エイダ(2)

wearofhats.pngウェアオブハッツ
2019/02/08 05:18:04
これからご紹介する文書には特段目新しい事柄はないが、私が初めてナイアンティック計画へ関わった歴史的な転機を残すものとしては興味深いものだ。あの頃の私が今の知識を知り得ていたら、果たして就任に応じていたかはわからない。だが、仮に就任していなければ、エイダがどうなっていったかを誰が把握したものだろうか。最良の人生を歩んできたわけではないが、奇妙なことにこここそが私のあるべき場であると感じている。運命なんてものを信じているのかはわからないし、エックスエムに隷属しているなんて考えを強く抱いているわけでもない。外来の知性が気まぐれに投じたものも時として力となる。だが、何者かによるこのような陰謀は白日の下に晒さなければならない。私でなければ、誰がそれを為すというのだろうか。

20190208_02.png

wearofhats
2019/02/08 05:18:04
ADA - Part 2
There's nothing real groundbreaking in the transcript I'm about to share with you, but it's interesting as a historical snapshot of the moment I first came onboard the Niantic Project. If I knew then what I know now, I'm not sure I would have taken the job. But if I hadn't, who knows what ADA might have become? And as much as I'm not exactly living my best life at the moment, I weirdly feel like this is exactly where I'm supposed to be. I don't know if I believe in fate... And I'm honestly not too keen on the idea that I'm just a slave to the XM, a thrall to the whims of whatever exogenous intelligence is in power at this particular moment. But someone needs to bring the truth of this conspiracy to light. If not me, then who?

前へ

シャポーにレディット活動の兆候

次へ

断り切れなかった申し出