機密情報:ローランド・ジャービスの検死報告書

ローランド・ジャービスの検死報告書
私のもとへこのようなものが届いたが、到底事実とは受け入れがたいものだったよ。確認したところ、いずれの手掛かりもそれが真実と裏づけるものだったがね。この文書によれば、ローランド・ジャービスはチューリッヒで間違いなく死んだのだ。
内容

検察局検察室
検死報告書

事件番号:未登録
死亡者:ローランド・ジャービス

死亡種別(いずれかを選択):
□ 暴行死 □ 自殺死 □ 突然死
□ 焼死 ■ 不審死 □ 遺体発見

さて、どこから始めようか。先ず確かなことから挙げるとすれば、ローランド・ジャービスの遺体は先例報告のない一過性の状態にある。

ローランド・ジャービスの遺体は2週間以上にわたり臨床的には死亡しているが、その組織に腐敗の兆候は見られていない。遺体に硬直もなく、体液の就下もない。柔軟性を保ったままで、瞳孔にも澱みはない。

この報告書右側には人間の正面像および背面像のイラストがあり、正面像の右肋骨下部を指して「切開」との手書きがある。

肝臓の一部を切除し様々な方法で損壊させよとの指示を受けたが、炎にも乳化剤にも腐食性物質にも効果は見られなかったし、臓器や四肢を切除することはできても細胞組織を損傷させることはできなかった。

更に厄介なことに、しばらく経つとそれも完全に復元してしまった。

それにかかる時間が何秒か何分かはわからない。時折作業を開始していたのか、あるいは心の中で剖検したに過ぎなかったのか疑問に感じることもあった。このようなことには説明のしようがない。

幾度にもわたって遺体が剖検前の状態へ復元される瞬間を記録しようとしたが、直接観察することも記録装置に収めることもできなかった。

あたかもそれは遺体に「変更を加える」という私の行為がなかったかのようにだ、おそらくはそうなのだろう。

上司の指示でこの遺体に関する記録も文書も XXXXXXXXXX と扱われることとなる。

その遺体は XXXXXXXXXX のロゴの入った車両で施設から運び出されていった。

(署名)
副検察官

白色:保管
黄色:調査
ピンク:毒性

訳注
この文書は2012年12月に明らかとなったジャービスの検死報告書に極めて酷似している。

Autopsy.jpg

Roland Jarvis is dead
This came my way earlier, but I couldn't trust it was real -- I've now had it verified, and every lead I've chased down has verified its authenticity... According to this document, Roland Jarvis was most definitely dead after what happened in Zurich...

DEPARTMENT OF THE CHIEF MEDICAL EXAMINER-CORONER'S OFFICE
AUTOPSY REPORT

Case No. HOT FILED
Decedent: ROLAND JARVIS

TYPE OF DEATH (check one):
□ Violent □ Suicide □ Casualty □ Sudden when in apparent health
□ Cremation ■ Suspicious, unusual, or unnatural □ Found dead

Well... where to begin? I guess I'll start by pointing out the obvious: the body of Roland Jarvis is in a transitory form that has never been described before.

The tissue shows no signs of decay, although Jarvis has been clinically dead for over two weeks now. No rigor, no pooling of body fluids. The flesh remain pliable. Pupils reanain clear.

INCISION

I was instructed to remove part of the liver and attempt to destroy it using numerous methods. Fire, emulsion and caustic materials had no effect. While I could separate various organs and limb of the decedent with vivisection, I could not affect the tissue once I did so.

Even more disturbing was that a few moments later, the body would once again be fully whole.

I do not know the length of time this took. Seconds? Minutes? At times I questioned if I had even begun my work, or if the

autopsy had only transpired in ay mind. I have no explanation for any of this.

I tried numerous times to record the moment when the corpse would return to its pre-autopsy state, but I wasnever able to a capture it through either direct observation or using a recording device

It was as if my actions at "Modifying" the corpse had never happened. Perhaps they didn't.

At the request of my superiors all recordings and documentation of this postmortem have been handed under seal to

XXXXXXXXXX

The corpse was transported from the facility in a vehicle marked XXXXXXXXXX

<signature>
ASSOCIATE MEDICAL EXAMINER

WHITE-FILE YELLOW-INVESTIGATIONS PINK-TOXICOLOGY

前へ

機密情報:ケーススタディ・セッション004

次へ

機密情報:クロスプレインズ