非公開エックスエム調査委員会の聞き取り

エドガー・アラン・ライトの指摘で2019年02月07日に発覚した投稿のひとつ。

wearerofhats.pngウェアラオブハッツ
2019/02/02 10:55:52

XMの存在──それどころか国家情報局全体が──おそらく未だ最高レベルの権限によって厳重な機密とされている。だがそれでも、回答を得られる者は存在する。それはエキゾチックマター研究の脅威と機会について評価を任されている、上院小委員会の誰かだ。いわゆるナイアンティック・カラミティを皮切りに、国家情報局のナラティブ・マネジメント担当であるケンドラ・オーウェンズはその委員会の矢面に立ち、プロジェクトの継続について申し開きをする必要があった。

次に投稿するが、それらの議事録の写しを掘り当てる事ができた。文書は限定閲覧の機密指定にも関わらず、なおもその一部は検閲されていた。つまりこのうさぎの穴がどれ程深く続いているのかがうかがえるというものだ。

hearing.png

wearerofhats
2019/02/02 10:55:52

The existence of XM - and even of the National Intelligence Authority as whole - may still be a closely guarded secret at the highest levels of power. But even they are answerable to someone. That someone is a secret senate subcommittee tasked with evaluating the threats and opportunities of Exotic Matter research. Well, in the wake of the so-called Niantic Calamity, the NIA's Narrative Management Specialist Kendra Owens had to go before that committee and justify the continued existence of the project.
I was able to dig up a transcript of those proceedings, posting that next. The document was eyes-only clearance, and EVEN STILL portions of it were redacted. So that ought to give you a sense of just how deep this rabbit hole goes.

前へ

エウレカ!

次へ

ナラティブ・マネージメント