ハンクの生と死(4)

エドガー・アラン・ライトの指摘で2019年02月07日に発覚した投稿のひとつ。

wearofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/02 11:15:40

何年もの間古代のパワースポットについてハンク・ジョンソンが探求してきた中で、13マグナスと呼ばれる古代秘密結社の存在は度々彼の前に浮上してきた。伝えられている事を信じるのであれば、13マグナスは古代エジプトのオシリス・カルトにまで遡る。その理論は次のようなものだ。伝説によるオシリスの復活は、リカージョンと呼ばれるXM由来の生と再生のプロセスによって実際に起きていた。これが真実であれば、オシリスの復活は古代エジプトで死者の復活を信じた埋葬手順の起源を表すこととなる。
古代の文書に秘められていたのは、リカージョン・アーティファクトと呼ばれる21片のプライム・オブジェクトの存在を示す手がかりであった。そのアーティファクトは古代エジプトのコインのようにしか見えないものであったが、アレキサンダー大王はそれがリカージョンによる不死の達成に不可欠なものであると考えるに至った。マケドニアのアレキサンダーがそれを手に入れるため、アジアを股にかけ血みどろの闘いを繰り広げたのは、それを確信していたということだ。だがそれがアレキサンダーにとって真の目的だったのなら、歴史は彼が失敗したことを示している。彼は32歳の若さにしてバビロンで死んだ。不死は彼の手に余ったのだ。
ハンクはこういった断片をつなぎ合わせたことで、アレキサンダーが失敗した事が自分にはできると考えた。私にはどうも100パーセントの確信はないが、ハンクはどのようにしてかアレキサンダーがかつて所有した地図を手に入れていた。そしてこの時、ハンクは自分の旅が一巡りして来ることに気づいたのだ。アレキサンダーが目指した場所は、ハンクとアズマティが2015年に訪れたのと同じ、アフガニスタンのアノマラスゾーンだったのである。ハンクは自身が3年前に消息を絶ったその文明の発祥地へと再び旅立った。
だがハンクは、自分が遭遇するであろうものなど知る由もなかった。ここでそのすべてを明かすことはしないでおこう。彼が見たものは次に投稿する動画で、諸君自身の目で確かめていただきたい。

hank04.png

wearerofhats
2019/02/02 11:15:40

The Life and Death of Hank Johnson - Part 4

Over the years, as part of his enquiry into ancient Power Spots, Hank Johnson had come across repeated references to an ancient secret society called 13MAGNUS. If legends were to be believed, 13MAGNUS dated all the way back to the Cult of Osiris in Ancient Egypt. The theory goes something like this: the resurrection in the Osiris myth actually happened, via an XM-fueled process of life and rebirth called Recursion. If this is true, then the Osiris resurrection would represent the origin of the Ancient Egyptian process of embalming the dead so that they might one day live again.
Buried in ancient texts were clues to the existence of 21 Prime Objects called Recursion Artifacts. These artifacts looked like naught but Ancient Egyptian coins, but Alexander the Great came to believe that they were integral to attaining immortality via Recursion. So convinced was Alexander of Macedon of this fact that he waged a bloody war across Asia to get his hands on them. But if this was Alexander's true goal, history tells us that he failed; he died in Babylon at the young age of 32, immortality just beyond his grasp.
Once Hank pieced all of this together, he believed he could succeed where Alexander had failed. I'm not actually one hundred percent sure how, but Hank somehow managed to get his hands on a map that once belonged to Alexander himself. And it was at this point that Hank realized his journey was coming full circle: The place that Alexander had been trying to get to was the same Afghan Anomalous Zone that Hank and Azmati visited in 2015. So Hank set out once again for the cradle of civilization to return to the place where he'd disappeared three years earlier.
And Hank was not prepared for what he would find. I'm gonna keep this a spoiler-free post, so you're just going to have to watch the next video to find out.

前へ

アレキサンダー大王のプライム・オブジェクト探索(映像)

次へ

ハンクの発見(映像)