ダンレイブン・プロジェクトとは何か

エドガー・アラン・ライトの指摘で2019年02月07日に発覚した投稿のひとつ。

wearofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/02 11:54:02

トゥルースシーカー諸君、私はこの数ヶ月間ダンレイブンというウサギの穴をひたすら掘り下げてきた。今までにわかっていることをお伝えしよう。

このプロジェクトはダンレイブン財団という組織によって運営されている。いくらか調べてみたのだが、金の流れを追跡できた限りにおいて、いくつかのペーパーカンパニーからの資金提供を受けていたようだ。少なくとも今の所、そこで足取りは途絶えている。

ダンレイブン・プロジェクト自体はある種の調査研究らしく、そのため財団は南カリフォルニアの大学から候補者を募集していた。このプロジェクトは、現在の候補者であるウェンディという女性との週一回のセッションで構成されている。ウェンディはワトキンス教授により研究へ紹介されたが、教授はその後行方不明となっている。そして調査を開始してから、ウェンディは時おり数週間、記憶の欠落を経験し始めた。今の所理由は不明だが、財団はウェンディのセッション映像をインターネット上に投稿している。

これが我々の行っている調査すべてに関係がある理由は、研究を実施していた、姿を見せておらず特定すらできていない女性がナイアンティック計画に精通しており、またその後の隠蔽も行われているからだ。つまり、どうやらダンレイブン財団は自身をヒューロン、ヴィシュラ、IQテックと並びXM研究の最前線にいると位置づけているようだね。しかし私がダンレイブンを他の誰よりも恐れているのは、誰がその背後にいるのか、もしくは彼らの最終目的が何なのかわからないからだ。

私は最初の映像の中で、国家情報局は航海を終えた船の名前をプロジェクトに命名する傾向があると述べたね。例えば、ナイアンティック計画はサンフランシスコで旅を終えた捕鯨船から名が取られている。

ダンレイブン・プロジェクトが沈没船にちなんで命名されていることは注目に値するだろう。HMSダンレイブンは第一次世界大戦においてドイツのUボートによって沈められたイギリス海軍のQボートだ。

だが、私はこの船名を引っ掛けだと思っている。傍受情報は国家情報局が他の人々と同じようにダンレイブンを知らないことを示唆している。だが、ダンレイブンの候補者がオブザベーション・チェンバーで見せられた国家情報局の内部映像の数々から判断すれば、少なくとも一人がナイアンティック計画と何らかの関わりがあるのだろう。そうじゃなきゃ驚くしかないね。

質問は次のとおりだ。誰がダンレイブンを運営しているのか、彼らの最終目標とは?ワトキンスとは誰なのか、また彼女に何が起きたのか?なぜダンレイブンはウェンディを選んだのか、また彼女に何を望んでいるのか?ウェンディの記憶の欠落はどういう意味を持っているのか、そしてダンレイブンがその原因なのか? いつものように、答えよりも謎が増える一方だね。

reddit_what-is-the-dunraven-project.png

wearerofhats
2019/02/02 11:54:02
What is the Dunraven Project?

Truthseekers, I've spent the past months going deeper and deeper down the rabbit hole that is Dunraven. Here's what we know so far:

The project is run by an organization called the Dunraven Foundation. I've done some digging, and - to the extent I've been able to track the money at all - it seems it all came through several shell corporations. Dead-end there, at least for now.

The Dunraven Project itself appears to be some manner of research study, for which the foundation recruited potential candidates from Southern California universities. The project consists of weekly sessions with their current candidate, a girl named Wendy, who I've now had the pleasure of meeting. Wendy was recruited into the study by a Professor Watkins, who has since gone missing. And, since beginning the study, Wendy has started experiencing total blackouts, sometimes for weeks at a time. For reasons currently unknown, the foundation has been posting videos of Wendy's sessions online.

The reason this is all pertinent to our ongoing investigation is that the as-yet-unseen and unidentified female who has been administering the study is well versed in the Niantic Project, and the subsequent coverup. So this Dunraven Foundation seems to be positioning itself to be at the forefront of XM research, up there with Hulong, Visur and IQTech. But the reason I'm more scared of Dunraven than any of the others is, I have no idea who's behind it, or what their end goal is.

In one of my first videos, I mentioned that the NIA tends to name their projects after sailing ships. Case in point, the Niantic Project took its name from a whaling vessel that ended its journey in San Francisco.

So it's probably worth noting here that the Dunraven Project is also named after a sunken ship: The HMS Dunraven was a Q-ship of the Royal Navy that was sunk during World War I by a German U-boat.

But I think the ship name here is a red herring. Intelligence chatter suggests that the NIA is as clueless about Dunraven as the rest of us. But judging from the number of internal NIA videos that the Dunraven candidates have been shown in the Observation Chamber, I'd be shocked if at least one of the people pulling the strings didn't have some ties to the Niantic Project.

The questions are these: Who runs Dunraven, and what is their ultimate goal? Who is Watkins, and what happened to her? Why did Dunraven choose Wendy, and what do they want with her? What do her blackouts mean, and is Dunraven to blame? As usual, we've got more questions than we do answers.

前へ

ジャービスの生存

次へ

ダンレイブンの再考