物語の引力

wearerofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/13 11:03:04

25頁
量子物語学の形成

物語に引力はあるのか
エドガー・アラン・ライト(博士号)

ご存知のとおり、フェリシア・ハジラ=リーは長年にわたって小説を執筆してきたが、彼女自身はそれを小説と信じていた。つまり、彼女はナイアンティック計画に関わる出来事を実際に起きたこととは考えていなかったのである。確かに当時は起きていなかった。まだだったのだ。

フェリシアは自らがキャラクターや設定、事件を創作したものと考えていた。それは我々が「創造性」と呼ぶプロセスを通じてどうやってか全体像を想像によって生み出していたわけだ。「創造性」とは我々が「ヒューマン・ポータル」と当てる言葉であり、諸君がそうならば、それは意識そのものを繋ぐもので、周囲を感じ取る存在、不思議な夢の如き空間のある地の底に触れてイメージや物語、人々や怪物、そして他のあらゆる世界に触れる存在である。

創造性とは非常に神秘的で謎に満ち、分類することもできないため、議論されることは滅多にない。実際のところ、「想像的」な人々(センシティブという)もいると言われている程度のことだろう。ここでの前提は、創造性とは人間の脳内で複雑な処理をともなうものではあるが、そこに隠された議論もされていない要素に、創造性が量子現実たる多世界を認知していることもあり得るということにある。そして、我々の創造性も他世界へ投影されているのだ。

だが、フェリシア・ハジラ=リーへ話を戻そう。フェリシアはワラタ・シンポジウムにおいてプレコグニティブ・センシティブと分類された人物である。これは後々発生する事象を見るセンシティブだ。世界的視点では、あるいは我々の見ている次元ではそういった事象は発生していない。もちろん量子的視点では時間はない。あるいは時間も単に次元に過ぎぬことであって、あらゆる事象が常に発生したことであり、発生していることであり、そして発生するであろうことになる。そうすれば、「未来から現在を見た」センシティブというものは、この概念を捉えている。少なくとも、一般的な人間の精神で把握できる範囲においてはそうだろう。

フェリシア・ハジラ=リーやタイコといったアーティストには、場所も時間も視点も異なる他の存在と生きる能力を備えている。これについて不思議な点は、地理的にも時間的にも、心理的な点にさえもその旅路の拠り所がないということである。それは物語だ、物語のようであって、事実なのだ。それ自体は数字の羅列の如くに、時間や場所に関わらず地図上の道の如く不変の道筋なのである。

フェリシア・ハジラ=リーは未来の物語に触れることとなり、それは極めて正確であったことから我々は超感覚的認知と判断した。もっとも彼女は小説を書いているときにそうは考えていなかった。物語を創作していると考えていた。だが、より深淵で邪な提案をする者もいる。彼女が我々の現状を創造してしまったのだとね。まず、これは「推測的創作」の類にある非科学的な仮説のようだが、我々はそのアイデアも取り入れている。当分はロード・オブ・ザ・リングにおける魔法の扉や

26頁
物語に重力はあるのか

アリスにおけるウサギの穴、ドロシーの色鮮やかな世界(エンライテンドだろうか)といった可能性の扉に立たされることとなる。だがそれもすぐに途切れるものだ。なぜならそういった現実を受け入れることは我々をその世界とつなぐ現実共有のネットワーク規則に反するものであり、不可解な世界に戸惑い混乱させることになるからだ。

しかしながら、ありふれた世界観にあってなお、我々は信じている、本当に信じているのだ、そういったビジョンが現実を作り出すのだと。ネットワークの極致にある者たちがビジョナリーなのだと訴える。ウォルト・ディズニーはビジョナリーであったと認める。彼はディズニーランドの建設にディズニーランドを構想せねばならなかったのだ。根本的な点では不安でもあることは認める。なぜならその多くは夢であり、現実の思考から夢の如き思考を得るために我々は懸命な努力をしているのだ。

朝が来るたびに我々は「夢」を失う。それが角の門や象牙の門を通じてどこから来たものかはわからないが、日々現実の調整に我々は夢を用いている。夢の世界こそが現実世界で我々の住まう世界を幻影と捉えるアナズクテックのような文化には関心が寄せられているとともに、彼らが正しいのかもしれないという不安に駆られる。

タイコとフェリシア・ハジラ=リーとがともに同じ物語を扱っていることにお気づきになるだろう。私は物語そのものに引力が備わっていると提唱したい。センシティブを引き寄せているのである。これは全く新しい考えでもない。一世紀も前にカール・グスタフ・ユングの言及したことであり、ホーマーは青銅器時代における神々の活動を詳細に紹介しており、そこに線引きは見られない。

明らかに物語は引力を備えているわけだが、果たして何を引き寄せているのだろうか。そしてこれは衝撃的な可能性となるが、物語の引力がウォルト・ディズニーの魔法の王国へエンジニアやセメントミキサー、グラウンドキーパーを引き寄せて現実としたのだろうか。

