小説よりも奇なり(3)

エドガー・アラン・ライトの指摘で2019年02月07日に発覚した投稿のひとつ。

wearerofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/03 08:48:54
最近になって、何年も前からナイアンティック計画の研究員を題材に執筆を続けてきたフェリシア・ハジラ=リーという名の作家を耳にした。少なくとも彼女自身はそれを小説と考えてきたわけだが、目下の課題はが次に開示する文書にある。その小説で彼女はハンク・ジョンソンというキャラクターが2019年01月01日にリカージョンという現象を経験すると記している。あのリカージョンだというのか?彼女はハンクの生涯を見事に書き記しており、それはハンクがその内容を知る前からのことだ。エックスエムを介して生涯を再現した作品は他にもあるのだろう。とにかく探さざるを得ないね。

トゥルースシーカー諸君へ問うが、こういったアーティストはどのようにして選定されているのだろうか、あるいはシェイパーとはセンシティブ・アーティストの秘密にする智の女神なのだろうか。

20190203_05.png

wearerofhats
2019/02/03 08:48:54
Stranger Than Fiction - Part 3
Recently I've gotten wind of a prolific novelist named Felicia Hajra-Lee, who has apparently been writing fiction about the Niantic Project researchers for years. Or, at least, she thought it was fiction. Case in point, my next post: an excerpt from a novel she wrote about a character called Hank Johnson who underwent something called a Recursion on New Year's Day 2019. Sound familiar? She described events in Hank's life down to a T, and she did it well before even he was aware of them. I believe there are other examples of this, of art imitating life through XM. We just have to find them.

Question for all you truthseekers out there: How do you think these artists are being chosen? Or are the Shapers the secret muse of every Sensitive Artist?

前へ

ハウクラフトの失われた作品

次へ

オールド・ラング・サイン