didn't stop to think if they should." I know what you're all thinking: "Ian Malcolm is a fictional character!" And to that I say, "Haven't you been paying attention?" For all we know, there's a world out there were Dr. Malcolm is very real. And even if that isn't the case, it doesn't make what he said any less true.

前へ

リモート・ビューイング

次へ

リモート・パーティシペーション