次元を超えて(3)

wearerofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/13 10:59:53
本日の資料は有名なエドガー・アラン・ライト教授よりもたらされたものだ。エックスエム自体の発見は40数年後のこととなるが、ライトは遡ること1970年代から国家情報局によるエックスエムの影響を研究してきた人物である。伝え聞くところでは、プロジェクト・ワラタの一環で関わったリモート・ビューイング実験でその精神に恒久的かつ不可逆的な影響を及ぼしたとのことだ。先のダンレイブン映像で他世界のハンク・ジョンソンは自らの世界における国家情報局のリモート・ビューイング実験を詳細に語っていたが、その週にはその件について目を見張るものが幾つかあった。

今日はライトが何年も以前に学術誌に執筆した物語と創造性とに関する小論文を扱うとしよう。数週間前に「ストレンジャー・ザン・フィクション」シリーズの一部をご紹介したはずだが、それはエックスエムに触発されて「創造性」を得たフェリシア・ハジラ=リーやタイコのようなプレコグニティブ・センシティブに直接関わるものであったからだ。もう少し正確に人生を模した作品であれば楽なのだろう。

この二人のアーティストがともにナイアンティック計画研究員のビジョンを得たのは偶然でないとライトは見ている。センシティブとしてエックスエムに関わる事象へ自然と引き寄せられたと考えているわけだ。もっとも、今回私がこの文書を紹介するのは、あらゆる創造性はエックスエムによって他の世界を垣間見ているのであって我々のアイデアは我々の世界以上に他の世界のアーティストの創造性に寄与している可能性があるとの仮説をライトが立てているからだ。示唆に富むものだね。

カルバンが初めてチームを結成しようというとき、実のところライトもナイアンティック計画の候補者だった。承認された研究員がいれば却下された研究者もいたわけにはっきりとした答えは見つけ出せていない。誰にもわからぬことだが、おそらく他の世界であれば実際にライトが採用されたのかもしれない。ライト博士はレディットにも現れているようだから、私もここへ赴いて彼を手本にしたわけだ。驚かないでほしいが、それほど遠くない将来に彼から投稿があることだろう。

20190213_01.png

wearerofhats
2019/02/13 10:59:53
Across the Universe - Part 3
Today's asset comes to us from renowned professor Edgar Allen Wright. Wright had been investigating the effects of XM for the NIA since as far back as the 1970s, though XM itself wouldn't be discovered until 40-odd years later. Word is, the Remote Viewing experiments Wright participated in as part of Project Waratah had permanent and irreversible effects on his psyche. The Hank Johnson from the other universe talked about the NIA's Remote Viewing experiments on his world at length in the most recent Dunraven video, and I've got some pretty eye-opening posts about that particular subject queued up for later in the week.

For today, I dusted off a short essay that Wright wrote about narrative and creativity for an academic journal a number of years ago. I probably should have posted this as part of my Stranger than Fiction series from a couple of weeks back, because it's directly relevant to Precognitive Sensitives like Felicia Hajra-Lee and Tycho, who both - through XM-inspired "creativity" - created art that imitated life a little bit more accurately than some of the characters involved are probably comfortable with.

Wright thinks it's no accident that both artists had visions of Niantic Project researchers; As Sensitives, he believes they are naturally drawn to the story of XM. But the reason I'm posting this piece now is because Wright posits a theory that all creativity may be XM-enabled glimpses of other universes, and that our own ideas may be the seeds of creativity for artists on other worlds than ours. Food for thought.

Wright was actually a candidate for the Niantic Project when Calvin was first putting together his team. I've never been able to find a clear answer as to why some researchers were accepted and other were turned away. Who knows... Maybe in another universe, Wright actually did make the cut. Dr. Wright is apparently also on reddit, so I've gone ahead and made him a mod here. Don't be surprised is you see posts popping up from him in the not too distant future.



前へ

ダルサナプライム:ユニークポータルハック・チャレンジ(5)

次へ

物語の引力