ダンレイブン財団:ケーススタディ・セッション009


2018/12/17 15:08
被験者ウェンディは自身がテキサス州オースティンにいたことを知りました。今現在進められているエキゾチックマター曝露の影響を調査する30セッションの第9回目となります。


2018/12/18 12:56:43
チェンジ・パースペクティブ・トゥルース・ライブ・オール

プロジェクト・ダンレイブン:ケーススタディ・セッション009
プロジェクト・ダンレイブン・ケーススタディ 009

目を閉じて横たわるウェンディが映し出される。
20181117_01.jpg

機械音声:ウェンディ?...ウェンディ?
ウェンディ:なんなの...く...薬なの?まだ私に薬を?

呼び掛けに目を開くもののウェンディは辛そうに顔をしかめる。起き上がるウェンディの背景から、そこがダンレイブン財団のオブザベーション・チェンバーであることがわかる。
20181217_02.png


機械音声:チラシには製薬会社でもなければ調査に侵襲的手法が用いられていないことも書かれています。お聞きしたいのはオースティンのことです。
ウェンディ:ええ、オースティンという人とデートしたけど、どうしてオースティンのことを聞くの?
機械音声:テキサス州オースティンについて。
ウェンディ:ああ、なるほどそのとおりね...私はないけど。
機械音声:こう言われるのですか?オースティンへ行った記憶がないと。
ウェンディ:オースティンなんて行ったこともないと言ったの。
機械音声:こちらの映像ではそうでないことを示しています。あなたはそこで何百もの人々と言葉を交わしています。

モニターにオースティンの共和国広場を歩くウェンディの姿が映し出される。
20181217_03.png


ウェンディ:いいえ、私は...それがオースティンなの?

ウェンディは椅子から立ち上がり、ゆっくりと自分の姿が映し出されたモニターへと歩み寄る。
20181217_04.png


機械音声:記憶にある最後の出来事は何でしょうか?
ウェンディ:緑色のモーションキャプチャみたいなもの、だったはず...私は行ってないわ...そうでしょ?
機械音声:ウェンディ、それは4週間前のことです。
ウェンディ:最後の記憶は...ここにいたわ。あなたが...あなたが閉じ込めたのよ、この部屋に。そして...そしてここに何日もいてお腹が減ってる...
機械音声:ウェンディ、それはあなたの安全のため、そしてわたし自身の安全のためでしたが、ただちに退去するよう言わねばなりませんね。
ウェンディ:出て行けですって?まってよ、私は宇宙人にさらわれただけなのかしら、それとも...
機械音声:今すぐ退去しなさい。
ウェンディ:まってよ!いや、私は部屋を出ていかない!私は...

ウェンディは声を荒げるも部屋の扉の方へ振り返る。
20181217_05.png


次の場面では建物から出ていく様子が映し出される。ロータリーでしばらく棒立ちとなるウェンディだが、ゆっくり襟元と右耳に手をやると、一瞬ノイズ音が入る。遠目のため定かではないが、携帯通話端末をセットしたとわかる。
20181217_06.png


ウェンディ:ダンレイブンは実に出任せね...いいえ...フェイズ2は既に開始されているわ。

ダンレイブン・ケーススタディ・セッション 009
被験者が情報漏洩
訳注
今回のセッションは再びダンレイブンのオブザベーション・チェンバーに横たわるウェンディから始まる。セッション008でハンクに指示されたとおりに調査協力に戻ったとみることもできるが、ウェンディは記憶がないと主張するなど機械音声とのやりとりは不可解なものだ。彼女が本当に記憶を失ったのか、それともハンクとの関係を誤魔化そうとしているのかは伺えない。だが、部屋を後にした直後にウェンディの行った通話から、彼女が何れかの勢力へ積極的に関与し始めたことは確かなようだ。

Ingerss
2018/12/17 11:02 Dead Link
2018/12/17 15:08
Candidate "Wendy" discovers she was present in Austin, TX. Part 9 of 30 ongoing sessions, examining the effects of XM on a subject, intermittently cognizant.

Dunraven Foundation
2018/12/18 12:56:43
Change Perspective Truth Lie All

前へ

時代を跨ぐ暗号解読

次へ

アニメ・ノベライズ星海社から発売