次元を超えて(4)

wearerofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/14 03:44:01
昨日はエドガー・アラン・ライトが1970年代にプロジェクト・ワラタにおけるエックスエム調査の一環で国家情報局のリモート・ビューイング実験へ参加したことを明かした。まぁ、ナイアンティック計画の元同僚らも数名がワラタには関わっていたがね。特に量子神学者のスタイン・ライトマンがそうだった。本日開示するのは私の資料の中でも奥深くにあったものでワラタの内部報告書になるのだが、リモート・ビューイング実験の調査に役立つもので、ライトマンをリモート・パーティシペーション理論の創始者と挙げている。訊ねられれば、リモート・パーティシペーションこそがイングレス調査の過去・現在・未来に重要な事柄であると考え始めていると答えよう。やがて明らかとなっていくだろう。

20190214_02.png

wearerofhats
2019/02/14 03:44:01
Across the Universe - Part 4
I mentioned yesterday that Edgar Allen Wright was involved in the NIA's Remote Viewing experiments in the 1970s, as part of the early XM research study Project Waratah. Well, a few Niantic Project alums were involved in Waratah as well, notably quantum theologian Stein Lightman. Today's blast from the past comes from deep in my files: an internal Waratah report that sheds some light on these very Remote Viewing experiments, and calls out Lightman as the progenitor of what would become Remote Participation theory. And, if you ask me, I'm starting to think that Remote Participation is an important part of the Ingress Investigation's past, present and future. More on this soon...

前へ

ダルサナプライム:戦績基準の研究

次へ

リモート・ビューイング