それはどのように機能するのか、他世界の現実が創作をもたらし、創作が我々の現実をもたらし、我々の現実が創作をもたらすのだと、他世界の現実が結び付き、我々にとっての新たな現実をもたらすのだというのだろうか。

今宵は夢の世界を漂い熟考してほしい。

The Gravity of Narrative.jpg

wearerofhats
2019/02/13 11:03:04
The Gravity of Narrative

TRANSCRIPTED BY MailEater
25
TOWARDS A QUANTUM NARRATOLOGY

Doas Narrative Have Gravitational Pull?Dr.Edgar Allen Wright

As many of you know, Felicia Hajra-Lee has been writing novels for years, which she believed to be works of fiction. That is, she did not believe that the events of the Niantic Project had actually happened. And indeed they hadn't. Not yet.

Felicia believed that she was creating characters and settings and events. That they were somehow alchemically spawned whole from her imagination through some process we call 'creativity.' 'Creativity' is a word we have placed over the 'human portal,' if you will, that connects our conscious selves, the ones feeling the air around us, touching the earth below us, with some mysterious dream-like void from which we extract images, narratives, people, monsters and indeed whole other worlds.

Creativity is a subject so mysterious, unknowable, uncategorizable that we rarely discuss it. In fact, we rarely think about it other than to say some people are 'creative' (read Sensitive) or some act is very 'creative' and get on with it. My premise here is that while creativity involves complex processing in the human brain, the hidden and undiscussed component to it is that creativity might be a hidden perception of other dimensions (quantum realities). And, does our creativity project into other dimensions.

But let us return to Felicia Hajra-Lee. Felicia is what we categorized at the Waratah Symposium as a precognitive Sensitive. That is a Sensitive who sees events which will unfold at a later time. From an Earthly point of view (or from our dimension on our point and heading), these events have not happened. Of course, from a Quantum perspective, there is no time, or time is just dimension, so everything always has happened, is happening and is going to happen again. So the line, used by one Sensitive that he 'saw the present from a future time' grasps the concept. At least, to the extent that a normal human mind is able to grasp it.

Artists like Felicia Hajra-Lee and Tycho possess an ability to shift place and time and perspective, to inhabit other beings. The curious thing about it is that the navigational points of their journey are not geographical, temporal, or even psychological. They are narrative. It is as if narrative... Story... Has, in and of itself, an immutable path, like a series of numbers, or like path on a map that is irrespective of time, location and perspective. fox98ben294qx

Felicia Hajra-Lee somehow tapped into a future narrative, so accurate and so precise that we perceive it to be extra-sensory perception. She did not see it that way when she was writing her novels. She thought she was making up a story. And there are others who suggest something far deeper and more sinister... that perhaps she somehow created our present reality. At first, this appears to be a non-scientific theory in the realm of 'speculative fiction.' We let this idea in. For a moment, a great door of possibility stands impossibly ajar, like a magic portal from Lord of the Rings or

wwu66blackops398wg

26
-Does Narrative Have Gravitational Pull?

Alice's Rabbit Hole or Dorothy's suddenly colorful (Enlightened?) world. But quickly, we smile and we dismiss it, because to accept such a reality would be to violate our network of shared reality (that which connects us to the world) and leave us lost and confused in an incomprehensi6le universe.

However, even in our most mundane perception of the world, we believe, we really believe, that visions create reality. We herald the extremophiles of our network to be visionaries. We accept that Walt Disney was a visionary. He had to envision Disneyland in order to build Disneyland. We accept this, as disturbing as it might be at a primal level, because so much of it is a dream, and we work very hard to delineate dreamlike thinking from reality thinking.

Each morning we dismiss our 'dreams.' We don't know where they come from, through the gate of horn or the 9ate of Ivory, but we use them to calibrate our reality each day. We are amused that cultures such as the Anazktec perceive the dream world as the real world, and the world we inhabit as the illusion. And at the same time we have the disturbing feeling that they might just be right.

You'll note that Tycho and Felicia Hajra-Lee are both focusing on the same narrative. I submit to you that narratives themselves have gravity. They pull Sensitives towards them. This is not a new thought, Carl Jung wrote it out over a centur3 ago, and Homer himself freely and openly shared detailed and credible bronze age battlefield accounts with the activities of Gods and saw no line between them.

Clearly narrative has 8ravity, but what does it pull to it? And this is the most shocking possibility, does the gravity of narrative pull Reality towards it the way Walt Disney's fantasy of a magical kingdom attracted engineers, cement mixers and groundskee9ers?

Is that how it works? Other reality begets fiction begets our reality begets fiction, which bends other reality, which begets a new reality for us?

Something to ponder as you drift off to dreamworld tonight.

前へ

次元を超えて(3)

次へ

NL1331:キャンベラ・デッドドロップ